山で会いましょう

アクセスカウンタ

zoom RSS NO.2 燕山荘で年越し

<<   作成日時 : 2017/01/03 10:26   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 6

2016.12/31(土)

登山口7:00 燕山荘11:20 燕山荘12:35 頂上13:00 燕山荘13:30 

速報はこちら
NO.1はこちら

部屋は寒く無なかったけれど、やはり眠れず。
2016年最後の一日が始まりました。

画像
本館に移動して6時過ぎからの朝食
5:00から朝食だった登山者は出発していく人もいました。





タイツ、冬用パンツ、オーバーパンツ、スパッツ、上はアンダーシャツ、ハイネック、シャツで登り始めます。
荷物が多くてテント用の60Lザックです。





画像
6:55分登山口出発
Sさんご夫婦はまだ準備中だったので、先に出発します。
そして燕山荘のツアーの前に出発します。
アイゼンは付けずに登ります。





画像
見えるは有明山かな?





画像
冬の装い
綺麗。





画像
日が当たって赤茶色
そしてこちらも綺麗。
トレースもバッチリ、汗をかかない様にゆっくり歩きます。





画像
7:35 第一ベンチ
数人が休憩していました。





画像
第二ベンチ





画像
大天井方面が見えました。
昨日の宿泊者とすれ違うようになります。





画像
富士見ベンチ
富士山も薄っすら見えました。
まだつぼ足で大丈夫みたいですが、皆さんアイゼンを付けています。
合戦小屋から上の風の様子がわからないので、念の為に私も12本アイゼンを付けました。





画像
9:50-10:00 合戦小屋で衣類の調整と行動食を食べて休憩。
ピッケルを手に持ちます。





画像
ここからの登り、気合を入れます。
歩くときゅきゅと音が聞こえて、雪の状態は最高に良いです。





画像
ここを登り上げれば三角点
左手側に大天井方面が見えて、足を止めて眺めます。





画像
右手側は餓鬼岳方面





画像
前方に北燕岳方面





画像
今日は条件バッチリ、歩きやすいです。
風も無くて、ちょっと暑い位で時折吹く風がクールダウンしてくれます。





画像
気持ちの良い稜線。
荒れれば風の通り道ですが、今日は景色も良くて最高です。





画像
大天井岳のあたり





画像
小屋がだんだん近づいてきました。





画像
槍ヶ岳!!!





画像
そして小屋が見えてきました。





画像
ここから小屋までもうひと頑張り。
条件が良かったのでつぼ足でも大丈夫のようでした。
しかし稜線で強風の場合は踏ん張るのに、アイゼン装着が望ましいかと思われます。





画像
11:15 最後の一登りを終えて腰かける女性。





画像
槍ヶ岳、格好良いですね。





画像
裏銀座





画像
雪が少ないですね。





画像
かまくらがつくってありました。





画像
雪だるまもお出迎え。





画像
山男と燕岳





小屋で受付、一泊二食付で10800円。
冬季は水、お湯は買う事になります。

少し休んで頂上へ行ってきます。





画像
やはり雪は少ないですね。





画像
ここを登って左へ行くと





画像
頂上です。





画像
右奥の双耳峰は鹿島槍





画像
槍ヶ岳への稜線





画像
大天井岳への稜線





画像
有明山も向こうには八ヶ岳。





画像
富士山も見えて、南アルプスも見えました。





画像
少しハイマツも見えています。





画像
イルカ岩





画像
小屋に戻って来ました。





画像
雪壁は風よけです。
5張位だったでしょうか。





画像
カメラマンの渡辺幸雄さんと三度目のバッタリ。
一緒に写真を撮って頂きました。
山雑誌の撮影ですね。





画像
クリスマスから





画像
お正月の小屋のイベント





画像
16:38 そして2016年最後の日の入り。
一年あっと言う間でした。




画像
裏銀座 水晶も見えます。





画像
燕岳も赤くなりました。
陽の光によって景色も変わります。
本当に綺麗でした。





画像
5:00から夕食
チーズインハンバーグが美味しかった。




画像
赤沼オーナーの挨拶。
しゃべりも上手ですね。
今日の様な日は珍しいので、冬山の燕岳に登ったとは言わないで...とおっしゃっていました。
荒れれば厳しい、低体温症にもなりますからね。
山の厳しさ、楽しさなど、ためになる話を聞きました。





画像
テレビは紅白が流れていました。
食事は2回転半、200名位入っているでしょうか。





食事が終わり、小屋のメンバー紹介までの時間は部屋近くのストーブのまわりで山談義。
Sさん、Sさんのレコ仲間、Sさんのお知り合い、8名で盛り上がりました。
いやぁ〜楽しかったです。





画像
夜の8:00から小屋のメンバー紹介が始まりました。
そしてガイドの大蔵さんやカメラマンの渡辺幸雄さんも紹介されました。
今日は特別に食堂は12時まで開放。
私は部屋に戻ってゴロゴロしていました。
明日は宮代ゲートに下山します。NO.3はこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今年の正月は山の方もお天気が安定していたんですね!
殆ど雲のない快晴が続くなんて、とてもラッキーな燕岳でしたね!
<蛙岩>私には”イルカ岩”に見えてしまって!
宮星
2017/01/03 18:07
chiakiさんは冬でもお山なんですね〜!
ってか、こんだけきれいな眺めがあったら行ってみたい気もしますが、この時期は孫やスキーで無理かな (^^ゞ
てなこって、chiakiさんのレポで楽しまさせて頂きます。

それにしても、中房温泉まで歩くのにも関わらずこんなに大勢の人が登ってるのには驚きです!!!
GRI
2017/01/03 21:40
素晴らしい年越し登山でしたね。羨ましいです。
こんなに良い天気に登れるなんてね。
私達は孫達がやってきて賑やかなお正月で・・・
やっと昨日烏帽子岳に行ったのですが展望はなかったわ(残念)
今年もchiakiさんの活躍を楽しみにしてます、私達は前期高齢者なので思うように歩けません、chiakiさんのレポで楽しみたいと思います。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。
はらっぱ
2017/01/04 11:41
宮星 様

今年は天候に恵まれて、31日は展望も素晴らしかったです。
雪の条件が良くて、登りやすくて良かったです。
ずっと繰り越ししていた甲斐があって、とてもラッキーでした。
蛙ではなくてイルカ岩でした。
教えて下さってありがとうございます。
chiaki
2017/01/04 14:09
GRI 様

山雑誌等の影響もあるのか?、そして今年は天気が良かったせいか年越しは混んでいました。
12キロも舗装道歩きも、今年は条件が良くて、新雪がのっていた所が多くて助かりました。
天気が良かったせいか、又行きたくなりました。
飾りつけでお正月気分も味わえたし、燕山荘のお料理も良かったです。
chiaki
2017/01/04 14:14
はらっぱ 様

何年も繰り越ししていたのですが、今回はチャンスが巡ってきました。
31日は天気が良くて、眺めも最高でした。
知り合いにも会えたし、賑やかで楽しい年越しでした。

はらっぱさんの詳しい文章が好きなのです。
花の写真も一杯ですしね。
花を追っかけ、山で会いましょう。

本年も宜しくお願いいたします。
chiaki
2017/01/04 14:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
NO.2 燕山荘で年越し 山で会いましょう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる