No.1蘭ランらん・鳳凰三山

2013.7/6.7(土・日)山梨県の山
自宅5:00 御座石鉱泉駐車場7:25-7:50発 鳳凰小屋テント場12:35 

金曜日の夜までは黒戸尾根から甲斐駒ケ岳の予定でしたが、朝になってテント装備で黒戸尾根は無理だと思い、やっぱり花狙いで鳳凰にしようと変更しました。ブログくんが鳳凰小屋のHPで咲きましたとだしていたので...。

駐車場は数台の車が止まっていました。駐車場にトイレ有。駐車場は無料。

画像
7:41 登山届けをだして、おかみさん(鳳凰小屋のオーナーのお姉さん)としばしおしゃべり...もっと話がしたかったけどそろそろ出発。昨年の小屋番のはなさんが今日は手伝いに登るそうです。ブログくんとはなさんの事をよくやってくれていると褒めていました。オヤジは今日は用事があるので登らないそうです。残念。



画像
7:50 青木鉱泉から登る人が多いのか静かです。



九十九折に登って行きます。



画像
8:25 治山工事も昨年より大分進んでいました。



画像
8:34 この辺りは平らで歩きやすいです。下って工事個所を通過して、今度は登りがやってきます。



画像
8:48 小紫陽花が沢山咲いています。品が良く控えめな感じです。



画像
8:59 登山道脇に咲いていて暑さも忘れます。



画像
ナルコユリ



ソロの女性とソロの男性を途中で抜きました。



画像
カモメラン まだ咲いていました。初めて見ます。小さいです。とにかく可愛いです。見るだけ、写真に撮るだけでお願いします。来年も見る事ができますように。



画像




画像




画像
10:16 



急な登りをゆっくり進みます。いつもこの登りはきついです。途中でゼリーを食べて休みました。



画像
10:58 燕頭山に到着 この辺りで空気が変わります。標高は2000メーターとちょっとです。涼しいです。少し休憩。下界はかなり温度が上がっていると思いますが、嘘のようです。



画像
マイヅルソウが踊っています。



画像
ミネウスユキソウ



画像
ヨツバシオガマ



画像
イチヨウラン ランの花、二種類めです。



画像
11:17 砂礫地を通過



画像
ゴゼンタチバナ



画像
オサバグサです。いつかは帝釈山の群生のオサバグサが見たいです。



画像
12:17 小屋までもう少しです。頑張ろう。この先で休憩をしていたテント泊のご夫婦を抜きました。(東京O女史の友人だったのです。)



画像
12:22 梯子を登って。



画像
12:22 地蔵のオベリスクが見えてきました。 



画像
キバナノコマノツメが沢山咲いていました。



12:35テン場に到着。テントは数張りありました。受付をしてマイルームを設置。これで一安心。テント代は800円。



画像
キバナノアツモリソウ ラン、三種類めです。盗掘されてほとんどなくなってしまったそうです。蕾のものもまだあったので来週も楽しめると思います。



画像




画像
グンナイフウロ


小屋の中を偵察。ありました。新発売の手ぬぐいです。
画像
オリジナルの手ぬぐい オヤジとカレーライス オヤジ、そっくりです。
昨年はおにぎりガール(ガールではないけれど)でヤナギランの手ぬぐいを頂きました。(お弁当のおにぎりを握ったんです。)結構楽しかったです。



画像
今年101才になるおばあちゃん(オーナーのお母さま)の手編みの帽子です。1000円は安いです。



画像
水場の看板、今年から設置した気がします。


晴れたり曇ったり...。明日の方が天気が良いので、今日は上には行かないのでテントでゴロゴロしていました。
三時過ぎからぱらぱらと雨が降ってきました。四時過ぎに止んだのでスパゲティを作って食べました。ここは水場があるので助かります。



画像
16:28 35張位になりました。エスパ―スの大型テントは大学の山岳部や社会人山岳会の方でした。ソロの女性は二人だけでした。



画像
私のテントは左の奥です。

東京O女史にメールをしたら友人のOご夫妻が来ているという。すぐにわかりテントを訪ねて少し話をしました。

マナーの良い登山者の方達ばかりで静かな夜でした。プラス2度まで対応のシュラフで寒くはなかったです。ノースフェースの肌着を中に着るだけで暖かいです。上は薄いフリースを着て眠りました。夜中にザザァーと雨がかなり降っていました。7日は朝から雨だったらどうしよう...と心配をして眠れませんでした。そして止んだと思ったら山の上の方で風が強く吹いている音がしました。そしてぱったりと音が止みました。

7/7(日)続きはこちら

↓↓↓クリックをして頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

2013年07月08日 23:01
この週末はもっとお天気が良いかと思いましたが
ちょっと期待はずれでしたね。
カモメランもイチヨウランもキバナノアツモリソウもまだ出会った事がないのですが
みんな可憐でかわいらしい花ですね。
私はいつ出会えるかな~

小屋の手ぬぐいもいいですね。
平日は手ぬぐいを愛用しているのですが
右下の赤い色が入っている“オヤジとカレーライス”
の手ぬぐいがほしいな~
手ぬぐい目当てで頑張って登っちゃおうかな。。。
私には無理かな~? (^_^;)
2013年07月09日 05:32
mikko 様
コメントをありがとうございます。
天気はもっと良いかと私も思っていました。

キバナノアツモリソウは昨年に初めて見ました。
カモメランは6月の頭から中旬位が見ごろらしいので、
諦めていたのでラッキーでした。

オヤジの手ぬぐいは3日に500本荷揚げをしたので、まだまだたくさんあるそうです。
それと小屋の夕食はいつもカレーライスだから...だそうです。
時期によっては稜線には、タカネビランジやホウオウシャジンも咲くので花も楽しめて良いです。
mikkoさん、大丈夫ですよ。
2013年07月09日 07:19
chiakiさん、おはようございます♪

昨年の鳳凰レポも見ましたが、テントがめちゃくちゃ多いですね!

 自分も最近感じるのですが、人気のスポットのテン場は一杯で槍穂高近辺などは行きたいけれど足が遠のいてしまいます。

なんでもパーティーで行ってもソロテントが多いみたいで、どこのテン場もキャパオーバーみたいですね。

結局行きたい所よりも、人の多過ぎない所になってしまいます。
海の日はテント担いで楽しんで来ましょうね♪
2013年07月09日 09:31
お早うございます。
こちらからは登った事がないのですが、カモメランにキバナアツモリソウと貴重な花が見られて、なかなか良いコースですね。
2013年07月09日 21:12
克 様
コメントをありがとうございます。
最近はテン場争奪戦が凄いですね。
駐車場から混みますからね~。
同感で行きたい所より混まない所で考えてしまいますね。
この間思いましたが、黒戸尾根から甲斐駒は秋とか初冬が良いですね。
なかなかない三連休、まだ場所が決まりませんが夏山シーズン到来、楽しみましょうね。
2013年07月09日 21:17
インレッド 様
コメントをありがとうございます。
8月下旬位はレンゲショウマも咲きますし...
最近は鹿に花目を食べられてしまい困っているそうですが。
カモメラン、初めてみました。
可愛いですね。
今回は得した気分です。
前は青木鉱泉か登って中道で下っていましたが、最近は御座石からが多いです。

この記事へのトラックバック