NO.1 五竜岳

2013.9/22.23(日・祝)往復260.2キロ
9/22 自宅3:10 駐車場5:30 白馬五竜テレキャビンとおみ駅7:30発-アルプス平駅7:40発 地蔵の沼7:58 一の背髪 8:33 二の背髪8:46 小遠見8:58 中遠見9:17 西遠見 五竜山荘11:45着 テント場12:35発 五竜岳頂上13:25-40 テント場14:15 

会社の指定の休日が日・月、まずは駐車場が広い所を探しました。エスカルプラザは600台駐車可、遠見尾根の往復で五竜岳に決定。

13年位前に富岡の会で八方~唐松岳往復~五竜山荘泊、八峰キレットを越えて種池山荘泊で柏原新道を下山の二泊三日で車回収というコースが初めてでした。二日目は冷池に泊まる予定がリーダーの希望で種池迄。4時位から3時半位迄歩いた気がします。良く歩いたなぁ。と思い出します。

2回目は4年前、S、Wさんと3人で八方から登り、五竜山荘泊で遠見尾根下山でタクシーで八方に戻った一泊二日。

アナグマと鹿の飛び出しに冷っとしましたが、無事に到着。駐車場は広いので十分止められます。エスカルプラザが6:30に開きました。
画像
6:40 テレキャビン遠見駅に並びます。トイレは1階。7時過ぎには50人位が並んでいました。私は2番目、HPで往復の割引チケットをプリントをして1500円、プラス荷物代200円(10Kg以上)

画像
日本初のテレキャビンが飾ってありました。

画像
7:38 8分で到着。

画像
駅をでるとミネラルウォーターがあります。

画像
青空も見えています。私はリフトは使わずに歩きます。

画像
マツムシソウが見頃で沢山咲いていました。

画像
高山植物園をまだ咲いている花を見ながら登ります。

画像
7:54 白馬三山です。リフトを使った人と同じ時間です。リフト乗り場には少し下るので歩いても変わりありません。

画像
牛首と唐松岳も見えています。

画像
7:58 行きは地蔵の沼コースで。

画像
8:13 見返り坂です。振り返ると素晴らしい景色が見えます。

画像
8:33 一の背髪 シャツ1枚で丁度良いです。

画像
8:34 五竜岳が見えて来ました。テンションアップ。

画像
紅葉していて日が当たって綺麗です。あっと言う間に秋になりましたね。

画像


画像
牛首と唐松岳と紅葉

画像
8:46 二の背髪 雲が秋らしいですね。

画像
8:50 紅葉と五竜岳

画像


画像
8:58 小遠見山に着きました。夏のジリジリからじんわりの陽射しに変わりました。

画像
左の奥のとんがりは槍ヶ岳です。双耳峰は鹿島槍ヶ岳。

画像
9:17 中遠見で休憩 まだまだ水は飲みますね。

画像
9:23 この辺りは平らで歩きやすいです。五竜岳を見ながら気分は良いです。

画像


画像
黄色も綺麗です。

画像


画像
9:55 木道も敷かれていて整備されています。曇り空になりました。

画像
紅葉のトンネル

画像
西遠見の池塘

画像
10:43 ザレ場、鎖場注意の看板。景色が良い所で休憩。

画像
ガスがやってきました。山荘も見えています。あと一時間位で着くかなぁ。登り40分位は岩場で要注意なので気を付けて行きます。

画像
10:56 五竜東面

画像
11:01 歩いてきた尾根を振り返ります。

画像
11:07 砂で滑りやすい場所を登ります。

画像
11:12 鎖場を通過

画像
11:34 鎖場3回

画像
11:45 振り返り、登りあげました。

画像
11:42 あとは山荘迄下ります。

画像
唐松岳からの縦走路

画像
分岐迄来ました。五竜岳が迫力満点。

画像
11:45 五竜山荘でテントの受付、もうかなり張ってあります。テント代500円、トイレ代は始めに100円をトイレのポストに入れてとの事でした。テント泊用トイレは外で大便用が2つ、男性小便が2つ。ペーパーは完備。

画像
12:38 テントを張ってコーヒーを飲んで休んだので、五竜岳へ登ります。振り返るとカラフルなテントが。

画像
12:44 カッパと貴重品だけなので楽ですね。下ってくる登山者に道を譲りながら登ります。 

画像
13:10 岩場です。百名山狙いの中高年も沢山います。

画像
13:24 気を付けて登れば大丈夫です。

画像
13:32 三度目の頂上

画像
唐松岳が近くに見えます。雲がやってきました。

画像
反対側には剱岳が見えました。

画像
13:35 団体さんがやって来そうなので下ります。

画像
滑落注意の看板

画像
山荘が見えてきました。

画像
14:18 トイレに行く通路や山荘前もテントが一杯。90位はあったと思います。テント紅葉も綺麗ですね。

ヤマレコのbmwr1100rsさんに昨年7月連休の鳳凰テン場以来の二度目のバッタリ。

水1L、100円で購入。シュラフに入って寝転んで五竜を眺めていました。
画像
16:38 4時頃からカレーを温めて食べました。小屋は1枚の布団に2人だったようです。続きはこちら

ランキングに参加中↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

2013年09月23日 21:40
五竜岳でしたか~
テントの数すごいですね。
五竜はまだ未踏なのですが
唐松からの牛首尾根はとっても怖そうで無理
遠見尾根は長いし上の方の岩場も心配で
踏み出せないでいます。
いつか小遠見までは歩いてみたいと思っています。
小遠見からの眺望も素晴らしいですね。。。
だいぶ紅葉も色付いてきましたね~
2013年09月24日 01:16
はじめまして。すっかり秋景色の五竜岳ですね。
テレキャビンが珍しかったです・・。ロープウェイみたいな乗り物ですか?
2013年09月24日 06:11
mikko 様
コメントをありがとうございます。
斜面を畑の様に削って整地してテントを張ったカップルもいました。トイレの前にも1張り、凄い数でした。
小屋も連休初日は1枚の布団に3人だったようで、休日は混んでいますね。
遠見尾根は山荘に行くまでの岩場は短いのが3回、足場もあるし、気を付ければ大丈夫だと思います。
あとは危ない所もないですし、昭文社の地図のコースタイムよりずっと短く登れます。
小遠見山からも展望は良いので、紅葉はこれからが見頃、良いと思います。
上の方は紅葉が始まっていましたが、標高差があるのでまだまだ楽しめますね。
2013年09月24日 06:32
武蔵 様
コメントをありがとうございます。
ロープウェイみたいで、4~6人位乗れます。
椅子もあるので座れます。
標高の高い所は紅葉が綺麗で楽しめましたよ。
2013年09月24日 20:57
こんばんは。
五竜岳いいお山ですね。
テン場が格好いいです。
思わず行ってみたくなりました。

それにしてもchiakiさんアクティブですよね。
凄いです。
今度、ブログから参考にさせて頂き、
お山とルート選んでみようと思います。
2013年09月24日 21:12
chiakiさん、こんばんは♪
私はまだ未踏の五竜岳の様子が良く分かりましたー。o(*^▽^*)o~♪
岩場、鎖場、普通の人には楽しい冒険コースに見えます。
小心者で怖がりな私はちょいビビりそうだー。\(◎o◎)/!
いつか、勇気を出して行ってみたいです。
テント場で山頂に行かない言い訳考えるかもですが…。(^<^)
五竜名物「山が好き酒が好き」Tシャツをゲットしたいです。(^^)/

しょもも
2013年09月25日 01:23
さすが連休中日、山頂もテン場も賑わってますね~!
紅葉も始まりだして、今年の色づきが気になりますね。

五竜へ行ったのはもう5年前、ブログを始める半月前でした。
その時の紅葉が見事で、ブログを始める決心をしたのを思い出します(*^o^*)
あぁ、久しぶりに行ってみたい...
かめふふふ
2013年09月25日 10:12
chiakiさん 相変わらず凄いペースで歩いていますね
ここ数年、テントの数が増えているようですが、五竜も凄い数ですね。
百数十日前に同じ道を歩いていますが、道標以外は見覚えが・・・・
アルプス平駅前、こうなっているんです
かめもリフトは使わずにゲレンデの脇を恐々歩きました。とにかく上に登れば登山道に出るだろうと。
2013年09月25日 18:45
hey-hey-yos 様
コメントをありがとうございます。
テント場は平らな所は意外と少なかったです。
でも五竜岳を寝転んで眺められるので、良いですよ。
できれば二泊三日で唐松~五竜~鹿島槍~爺と縦走すると、
かなり満足できると思います。
2013年09月25日 18:52
クロちゃん 様
コメントをありがとうございます。
岩場は足場もあるし、大丈夫ですよ。
遠見尾根は登りやすかったです。
初めて八方から眺めた五竜の姿の格好良かった事が思い出されます。
人気のTシャツ狙いでどうぞ!
2013年09月25日 19:04
しょもも 様
コメントをありがとうございます。
最近はテントが人気で、テン場の確保が大変ですね。
22日の混み方も凄かったです。
4年前に遠見尾根は下ったんですが、登山道の様子を私はほとんど覚えていませんでした。
五竜の紅葉もこれからが本番ですね。
しょももさん、槍ヶ岳や早月尾根から剱岳の日帰りもさすがです。
2013年09月25日 19:11
かめふふふ 様
コメントをありがとうございます。
かめふーさんがGWの五竜に行かれた記事を思い出しながら、雪の時は実際歩いたらどんな感じなんだろう?と思いながら歩きました。
テントの凄さには驚きました。テン場は12時前でほぼ満杯。
トイレに行く通路やトイレ前にも張られて...
小屋泊まりに泣く泣く変更された方もいたようです。

この記事へのトラックバック