山で会いましょう

アクセスカウンタ

zoom RSS NO.1 残雪の谷川岳

<<   作成日時 : 2018/03/19 19:45   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

2018.3/18(日)

自宅5:30 集合場所6:30 前橋IC 水上IC 駐車場7:40頃 RW8:05頃 RW駅8:30発 トマノ耳頂上10:55 Hさんを20分位待ちました。 オキノ耳 Hさん10分待ち 昼食 13:35RW駅 駐車場 水上IC 前橋IC 買い物 自宅17:40頃 
高速代1020×2 駐車代金1000 往復140キロ

メンバー Fさん Hさん chiaki

土曜は出勤日。
内心はもっと休みが欲しいけれど、何にも手に職もないし、安定した収入はありがたいから、頑張って働こう。
Iさんにも声を掛けようか?迷ったけれど、強風だとIさんにはちょっと厳しいかな?と思い三人で行ってきました。
けれど今日みたいな日だったら大丈夫でした。

集合場所に行ったら、S・K子さんにバッタリ。
相変わらず綺麗でした。
長野県の青木村の十観山に何人かで登るとの事でした。

画像
今日の天気予報と気温、積雪250センチ
ロープウェイ往復2060円、私はカードで支払いました。
FさんはJAFの会員割引で100円引きです。





画像
8時ちょっと過ぎ、フニテルに乗車。
3分おきにでています。





画像
RW駅の前から見えた白毛門、笠ヶ岳、朝日岳





画像
12本アイゼンを付けて出発。
雪の照り返しが凄い。





画像
振り返ると登って来る登山者とRW駅が見えます。





画像
白毛門方面





画像
急登を登り上げると、どど〜んと谷川岳。
記念撮影をしたり、衣類調整と休憩。





画像
斜面を登って行く登山者が数珠繋がりになっているのが見えました。
昨日も沢山の登山者が入っていたと思いますが、今日もかなりの人が入っています。





画像
標高が上がると、谷川主脈の縦走路が見えてきました。
雪質はザラメ状態。





画像
9:25 避難小屋に到着。
赤い棒は140センチ位でていました。
Hさんが来るのを待って出発。





画像
風も全くなくて、見上げると青い空が気持ち良い。





画像
良く踏まれていて歩きやすい。
雪の照り返しで頬が痛くなってきました。
紫外線が強いですね。





画像
後ろを振り返り、Hさんが来るか確認しながら、歩行調整。





画像
蟻の行列の様な登山者の列。





画像
Hさんが来ないので、休憩しながら待ちます。
左の方は燧ケ岳、尾瀬の笠が岳、右の方は上州武尊、その左の奥の丸いのが日光白根。





画像
クラークがあり、何人かが見ていました。





画像
気温が上がっていて、もやっとしています。





画像
真中の奥の浮いている様な山は浅間山だそう。
その左側に八ヶ岳も見えていました。





画像
天狗の休み場と他の登山者が言っていました。
Hさん、来ないなぁ〜。
景色を眺めながら待ちます。





白い頭の富士山も見えました。
コンデジの写真では分からないので、撮りませんでした。





画像
万太郎、平標へ続く縦走路。





画像
分岐が見えてきました。
標高が上がって雪質が変わりました。ちょっとべたついた粉雪。




画像
肩の小屋です。





画像
頂上写真も順番待ち。



画像
360度の大展望に満足。
春山だなぁ。
Hさんが来ないので待ちます。続きはこちら

ランキング参加中、クリックを宜しくね。

人気ブログランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
夏場に登ったルートと同じだと思いますが、様子が全く違いますね!
谷川岳だけは私もお天気が安定した冬期に、一度登っていたいと夢見てはいます。
頂上での写真を拝見すると、紫外線がとても強そうですね〜!
宮星
2018/03/21 23:58
宮星 様

雪があると夏場とは全く違いますね〜。
夏場も花が咲いて良いし、秋は紅葉が良いし、さすが百名山、良い山ですね。
3月の天気の良い日を狙えば、夏場よりすんなり登れる気がします。
紫外線が強くて、雪の反射で眩しいし頬が焼けた気がします。
chiaki
2018/03/22 19:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
NO.1 残雪の谷川岳 山で会いましょう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる