NO.2鳳凰@地蔵だけ

2013.9/1(日) 
テン場5:05 地蔵岳5:45-6:40 テン場7:05-7:40発 御座石鉱泉駐車場10:35-10:50発 ヤツレン カインズホーム 自宅14:00

8/31(土)の初日の様子はこちら

夜は雨が降っていましたが、夜明け前には止みました。3時に起きて4時出発で上で日の出を見ようか?とも思いましたが、夕べもあまり眠れなかったので横になっていました。ココアとパンで朝食にして、簡易ザックにカッパ等を入れて5時過ぎに出かけました。

画像
5:08 小屋の前の東の空が明るくなってきました。



画像
5:20 木々の間から日が上がる瞬間が見えました。


樹林帯を抜けると砂礫地になります。
画像
5:41 振り返ると雲海が凄いです。



画像
5:41 地蔵岳が見えて来ました。



画像
5:49 ピンボケですがホタルブクロ 小さいです。



画像
5:55 観音岳 雲が行ったり来たり



画像
コバノコゴメグサ 沢山咲いていました。



画像
5:59 地蔵岳です。



画像
トウヤクリンドウ 秋ですね。



画像
イワインチン 風が強くてちょっとピンボケ 今が見頃で沢山咲いていました。



画像
6:17 見えるのは観音岳です。アカヌケ沢の頭から観音岳方面の岩の辺りに来ました。



画像
岩の下にタカネビランジ 見頃は7月下旬~8月初旬



画像
6:20 鳳凰固有種のホウオウシャジン



画像
6:32 白鳳峠へ向かう稜線



画像
6:33 地蔵岳 甲斐駒も仙丈も雲の中、北岳も見えないけど何度も来ているし、楽しめたので地蔵岳だけで今日は帰ります。



画像
トリカブトも小さいです。厳しい環境でも咲く術を知っています。



画像
ナナカマドの実の赤くなりました。あと1ヶ月もすれば紅葉ですね。



画像
お地蔵さんが一杯です。



画像
少し登るとこんな可愛い木の置物のお地蔵さんもありました。



画像
6:44 地蔵岳周辺で1時間位楽しんだし、小雨がパラパラと降ってきたので、砂礫地を下ります。途中で八ヶ岳らしき山並みが雲の中に浮かんでいました。地蔵岳は私の貸切でしたが、何人か登って来ます。



画像
カニコウモリ



画像
小屋の周りにサラシナショウマ



下りはあっと言うまで
画像
7:05 小屋に戻って来ました。



画像
水場の写真もアップしておきます。南アルプスの天然水です。



画像
小屋のホウオウシャジン



画像
カラフルな可愛いイラスト



画像
ヤナギランも見納め



画像
小屋のトイレもアップしておきます。小屋の宿泊者、テントの人も外トイレです。バイオ、ペーパー完備 日帰りの登山者は1回200円です。



テントの人はほとんど撤収して出発していました。4張位はまだ残っていました。お湯を沸かしてコーヒーを飲んで、小雨がパラパラ来たのでテントを撤収。Blog君とはなさんが小屋の前でにこにこと登山者と話をしていました。7時40分、挨拶をして下ります。5分位歩いて要らないなぁとザックカバーをとってカッパの上を脱ぎました。元来た道を下ります。8:40燕頭山で休憩。



晴れたり曇ったり、下るほどに暑くなってきました。50分に1回は休憩をしました。ソロだと休まずに下ったりしてしまう事が多いですが、怪我は下りに多いので休憩をいれます。



画像
9:54 空は晴れています。



画像
9:55 昨日は大丈夫でしたが倒木が道を塞いでいます。雨の影響でしょうか?下って御座石鉱泉の方に報告をしておきました。


ふと足元を見ると...5、6センチですが、
画像
10:05 ミヤマウズラ 蘭科シュスラン属 多年草



画像
10:26 猿の腰掛



すれ違う登山者もいなくて、私だけの貸切の登山道でした。10:35御座石鉱泉に着きました。10:50自宅に向けて出発。



画像
12:13 ヤツレンで休憩 ヤツレンでは見学ができたり、牛乳やヨーグルト、ソフトクリームなどを販売しています。後ろの山は八ヶ岳ですが雲に覆われていました。



途中の佐久のカインズホームで母に頼まれた物を買い、自宅へ。



画像
13:29 ここは沢山咲いていますが、コスモス街道は2分咲きでした。

ランキングに参加中、無理ではありませんが↓↓クリックして頂けると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

ぺんぎん妻
2013年09月03日 07:44
こんにちは!
予報より良かった土日でしたね。鳳凰のテン場が空いてるのは、やはり予報が芳しくなかったからですね~。水も豊富で平らなテン場は好きなのですが、ここはいつも混みすぎていて、最近は寄り付いてません。でもトイレが新しくなったんですね!前のは鶏小屋みたいでしたよね(^^)
久しぶりに行ってみようかな~。
まだまだお花がたくさんですね♪ciakiさんのお花の写真はとても素敵ですし、いろいろご存じなので、「これはこういう名前なんだ!」といつも教えて頂いてます。
2013年09月03日 16:34
御座石鉱泉からピストンでしたか
以外と鳳凰三山は手強い記憶があります。
テン場は南御室小屋でしたが
brogランキングを覗かせていただきましたが
chiakiさんはテント泊の第一人者ですね!
コスモスにナナカマド山は秋の気配が近づいて

高天原の連載レポも楽しく拝見し
コメントも入れさせていただいております。
2013年09月03日 19:17
ぺんぎん妻 様
レコにコメントしていなくて、いつもコメントを頂いて本当にありがとうございます。
天気は予報より良かったですね。
8/24.25は私も近くの軽い山と考えて日帰りなら水の塔、籠の登あたりと思っていましたが、疲れて出かけられませんでした。
燕山荘のクラシックコンサートもチャンスだったんですけどね。次回に繰り越しです。
鳳凰は夏は学生さんのテントが多いし、夏や紅葉シーズンは混みますね。
トイレはバイオトイレになったので綺麗です。
コンデジにしてからピンボケも多いですが、褒めていただいてありがとうございます。
私も諸先輩のブログ等で花の名前は教えていただいています。
レコを拝見しましたが、初日に熊の平まではさすがに健脚なお二人ですね。
ぺん妻さんの笑顔の写真はいつ見ても可愛いですね。
生も可愛かったですよ。
2013年09月03日 19:25
清兵衛 様
コメントをありがとうございます。
おっしゃる通りで、鳳凰三山はなかなか手ごわいですね。
どんどこ沢からも、御座石からもなかなかきつい登りです。
久しぶりに筋肉痛です。
テント泊も諸先輩方がたくさんいらっしやって...
小屋泊も良いですが資金繰りもありますから...
いつまでテントで行けるか?ですが。
清兵衛さんの薬師岳、黒部五郎のレポ、いつもながらですが文章も上手ですね。
夏山はあっと言う間に終わり、紅葉も楽しめれば良いですね。
2013年09月03日 19:27
mikomaiさん、Peroさん、いつも気持ち玉をありがとうございます。
2013年09月03日 21:59
chiakiさん、こんばんは~。
相変わらずのバイタリティに感心しきりです。
『chiakiさん、今週は何処行っとんやろね~。』とよく噂してるんですけど、クシャミ出ませんでしたか?
私達は天気に翻弄されて、近場ハイキングでした。。。
(レポはカッチャンが作成中)
やっぱいいですね~、展望のいい山♪
私的には修行山行が多過ぎて、chiakiさんが羨ましい限りです。
2013年09月03日 23:10
こんばんは。

やっぱり鳳凰三山いいですね~!
近く必ずリベンジしようと思います!
2013年09月04日 21:24
雅 様
コメントをありがとうございます。
私も克ちゃんと雅ちゃん達はどこに行ってるのかなぁと思っていました。
伊豆が岳~子の権現だったんですね。
土日は蒸し暑かったですよね。
私も以前は日帰り山行が多かったのですが、諸事情が変わったので泊まりで出かけられるようになりました。
でも年間20日位は土曜日出勤ですけどね。(休みにして欲しい)
天気がイマイチだと、どこの山にするのかを考えるのも一苦労ですよね。
東京の友達も日曜日に、高尾山界隈に出かけたようですが、暑くてかき氷を食べてすぐ下山したそうです。

克ちゃんの髪型も自分好みに変えたみたいだし~...。
二人で歩けただけ幸せだと思いますよ~。

私もお盆の山は遠い昔の事のように思えています。
お盆は天気が良くてお二人に会えて夢のようでした。
9月のお二人の連休も晴れて楽しめれば良いですね。
2013年09月04日 21:31
hey-hey-yos 様
コメントをありがとうございます。
鳳凰三山、良いですよ。
北岳、甲斐駒、仙丈も見えますし、富士山も見えますし。
どんどこ沢から登れば滝を見る事ができますし。
鳳凰のテン場も平らだし、水場もあるし、石は無いのですべてペグですけど、小屋でペグを打つ木槌を貸してもらえます。
北アより暖かいのでシーズンは長く登れると思います。
2013年09月07日 00:49
こんばんは!

なるほど、なるほど~。
アドバイスありがとうございます!
2013年09月07日 18:59
heyーhey-yos 様
コメントをありがとうございます。
青木鉱泉から滝を見ながら登って、中道で下ればぐるり回れます。
駐車代は青木鉱泉は1日750円、御座石鉱泉は無料です。
韮崎側から入ると砂利道を少し走って、舗装、又砂利道が少しです。
青木鉱泉の方が砂利道は少ないかな~。
私の乗用車でも入れますので大丈夫だと思います。

この記事へのトラックバック