山で会いましょう

アクセスカウンタ

zoom RSS 残雪の木曽駒ヶ岳

<<   作成日時 : 2017/04/25 21:10   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 12

2017.4/23日(日)晴れ 長野県伊那市の山 日本百名山

自宅3:25 松井田妙義IC4:00 駒ヶ根IC 菅の代バスセンター6:20-7:00のバスロープウェイ  ロープウエイ駅発8:20 中岳 頂上9:55 お昼休憩 RW駅11:55-12:30発 菅の台バスセンター13:15 駒ヶ根IC13:40 松井田妙義IC 自宅16:30頃

高速代3310×2 往復400キロ 駐車代600円

メンバー お気楽1号 東京Oさん ao-haさん chiaki

上信越道から見えた北アルプスは例年並みの積雪量の様。
駒ヶ根ICから菅の台バスセンターを目指します。
東京Oさんのオレンジ号はもう到着していました。
支度をしてバス乗り場の列に並んでいると、ao-haさん到着。

画像
6:50 チケット売り場の列に並んで往復のロープウェイーとバス代の往復3900円、購入。
スキーヤーが意外と多いです。
臨時便がでて7時頃出発。





画像
夏とは違って順調。
始発の7:50分発のロープウェイの中からの景色。
標高が上がると雪面が反射して眩しかったです。





画像
7:59分、4度です。
トイレに寄って登山届を提出。





画像
空の青さと白い雪のコントラストが綺麗。
風がないので暖かいです。
夏シャツの上に冬用シャツ、オーバージャケット装着。
下はアンダータイツとノースフェースの春秋用パンツ、スパッツ。





画像
アイゼンを装着。
ロープウエイの駅から一旦下ります。
赤い人とピンク色の人は体力バッチリ、ついて行けるかな〜?





画像
もう何人か先行している人が見えます。





画像
カールの八丁坂を登って乗越浄土、稜線にでます。
雪はザラメ状態。残雪期の登山シーズンに入りました。





画像
分岐までの最後の登り。
お気楽1号、ピッチが上がりません。
追い越させてもらいました。





画像
一足先に上まで上がって、撮影。
沢山の登山者が登ってきます。





画像
ロープェイの駅が下に見えて、目の前は富士山の白い頭と南アルプスが見えました。





画像
分岐で休憩。
休憩していると汗が引いてきました。





画像
頂上とは反対方面ですが、何人か人がいるのが見えました。





画像
あの先が頂上か?と思ったら違いました。
見えるは中岳です。





画像
この辺りは雪は少ないです。





画像
今日は風も無くて良い日です。





画像
三ノ沢岳です。





画像






画像
スキーを担いだ人もいます。





画像
9:30 中岳頂上





画像
御嶽山が目の前に大きいですね。





画像
甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、北岳
南アルプスの峰々です。





画像






画像






画像
頂上が見えてきました!





画像






画像






画像
お三婆で記念撮影





画像
乗鞍岳から北アルプス





画像
八ヶ岳





画像
左側の丸い山は蓼科山のようです。





画像
頂上でお昼かと思ったら少し戻って休憩との事。
素晴らしい景色を思う存分眺めて少し戻ります。





途中で休憩。
今日は良い日で久しぶりに気分爽快。
晴れている日の雪山は最高です。
しかも南アルプス、北アルプス、も良く見て...。





画像
お気楽1号の怪しい写真。
下って小屋の方へ戻ります。





画像
中岳への登り。





画像
小屋が見えてきました。
小屋のまわりに3張のテント。
満点の星と夕日、日の出、自然を感じられて素晴らしい事でしょう。





画像
急登を下ります。





画像
雪がゆるんでずずずっといくので要注意。
かろうじてステップが残っているので、しっかり踏ん張って下ります。





画像
急登が終わって一安心、下ってくるao-haさん





画像
ロープウェイ駅が見えてきました。
駅に向かって登って行く登山者が見えます。





画像
12:30発のロープウェイ、10分で下って来ました。





画像
バスで菅の台バスセンターに戻ります。





画像
南アルプスの配置図





画像
中央アルプスの配置図





画像
駐車場は広くてトイレもあります。
帰りは駐車場もかなりうまっていました。

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
わぁ〜いいですね〜!!!
私が今一番チャレンジしてみたいのがこの時期の木曽駒なんです。
でも私でも行けるかな?ってちょっと不安があったり。。。
やっぱりピッケルがないとダメですか?
chiakiさんのレポで憧れ度が増しました〜
ほ〜んと! いいな〜 
mikko
2017/04/25 21:56
夏しか行ったことが無いんで、これはまた素晴らしい!
ってか、スキーしたくなっちゃった (^^♪
青空に残雪・・・ どこか探して行こうかな〜 (^。^)
GRI
2017/04/25 23:34
残雪期の雪山、いいなあ!
晴れてれば最高ですもんね。
ベテランの皆さん、さすが山オトコ、山オンナ姿が決まってます(^^)

ピッケル、私も欲しいなあと思っては今シーズンも終了
旦那さんは雪山基本的にやらないので、単独行になっちゃうのです。
やっぱ私は黒檜にさくらと行くのがせいぜい、といったところかしら(笑)
はなはな
2017/04/26 05:06
mikko 様

今年は昨年、一昨年に比べると、残雪が多い気がします。
カールを登って乗越浄土への最後の登りが急でしたが、
特に問題は無かったです。
下りは雪がザクザクで、ちょっと気を使いました。
ストックがあれば大丈夫だと思います。
私はストックを持っていないいんです〜。
今年ならもう少し後なら、カールの残雪も少なくなって、楽に登れる気がします。
RWで標高をかせぐし、コースタイムが短いから歩きやすいです。
観光客も多かったです。
とにかくアルプスの眺めが良いので、おすすめです。
chiaki
2017/04/26 18:17
GRI 様

私は晩秋、夏、そして残雪と3回めでした。
スキーやボードの人も多かったですよ。
なんてったって、アルプスの眺めが最高!
GWは天気が良ければ、木曽駒は混むんでしょうね。
chiaki
2017/04/26 18:20
はなはな 様

この日は久しぶりに雪山を満喫できました。
遠いからなかなか行けないけれど、アルプス、八ヶ岳の眺めが良かったです。
ピッケルも本当に急な所しか使わないし、転ばない歩き方が重要見たいですね。
赤城も行きたいけれど、こちらからだと遠くて...。

二人とも私より少し年上の女性ですが、体力ばっちりなので凄いですよ〜。
chiaki
2017/04/26 18:24
木曽駒でしたか、
残雪歩きは今頃はアイゼンだけで済み、楽に歩けて良いですね。
ここはやはり登山者が多いようで、つい敬遠してしまいますが、展望は抜群ですね。
インレッド
2017/04/26 20:18
インレッド 様

この日は風も無くて良い日でした。
御岳山が良く見えて、噴火の時の事を思い出し少し悲しい気持ちになりました。
富士山やアルプス、景色が良くて久しぶりに雪山を楽しめました。
本当はインレッドさんが歩かれる様な静かな雪山に行きたいんですが、実力無しなんで...。
西上州の三ツ岩もアカヤシオが見頃だそうで、西上州のシーズンがやってきましたね。
chiaki
2017/04/26 21:19
こんばんは。
こんなにいい山なんですね、木曽駒は去年てるてるさんが行って日焼けして顔がひりひりすると報告を聞きました。いつか行きたいけどやっぱり雪山がいいですね。素晴らしい天気に恵まれましたね、千畳カールも雪に埋まって人もそれ程多く無さそう。六万騎山のおっかけしました。あのかたくりにはびっくりしました。また追っ掛けしなくてはです。
夢創歩
2017/04/26 21:49
夢創歩 様

木曽駒は天気が良かったせいか本当に良かったです。
遠い山は運転が大変なので、行けて良かったです。
GW前だったので混み具合も程よい感じでした。
六万騎山、カタクリはまだ咲いていたんですね。
奥様も喜んでいた事でしょう。
西上州のアカヤシオのシーズンになりましたね。
chiaki
2017/04/27 18:29
素晴らしいお天気の木曽駒・・・眺望も素晴らしいですね!
現職時の知人から木曽駒もいいと聞いていて、気になっている山ではあります。
遠いのでなかなか腰が上がりませんが・・・
私はこの日は・・・初心者にせがまれて、佐野の三毳山(丘?)を歩いていました。
宮星
2017/05/01 15:18
宮星 様

木曽駒は久しぶりに行ったし、天気も良かったので展望バッチリで満足の山行でした。
栃木からは遠いですよね。
私も自力で行くにはちょっと遠くて...。

三毳山も花が一杯、春は人気の山ですね。
chiaki
2017/05/01 19:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
残雪の木曽駒ヶ岳 山で会いましょう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる