山で会いましょう

アクセスカウンタ

zoom RSS NO.3 燕岳〜大天井岳・常念岳

<<   作成日時 : 2018/05/06 12:15   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 4

2018.4/28〜30(土〜月・祝)

4/29(日)
燕山荘6:00 大天井岳9:45 常念小屋12:45-13:45発 常念岳15:00 小屋15:35

NO.1はこちら
NO.2はこちら

大天井岳の頂上で景色を楽しみます。
エメラルドグリーンの黒部湖も見えていました。
景色を楽しんだら常念小屋に向かって出発します。

画像
常念岳も見えています。





画像
何度見ても美しい景色を振り返ります。





画像
向かう常念岳と眼下に大天荘





画像
冬季小屋





画像
大天荘、夏はテントでまたきたいです。





画像
2m位雪がでてきました。





画像
雪は全くなし。
夏シャツ一枚で丁度良いです。





画像
穂高岳





画像
今日も主役の槍ヶ岳





画像
本当に雪が無いので驚いています。





画像
振り返るとao-haさん





画像
残雪の上を登り上げます。





画像
進んで右下に下ります。
ここもアイゼンは使用せず。





画像
振り返ると後ろ向きで下りてくるao-haさん





画像
ao-haさんが下って来るのを待ちます。
私はハイマツ帯に入り、振り返ります。





画像
常念岳へ向かっての素晴らしい縦走路。





画像
近づく常念岳
見えているけれど、久々の重い荷物と縦走に、そろそろ小屋に着いてほっとしたくなってきた。






画像
快適な縦走路ではありますが、なかなか長い、小屋はまだかな?





画像
小屋への看板があった!もうすぐだ!!





画像
赤い屋根の小屋が見えました。





小屋に下る途中で残雪がありましたが、アイゼンは使用せず。





画像
振り返ります。横通し岳も見えます。





画像
テント場も雪は無し





画像
槍を眺められるベストポジション





画像
雪の囲いをくぐって小屋へ。
素泊まり6800円、お湯、水、お茶は飲み放題です。





画像
ピッケル、アイゼンを背負って頂上へ向かいます。





画像
振り返ります。
石ゴロゴロだし疲れているからなかなか進みません。
時間がかかってもゆっくり行きましょう。





画像
ようやく岩場が終わって、残雪を通過して頂上までもう少し。





画像
ステップがあるのでつぼ足で登ります。





画像
頂上からの眺めは最高





画像
日も薄くなってきたけれど、景色は素晴らしい


蝶の方からやって来た男性がおっしゃるには、昨日滑落事故があって首を痛めてビバークして、今日ヘリで病院へ向かった人がいた、との情報。
そういえば縦走途中に防災ヘリが飛んでいた、それだったのですね。





画像
風も無いし、ここでずっとこの景色を眺めていたい、とは思ったけれど。
そろそろ小屋に戻りましょう。





画像
蝶ヶ岳への縦走路





画像
登りとは違うルートで下ります。





画像
テントも大分増えました。
50弱でした。





画像
18:24 あ〜日は沈んでしまいました。





画像
モードを変えたらこんな感じ。

女性部屋でソロの女性二人と私達の四人でゆったり使えました。
ソロの女性は燕山荘から来て、明日は蝶を超えて上高地、もう一人の女性は一の沢から登って明日は蝶を超えて上高地だそうです。
東京に帰るのには上高地に下山が便利ですからね。
ソロの女性が、今日は男性が多いですよね、女性が少ないですよね〜って...。
テントもソロの男性が多かったし。
確かにそう言われてみればそうですね。

明日穂高駅までのタクシー乗り合わせも見つからず、二人だけかな?と諦めていました。
けれど自炊場でまさかの偶然のバッタリ!!!
静岡のTさん二人組、驚きました。
ラッキー、駅まで乗せて行ってもらえる事になりました。
6時頃出発という事で、これで安心、本当に良かった。
下山編のNO.4はこちら


ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ゴールデンウイークにこんなに良い天気が続くのは珍しいかも知れませんね。景色も最高です。雪が少なかったようですが、安全第一にはかえって良かったと思います。
インレット
2018/05/06 16:31
インレット 様

そうですね、GWにこんなに穏やかで良い日が続くのは珍しいですね。
今年は雪が少なくて、大天井岳の直登も難易度が低くて良かったです。
縦走路は行く先も振り返っても素晴らしい景色で、
良い山行が出来た事をありがたく思っています。
おっしゃる通りで、安全第一で無事下山で良かったです。
chiaki
2018/05/06 16:37
この縦走路は長そうですね!?
アルプスの山は山体が大きいですからね!
この辺りになるとかなり残雪があるところを横切るんですね。
滑落しないように後ろ向きで下るんですか?
常念岳からの下りのところはすごく厚い雪庇がありますね!
下山編も楽しみにしています!
宮星
2018/05/07 18:15
宮星 様

確かパノラマ銀座と呼ばれていると思います。
槍ヶ岳、穂高岳を眺めながらの縦走路は景色が良くて気持ちが良いです。
けれど久しぶりの重荷と冬靴で、長く感じられました。
私は前向きで下りましたが、急斜面は後ろ向きで下る時もあります。
下山編でアップが終わりますが、5/5の荒船山のアップもあります。
chiaki
2018/05/07 19:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
NO.3 燕岳〜大天井岳・常念岳 山で会いましょう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる