山で会いましょう

アクセスカウンタ

zoom RSS 上田市の子檀嶺岳

<<   作成日時 : 2017/03/20 09:50   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

2017.3/19(日)長野県上田市青木村の山
子檀嶺岳(こまゆみだけ)

松井田某所待ち合わせ7:00 当郷コース駐車場8:30-8:50  頂上10:55-11:40 村松西洞コース登山口12:50 駐車場1キロ位手前14:15 大法寺14:30-15:05 集合場所17:10 自宅17:45頃
往復163キロ

メンバー Iさん Hさん Gさん chiaki

こまゆみ岳、変わった読み方の山です。
標高は1223.1m。
マイナー低山です。

登りは当郷コース、当郷コースは凍結がひどくてルート変更し、下りは村西大洞コースを使いました。

画像
R143を上田市から青木村方面に進みます。
大法寺の方向へ進みます。
駐車場には4、5台止められます。

この下のバス停の前に休憩小屋があり、トイレもあります。
そのあたりにも道路脇に白線の枠があり、何台か止められます。
帰りに写真は撮ろうと思いパスしたら、下山は凍結がひどくて別コースで下山の為に画像無し。

画像
鹿や猪よけのゲートがあり、開けて進みます。





画像
樹林の間から子檀嶺岳が見えます。





画像
案内看板を見て進みます。
この辺りでは雪は全く想像していませんでした。





画像
木の橋を渡ります。





画像
落葉松林になりました。





画像
歩き出して40分位で強清水の看板有り。
水が流れているのが見えました。





画像
松ぼっくりが落ちています。





画像
凍っていますね。





画像
何日か前に雪が降ったのでしょうか、凍った上に数センチ積もっています。





画像
ベンチがあり、案内板があります。
少し休憩。





画像
子檀嶺岳の鳥居をくぐって登ります。





そしてここから上が凍結、ツルツル。
途中でアイゼン装着。
Iさんは車の中に置いてきてしまったので、私達3人は4本アイゼンを付けて登ります。。





画像
凍結場所が無くなり、北斜面なので雪が深くなってきました。





画像
九十九折に登ります。

頂上まで行ってきたソロの男性が二人、凍っていて危険だと下山して行きました。




画像
ツルツル、この写真は凍結もましな方。

ツルツルに凍っていて、急登でつかむ木も離れていて、慎重に登りました。
4本アイゼンでは滑りやすいです。
もう少し雪がある時か春先か紅葉の頃が良さそうです。





画像
花好きはコイワカガミが咲く頃が良さそうです。





画像
緊張しながら頂上到着。
今日は黄砂なのか花粉なのか?春霞、霞んでいます。
北アルプスがこちらの方に見えるようです。

群馬県の高崎市の親子3人が頂上に休んでいました。
村西大洞コースで登って来たそうです。
そちらのコースは雪は全くなかったそうです。
自転車が当郷コースにデポしてあるようですが、私達の話を聞いて元の道を下山して行きました。


画像
形の良い山は夫神岳。
霞んでいなければ美ヶ原、八ヶ岳が見える方向です。





画像
四阿山のあたり。





画像
祠があり、登山ノートもありました。





景色は霞んでいますが、頂上で50分位お昼の休憩。
そして元来た道(当郷コース)で下ろうと尾根の分岐まで戻りました。
底へ安曇野の若いご夫婦が登ってきました。
奥さんの方が滑って木を掴み止まりました。
お二人は車に遠くなっても、村西大洞コースで下ると言っていました。

