山で会いましょう

アクセスカウンタ

zoom RSS 瑞牆山

<<   作成日時 : 2017/02/12 11:55  

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 6

2017.2/11(土)山梨県北杜市の山

自宅付近6:00 瑞牆山荘駐車場8:00-8:20発 頂上11:15-11:50 富士見平小屋13:15 駐車場13:50 自宅16:15頃

メンバー Fさん Iさん chiaki

254号線でこの間事故があった場所にはまだトラックが1台道路脇に置いてありました。
そして内山峠から佐久市に入ります。
小海町の電光掲示板はマイナス14度、かなり冷え込んでいます。
市場の信号を左折し、川上村に入り、信州峠に入ります。
山梨県側は除雪がされていました。
増富温泉の近くを通り瑞牆山荘に向かいます。
今日は二輪駆動でも条件が良いので登ってきていた車もありましたが、四駆が望ましいです。

画像
駐車場には十数台の車。
瑞牆山荘は冬季閉鎖中。
トイレは使用不可。
車を降りると寒い!寒波の影響ですね。





画像
駐車場から15分位で林道をを突っ切って、登山口になります。





画像
駐車場から25分位で、里宮様が祀ってある場所に到着。





画像
30分位歩くと樹林の間から瑞牆山の姿が見えました。





画像
9:00 水場の文字が見えて山小屋がもうすぐです。





画像
富士見平小屋
トイレは使用可能。
ソロのテントが1張ありました。
休むと寒いのでIさんがトイレから来たらすぐに出発。





画像
まずは小屋からは登り上げます。



そしてしばらくは歩きやすい道、そして天鳥川に一気に下ります。



画像
大きな岩の横を登ります。





画像
木の梯子を登ります。





この先で氷の上に雪がのっていて滑りやすい所がありました。
登りなのでアイゼンは無くても大丈夫でした。
下りは要注意。





画像
その後は凍った所も無くて、つぼ足で大丈夫でした。
Fさんはこの先で休憩した時にアイゼンを装着。
Iさんと私はこのままつぼ足で行きます。





画像
大きな岩の間の登山道。
石楠花の木が両サイドに生えていて、6月初旬頃にはピンク色で綺麗です。
30代の頃に富岡の仲間と良く来ました。





画像
大ヤスリ岩
ここから暫く急登。
頂上まであと30分ちょっとでしょうか。





画像
青い空と木に着いた雪が綺麗だった。





画像
岩の間の登り。





画像
あと10分の文字。





画像
木曜の積雪で20センチ位あります。





画像
11:15 頂上到着。
私達を含めて10人いました。
車の台数から考えると、金峰山に登っている登山者もいるようです。





画像
数年振りかな?。
雪の時に3回目。
紅葉も2回位。
石楠花の頃に3回位。
日本百名山でもあります。





画像
大やすり岩が眼下に見えます。





画像
高い山は雲の中。





画像
金峰山の五丈岩も見えます。





画像
逆光ですが一応証拠写真。

岩陰でお昼の休憩。
他の仲間の話が聞こえてきて、マイナス18度と言っていました。
風が穏やかなので寒さは感じません。
山専ボトルのお湯は熱々。

平らな所があまりないので、途中でアイゼンを付けるのも大変なので、ここでIさんと私も6本アイゼン装着。
さて下りましょう。



画像
15分位下ると富士山の展望台。





画像
この辺は快適な下り。





画像
頂上から約一時間で天鳥川まで下りました。
下りは早いですね。





画像
あとはここから登り上げます。





画像
この辺は快適な歩き。
年輩のグループが13時過ぎに頂上に向かって行きました。
内心ちょっと遅いなぁと思いましたが。
富士見平小屋でテント泊で明日は金峰山だそうです。





画像
テントは9張。
ここをベースに瑞牆山、金峰山を登るのでしょう。





画像
駐車場への近道で戻ります。





画像
13:50 駐車場に戻ってきました。
車は30台に増えていました。
今日の登山者は36人位でした。
久しぶりの瑞牆山、楽しかったです。

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
−18℃でしたか寒かったですね。冬の瑞牆山も何度か行きましたが以前は殆ど人には会いませんでした。今はそんなに大勢の人が冬に登るのですか、トレースがあれば楽で良いですね。
インレッド
2017/02/12 21:00
インレッド 様

3月頃に二度ほど行きましたが、土曜日は寒かったです。
風が無かったので頂上で休憩ができましたが、
高い山は雲がかかっていました。
お隣の金峰山は良く見えました。
そうですね、私が以前3月に行った時も登山者は少なかったです。
土曜日はテントの方も多いのに驚きました。
トレースはバッチリでした。
これからは雪がとけて凍るとイヤな感じですね。
chiaki
2017/02/13 20:27
雪の瑞牆山素敵ですね!
急な岩場などもあるので凍ってなくて良かったですね〜
( v^-゜)♪
mikko
2017/02/14 19:13
mikko 様

木曜日に雪が降ったので丁度良かったです。
一ヶ所凍った上に雪がのっていましたが、後は快適に歩けました。
頂上がマイナス18度、風が無かったのでお昼休憩もできて良かったです。
危ない所もないし雪の瑞牆山はおすすめです。
春先になると融けて凍るので要注意ですが、アイゼンがあれば大丈夫です。
最近は雪山の登山者も多いのには驚きました。
chiaki
2017/02/14 19:28
本格的な冬山にいとも簡単なように(?)登られているのでビックリです!
積雪がラッセルしなくてはいけないほどではなさそうですね?
最近はストック使われる方が多いですね!?
宮星
2017/02/16 00:08
宮星 様

瑞牆山は初心者コースですよ〜。
インレッドさんのおっしゃる通り、昔は瑞牆山は冬は登山者は少なかった気がします。
雪は10センチから20センチ位でしたし、トレースバッチリでした。
車を降りた途端、とても寒くて驚きました。
山雑誌の影響か、ダブルストックの方が多いですね。
私はストックは使いませんが...。

インレッドさんが歩かれる冬山のコースや、タカマタギ、
八ヶ岳、谷川など行きたいのですが、ここ2、3年同行者が
見つからずなかなか行けません。
chiaki
2017/02/16 20:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
瑞牆山 山で会いましょう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる