山で会いましょう

アクセスカウンタ

zoom RSS NO.2 残雪の唐松岳

<<   作成日時 : 2017/05/08 19:01   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

2017.5/4(木)晴れ
下山開始6:50 八方池山荘8:35 駐車場9:半過ぎ? 小熊山トレッキングコース入口10:35 登山口11:35 頂上12:05-12:15 TRコース入口 ゆーぷる木崎湖 すずむし荘14:50-15:35 かじかの里キャンプ場

速報版はこちら
NO.1はこちら

山でしか飲みませんが睡眠導入剤を飲みましたが、眠れず。
女性でも鼾のすごい人がいて...仕方ありませんけれどね。
画像
小屋上の展望所で景色を楽しみます。
五竜岳は大きいですね。
景色を眺めてぼーっとゆっくりしていたいです。





画像
4:50 唐松岳





画像
テントも目の前に剱岳を眺められるので良いですね。
カラフルなテント村、25張位でした。
雪がとけたらテントで来てみたいな。





画像
今は4:54分。
日の出は4:50-5:00位との事。
待機して待ちます。
風もないので寒くはないです。





画像
5:00頃太陽が上がりました。
泊まりの醍醐味はこの瞬間です。





画像
5:10 そして陽の光が当たって感じが良いです。





画像
登るは険しい剱岳ですが、まだ陽の光が薄いので優しい感じ。
夏場の岩ごつごつと比べると雪でふんわり、少し優しい感じに見えます。





画像
眼下に山荘、目の前は五竜岳





画像
唐松岳バックに。





画像
五竜岳をバックに。





画像
陽の光が濃くなって白と黒とのコントラストがくっきり。





画像
白馬へ続く稜線。





画像
テント場と唐松岳。





一旦小屋に戻って、自炊なのでテーブルの一角でセブンイレブンのお一人様シリーズで朝食。
五竜岳へ縦走する人は少ないので、皆さんゆっくりしています。

私達はao-haさん希望のもう一座があるので、ザックを背負って出発準備完了。





画像
日の出を眺めた場所まで上がります。
お腹が白い雷鳥が真中あたりにいます。





画像
剱岳も見納めですね。





画像
6:50 アイゼン付けて下山開始





画像
唐松岳から不帰キレット





画像
下りに事故が多いので、気を付けて下りましょう。





画像
五竜岳へ数人が縦走していきました。
残雪期にいつかは縦走してみたいです。





画像
気持ちの良い残雪歩き。
今日が残雪歩きは最後だろうなぁ。





画像
今日も朝から天気が良いです。
昨日よりもクッキリと晴れています。
今日縦走している登山者は最高でしょうね。
照り返しで顔も暑いです。顔が焼けちゃました。
頬が痛いです。





画像
ケルンが見えます。





画像
緩やかな下り。
朝ですが気温が上がっていて雪もザラメのザクザク状態。





画像
左は鹿島槍、そして五竜岳、何枚も同じ山の写真ですが、陽の光で見え方が違います。





画像
風を除けられる場所にテントが張ってあります。
この先でアイゼンは外しました。





画像
真っ白な八方池





画像
白馬三山を眺めながら、八方池を歩く静岡の健脚男性二人。
登りも下りも追い越されました。





画像
山座同定盤を眺め





画像
30代の頃に扇沢まで八峰キレットを超えて縦走しただけなので、又歩きたくなりました。





画像
木の階段を下ります。
歩幅が合わないので歩きにくいです。
今日も続々と登山者が登って行きます。





画像
リフトを乗り継いで下ります。





画像
ボードの人は少なくてほとんどがスキーヤーでした。
北アルプスを眺めてのスキーも気分が良い事でしょう。





画像
リフトを乗り継いでチケット売り場へ戻りました。
 
そして10分位歩いて駐車場に戻りました。
木崎湖の近くの小熊山の登山口に移動します。続きはこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
たくさんの綺麗なお写真をため息混じりに拝見しました。
二日間ともにお天気に恵まれて本当に素晴らしい眺望ですね〜
とりわけ朝日が当たった五竜と唐松は神々しくて素敵です!
これは泊まらなくては見れないですものね。
唐松岳山頂でピッケルを上げたポーズのchiakiさん素敵でした!
今回はたくさんのお知り合いに会えて良かったですね。
( v^-゜)♪
mikko
2017/05/09 08:54
最高の天気の素晴らしい写真、堪能させて頂きありがとうございます。ポーズがきまってましたね!素敵でした。唐松岳は2回登りましたが2回とも夏山、次は雪山にチャレンジしたくなりました。

リラックマ山岳隊は、那須岳・安達太良山・磐梯山のあと日光鳴虫山のアカヤシオとカタクリに癒され、日光東照宮で人に揉まれてから広島に帰りました。

お盆に栂池〜白馬岳〜祖母谷を計画しています。それまで仕事を頑張らなくては…
リラックマ山岳隊
2017/05/09 18:39
mikko 様

前日は雲が多めでしたが、頂上からは『海がみえる!!』の声が聞こえて、薄っすらと見えました。
朝は唐松、五竜、剱に陽の光が当たってとても素晴らしかったです。
泊まって本当に良かったと思いました。
知り合いに何人もあったので驚きました。
食堂での団欒が楽しかったです。
このあとに小熊山、翌日に光城山から長峰山を歩きました。
光城山、長峰山から眺める北アルプスも良かったです。
chiaki
2017/05/09 21:28
リラックマ山岳隊 様

私もこの時期は初めて、天気が良くて景色も最高。
槍、穂と違った景色もなかなかの迫力でした。

日光東照宮、観光客が一杯ですね。
みざる、きかざる、いわざる...必見の価値ありですね。

祖母谷の温泉、♨良さそうですよね。
私も繰り越しばかりなのでそろそろ行きたいです。
そうですね、お互いに仕事がんばりましょう。
chiaki
2017/05/09 21:33
2日間、お天気に恵まれましたね!
山頂でのご来光は感動しますよねぇ〜!
ゆっくりした山小屋泊・・・と思っていたら、この後、もう1座登られたんですか?
宮星
2017/05/13 18:46
宮星 様

ご来光は何度見ても感動しますね。
太陽の力は凄いですね。
ゆっくり下山、温泉と観光で良いかと思っていましたが、
同行者がパワフルなので。
小熊山に登りましたが、車道歩きがネックでした。
chiaki
2017/05/13 19:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
NO.2 残雪の唐松岳 山で会いましょう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる