NO.2欄ランらん・鳳凰三山

20137/6.7(土・日)山梨県の山 往復248.7キロ

初日の様子はこちら

7/7(土)
テン場4:30 観音岳5:40 薬師岳6:10 観音岳6:40 地蔵岳7:50 テン場8:20-8:55 御座石駐車場12:00-12:10 ツルヤ13:05-13:25 自宅15:00

お隣のテントの方が3時に起きたので、4時に出発して途中でご来光を見ようか?とも思いましたが、ラーメン、飲み物を飲んで予定通り4時半出発。今は日の出は4時半過ぎかと思います。
画像
4:32 東の空が明るくなってきました。



私は今日は近道で観音岳、薬師岳、戻って観音岳、地蔵岳と回ります。
画像
4:32 暗く写っていますが、もっと明るかったです。ヘッデンは無くて大丈夫でした。矢印方向へ回って...



画像
4:34 梯子を登ります。



 
画像
5:04 樹林が開ける場所があって此処でご来光を見るのも良いかと思います。小屋から30分ちょっとです。



画像
5:16 日が当たってきましたが、甲斐駒は見えません。



画像
5:18 まだ五時過ぎですからね。



画像
5:27 イワカガミが沢山咲いています。



画像
5:40 ミヤマタネツケバナ 風が吹いていてピンボケ。風が耳にあたりちょっと痛いです。下界とは違いますね。



画像
5:41 稜線に上がると傘雲のかかった富士山が見えました。



画像
5:43 ナナカマドと観音岳。山の上は新緑が綺麗でした。



画像
5:46 観音岳頂上です。沢山の登山者が休んでいました。



観音岳に行く途中でタカネビランジの葉もありました。シーズンには可愛い花が咲きます。



画像
6:11 薬師岳



画像
6:14 薬師小屋の方から登ってくる登山者。



画像
まだ六時過ぎなんですね。でも登山者が次から次へとやって来ます。



画像
北岳と間の岳の頭は雲の中です。でも今回は花狙いだったので大満足です。



画像
6:21 観音岳へ又戻ります。行きかう登山者も多くなってきました。



画像
雲の動きが速いです。今日は全体的に雲が多いです。



画像
振り返ると薬師岳が遠くに見えるようになりました。



画像
6:41 観音岳に戻ってきました。テントの上の段のソロの男性がおばぁちゃんの帽子をかぶっていました。ブログくんに進められて買ったそうです。似合っていました。少し話をして私は地蔵岳へ、その方は中道から青木鉱泉に戻るとの事でした。話からするとかなりの健脚でした。



画像
7:02 昨年と同じ場所にハクサンイチゲが咲いていました。



画像
八ヶ岳です。写真には撮りませんでしたが、右の方に今日O女史が登る金峰山も見えていました。



画像
7:25 振り返ると観音岳が見えます。青空も見えてきて明るくなりました。



途中でOさんご夫妻とすれ違いました。地蔵、観音岳でテン場に戻るそうです。機会があったらご一緒しましょう。



画像
キバナノコマノツメ



画像
ミヤマハンショウヅル



画像
7:45 白鳳峠へ向かう分岐です。一昨年の秋の連休に歩いた早川尾根も静かで良かったです。最近はマイナールート大好きです。



画像
地蔵のオベリスクに登っている登山者も見えました。



画像
ナナカマドと地蔵岳



画像
7:53 お地蔵さんが一杯



画像
7:54 記念撮影 青いタオルマフラーは雲取山荘の年越しの闇鍋で当たったものです。(BSフジに3、4秒出ました。)今日初おろしです。



砂礫地をさささっと下って
画像
8:07 樹林帯を小屋へ向かいます。



画像
8:19 小屋に着きました。先にテントを撤収します。パラパラと雨がきたり、すぐに晴れたり...大気が安定しないみたいです。数張りが残っていました。テントを撤収して小屋に行ったら、ブログくん、はなさん、お手伝いの男性、今年の小屋番の女の子4人で朝食を食べていました。
O女史からオヤジの手ぬぐいをお取り置きをとメールがきたので、ブログくんに話したら3日に500本荷揚げをしたのでまだまだ大丈夫だそうです。1本とは言わずに4本セットでどうぞ。ヒィールダーの雑誌を見せてもらったり、ピークス8月号(7/15発売)に載るという話を聞いたり...又来ます。と8:55分に出発しました。



画像
青木鉱泉と御座石をつなぐバスの運行表です。HPで要確認した方が良いです。



画像
9:55 燕頭山 若いテント泊の男女が休憩をしていました。私も少し休憩。途中まで急な下りなのでゆっくり下ります。



画像
10:16 頭の上は青空がのぞいています。樹林帯なので直射日光が当たらないのでそんなに熱くはないです。



画像
トリアシショウマの花が揺れていました。

御座石鉱泉のおば様に『行ってきました。』と挨拶をしたら小屋のオヤジに電話をかけたから変わって話してとの事で...『欄の花が三種類見る事ができて嬉しかったです。又登ります。』と伝えました。さて海の日の三連休、天気予報チェックして行く場所考えなくっちゃ。なるべく混まない所を考えています。小屋泊、1泊2日も検討中。

ランキング参加中。クリックして頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

2013年07月10日 20:01
chiakiさん、こんばんは♪
私も以前、同じコースを歩いています。(*^^)v
御座石からの登りがきつかったのと、鳳凰小屋のテント場の大混雑が印象に残っています。
今の時期は、まさに欄ランらんなんですね。
またテント担いで行きたくなりましたー。
五十肩を早く治さねば…。(^_^;)
海の日連休、お互いに楽しみましょう。(^^)/
2013年07月10日 20:25
クロちゃん 様
コメントをありがとうございます。
欄三種類は得した気分でした。
カモメランが見られるとは思っていませんでしたので。
肩、お大事になさってくださいね。
でもやっぱり三連休は山ですよね。
どこにするか?検討中です。
花がどこもかしこも咲くから楽しみですね。 お互いに気を付けて楽しみましょうね。
2013年07月10日 22:25
chiakiさん、素敵な鳳凰三山の旅でしたね!

こっちからは大変そうでチャレンジ出来そうにないです。
でも、いつか鳳凰三山は行きたいです。

イワカガミの群生素敵ですね。
こんなの見たことないですよ。
ミヤマタネツケバナは見たことないのでこちらも見てみたいです。

華奢なchiakiさん、一人でテント担ぎ上げるなんて
ホント尊敬します。見習いたいです。

三連休はお天気が悪そうで行き先悩みますね。
2013年07月11日 06:06
矢車草 様
コメントをありがとうございます。
今回は思いがけずにカモメランを見る事ができたので、嬉しかったです。可愛かったです。
青木鉱泉からどんどこ沢を登るコースは、滝がいくつか見る事が出来るのでそのコースも良いです。
最近は駐車場が混まなくて(無料)を選択しています。
花が次から次へと咲くので鳳凰も楽しめます。

矢車草さん達のように豪華食材は持ち上げられないので、
軽いアルファ米とかになっちゃいます。

三連休、同じくでどうしようか?いい案が浮かびません。
2013年07月15日 07:19
chiakiさん、おはようございます。
この日、chiakiさんが初心貫徹で甲斐駒に登っていたら、
ひょっとしたらバッタリしてたかもしれませんね。
それにしても花に詳しいですね。いつも感心します。
最近は私達もchiakiさんのお陰で花を意識するようになって、
撮って帰っては、家で調べるのですが、
同じ様な花が沢山あって、よく解りません。。。
近づけるよう地道に頑張りま~す。海の日レポも楽しみにしています。
我が家は旦那様がお書きになりますので翻訳機片手に見てみてください。
2013年07月15日 09:31
雅 様
コメントをありがとうございます。
甲斐駒に登っていたら...バッタリがあったかも知れませんね。次回に期待しましょう。
花の名前は難しいですね。同じようなのは区別が難しいですよね。
私も間違っているのもあるかも知れません。(たぶんあります)

お二人はロングな日帰りだったのですね。
疲れすぎると眠れませんね。わかりますよ。

私も今日は晴れた空を見ながら自宅にいます。
私は休みが少ない上に出かけすぎているので...
家の事もいろいろやる事があるんですけど...ね。
母から小言がきています。

なんだか今日が一番良い天気かも?ね。

この記事へのトラックバック