I私達が下りはじめ、Iさんが滑って転がり、木をつかんで止まりました。
危ないので頂上まで戻り、私達も村西大洞コースで下り、車道を歩いて戻る事にしました。





画像
案内板で確認して急斜面を下ります。





画像
雪が無いし凍結も無いので安心して下れます。





画像
村松西洞コースのここからの登りの時間が書いてあります。





画像
途中で振り返ると、子檀嶺岳が見えました。





画像
平らな道になってきたのでもうすぐ登山口の気がします。





画像
丸太橋を渡って...。





画像
登山口に到着。
右の強清水の文字がありますが、道があるのか?心配なので車道で車の所まで戻る事にしました。
車の所まで5、6キロあるのでしょうか...。





画像
林道をしばらく歩きます。





画像
オオムラサキやゲンジボタルも見る事ができます。
自然保護に協力しましょう。





画像
15分位で金網になりました。
そして民家が見えてきました。





画像
ご当地マンホール。
アイリスです。
登山靴はソールが硬いので、舗装道歩きはちょっとツライです。





画像
浦野駅跡の前を通ります。





画像
大法寺の方向とは逆に左折、駐車場を目指します。





画像
登ってきた子檀嶺岳を眺めながらの車道歩き。
あと1キロ位の所で地元の女性が運転手だけ乗せて行ってくれると言う。
安曇野の旦那様とIさんが車をとりに行きました。




せっかくだから国宝・三重の塔を見学します。

画像
大法寺の駐車場にあった看板。
トイレあり。





画像
拝観料200円、国宝・見返りの塔を見学します。





画像






画像
三重の塔
桜の頃は綺麗でしょう。





画像
裏側から





画像
笑って笑って笑い飛ばそうの文字が刻まれた道祖神。
笑いは健康の源ですね。

帰りも下道で帰りました。

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ここは一度だけ同じころに登った事があります。山頂へは北側に回り込んで登るため、その辺りは雪がいっぱいありました。帰りにアイゼンを片方だけ落として来てしまい、、また登り返して拾って来ました。独鈷山も良いですね、霊仙寺温泉もなかなか良い温泉でした。
インレッド
2017/03/20 19:44
インレッド 様

北側の登山道は凍っていて危険でした。
南側の登山道は全く雪は無くて、随分違うなぁと思いました。
春霞なのか?景色はもわっとしていました。
イワカガミが咲く頃も良いと思いました。

独鈷山も雪の時に2回位、秋に1回登りました。
chiaki
2017/03/21 18:46
凍った登山道は大の苦手です!
滑るとどうにもならないですよね〜
北斜面と南斜面とでは雪の状態がぜんぜん違うのですね。
春霞なのでしょうか?景色は残念でしたね。
mikko
2017/03/21 19:27
mikko 様

ヤマレコもマイナー低山なので、最新情報は無しで、
ツルツルだったので、皆4本アイゼン、ノーアイゼンの人もいて、下りは危ないので違うコースでくだったんですが、
南斜面の登山道はこんなに違うの?というほどでした。
イワカガミの咲く頃が良さそうです。
もわっとしていて、北アも見えませんでした。
国宝を見学できて良かったです。
青木三山で後は夫神岳、女神岳だそうです。
chiaki
2017/03/21 21:07
こまゆみ岳というのは初めて聞きました!
ciakiさんは本当に次々と新しい山に行かれていて凄いですね。
上田市であれば機会があったら寄ってみたいです。
ツルツル凍結の道は一番緊張しますよね。転んだら痛いですし^^;
また色々な山を教えて下さい♪
pen妻
2017/03/23 22:21
pen妻 様

知り合いが北アルプスとかも見えて、
小粒でもなかなか良い山だったと言っていたので、
いったんですが...春霞で見えませんでした。
北斜面の登山道は凍っていて、下りは危ないと思い南斜面の登山道で下りました。
ツルツルの凍結は怖いですよね〜。
足が完全ではないので、コースタイムの短い軽い山と行きましたが、帰りは車道歩きが加わりました。
1、2月のもっと雪がある時かイワカガミの時や紅葉も良いと思います。
秋はマツタケがでるので、登山禁止の期間もあるようです。
こまゆみ、読み方が難しいですよね。
青木三山の一つで夫神山、女神山も近くにあります。
別所温泉が近いです。
penさん達には軽すぎると思いますけれどね〜。
chiaki
2017/03/24 18:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
上田市の子檀嶺岳 山で会いましょう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる