アカヤシオ咲く四ツ又~鹿岳

2014.4/19(土)片道21.5キロ

自宅6:45 駐車場7:15-7:20 登山口7:35 四ツ又8:50 マメガタ峠9:35 鹿岳一ノ岳10:35 二ノ岳10:55-11:30 駐車場12:25-12:30発 病院12:50-14:00 買い物 自宅14:50頃

雪山の黒斑山か西上州のアカヤシオか?と迷って花にしました。今日もガソリン代は300円位でした。西上州の山、この時期と秋はおすすめです。四ツ又、鹿岳、ずいぶん昔に登っただけなので楽しみです。
画像
桜の花びら散る駐車場には15台位可


今日はぐるりと回るので、駐車場から下仁田方面に10分位歩いて下ります。途中で満開の桜がとても綺麗でした。


画像
7:30 ハイキングマップの看板もありました。


画像
 分岐から2、3分で登山口 私有地に2、3台駐車可能ですが、自己責任でと書いてありました。


画像
ムラサキケマン キケマン、ヤマブキも咲いていました。


画像
沢沿いの道を歩きます。足元にはエイザンスミレが咲いていました。



画像
鹿岳と四ツ又山との分岐 右に行きます。


画像
水場がありました。


画像
杉林の急登を登ります。


画像
ミミガタテンナンショウ


画像
新緑も芽吹いてきました。看板が要所要所にあるので、道に迷うことはありません。


画像
ガォー!!熊の爪あと


画像
ヤブレガサ


画像
急な登りが終わるとコルにでました。


画像
大天狗の石碑


画像
ミツバツツジの花が散っていました。


画像
ミツバツツジ


画像
ミツバツツジが次から次へと咲いていて嬉しくなります。


画像
四ツ又の頂上 逆光なので横からパチリ 休んでいるとちょっと肌寒い


画像
鹿岳とアカヤシオ


画像
後ろの薄っすらは妙義山


画像
頂上から少し下るとマメガタ峠への分岐


画像
四ツ又の頂上には大学生のワンゲルの6人が見えます。


画像
隣のピークに天狗様がいました


画像
 


画像
トラロープを補助に下りました


画像
四ツ又山だからピークは4つなんですね。この辺りは満開


画像
アカヤシオ  


画像
立派な松と鹿岳


画像
アカヤシオと鹿岳


画像
急な下りを転ばない様に注意して降りると、マメガタ峠 広々として気持ちの良い峠です。


画像
今度は杉林を登り上げます。


画像
ミツバツツジと鹿岳


画像
ミツバツツジもアカヤシオに負けずに綺麗です。


画像
明るい林になり、鹿岳が大きく迫ってきました。


画像
アカヤシオのオンパレード 鹿岳へ向かうこの辺りは見頃でした。



画像




画像




画像
10:30 一ノ岳と二ノ岳との分岐に登り上げました。



画像
一ノ岳への梯子を登ります。高原登山口への下山道もここです。



画像
鹿岳頂上 団体さん15名位が休憩をしていました。元前ハイのK林さんと偶然会いました。


画像
奥の方に荒船の艫岩も見えました。



画像
二ノ岳に人がいるのが見えました。あんな所を登って行くんだなぁと思って見ていました。



画像
二ノ岳への梯子 ロープと梯子は一人ずつが基本です。


画像
次はロープと鎖を補助に岩場を登りました。油断禁物!


画像
アカヤシオと一ノ岳


画像
10:55 二ノ岳頂上 3、4分咲きなので来週も楽しめると思います。


画像
ゼリーが美味しい季節になりました。


画像
右の尖った格好良い山は小沢岳 真ん中の奥の細長い山は鍬柄岳


高原へ下ります。Kツーリズムさん19名とすれ違います。皆、ヘルメットを被っていました。今日は50人位が登っていました。

画像
下るにつれて新緑が多くなり、センボンヤリを発見。


画像
杉林をひたすら下ります。


画像
丸く掘れている変わった岩


画像
12:22 登山口に着きました。


画像
車道を2、3分下ると駐車場です。団体さんの大型バスが止まっていました。


画像
道幅が狭い所があるので気を付けて運転をしました。駐車場から3.5キロ位下ると小沢橋です。橋を渡って左は下仁田方面、右に行くと南牧村の道の駅です。

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2014年04月20日 20:18
今晩は。
昨年はヤシオは不作の年でしたが、今年は豊作のようですね。今週末には三ツ岩か久し振りに物語山にでもなんて思っていますが、桧沢も良いし、碧岩あたりも笠丸あたりもと迷ってしまいます。
motofuji
2014年04月20日 21:10
本格雪山や近くの山、両方楽しんでいますね。
意外とロープや鎖もあるんですね。
三つ葉ツツジとアカヤシオの違いは?
2014年04月20日 21:24
こんばんは。
相変わらずアクティブですね!

chiakiさんのブログを拝見して、
お山のモチベーションを上げようと思います。
このお山も結構激しそうですね。

2014年04月20日 22:35
同じ場所を同じように歩いていたはずなのに、アップされたものを拝見すると、けっこう違うので嬉しくなります。当たり前だけど、だから楽しいんですよね。写真って必ずその場にいないと撮れないし、、、。
2014年04月21日 19:08
インレッド 様

昨年は4/21に雪が降ったので、アカヤシオもイマ一つでしたが、今年は良い気がします。
この日もインレッドさんは登っていないかな?ときょろきょろしていました。
みちほさんレポで笠丸山は来週位が見頃のような。
西上州、この時期と紅葉はやっぱり良いですね。
2014年04月21日 19:11
motohuji 様

雪山かアカヤシオか?この時期は迷ってしまいます。
西上州の山は急登、岩場、鎖場、なかなか楽しめます。
アカヤシオは花びらが丸くて、ピンク色です。
ミツバツツジは花びらが細長いです。
どっちも新緑と青い空に映えて可愛いです。
2014年04月21日 19:14
hey-hey-yos 様

西上州の山は岩場、急登、やせ尾根もありますが、なかなか楽しい山です。
アカヤシオの時と紅葉の頃は綺麗です。
hey-hey-yosさん、花粉症ですか?
GWは雪山でしょうか?
昨年は上高地でニアミスでしたね。
いつかはバッタリできると良いなぁ。
2014年04月21日 19:18
山じい 様

一の岳の下でキャノンの一眼レフを、首から下げていた方の様な?気がします。
しかし健脚ですね。歩くのが早いです。
山じいさんのレポは写真のチョイスが上手です。
桜の花びらが水に散っている写真も良かったです。
2014年04月21日 23:42
chiakiさん、こんばんわ。
 
今の時期って、山の雪が無くなっちゃう!…反面、新緑の季節でもあるんですね。
 
去年は高山植物に興味を持ち始めましたが、どれも足元の花だったので、アカヤシオ、ミツバツツジの名前は聞いた事あるので、今の時期が見頃ならば興味をそそられます。
 雅ちゃんは、写真を見てアケボノツツジ?って言っていますが、いろんな種類があるんですね。

 chiakiさんはGWの行き先決まりましたか?
自分は、いまだ優柔不断のままです。。。
2014年04月22日 19:22
克 様

西上州の山、今の時期と紅葉の時はなかなか良いですよ。
小粒でも岩場、鎖場もあって楽しめますし。
アカヤシオはまさにアケボノツツジと同じようです。
私は九州の百名山でアケボノツツジを見た時に、アカヤシオだと思いました。

四連休は二泊三日で、上高地から入り、とんがった山が第一予定です。
お互いに気を付けて登りましょう。
2014年04月22日 23:04
こんばんは
アカヤシオの柔らかい感じとても好きです。
残念なことに富山周辺で見られない。。。
西上州の山行きたいけど遠い
鈴鹿の山に行こうかこちらも遠い(笑)
2014年04月22日 23:56
こちらの山は鎖場や梯子などがあって
三ツ岩岳よりもレベルが高そうですね。
ミツバツツジとアカヤシオの競演。。。
綺麗ですね~
今年はつつじ類の花付きが良さそうなので
これからはシロヤシオが楽しみです。
2014年04月23日 19:28
zen 様

この時期は西上州の山はアカヤシオ、ミツバツツジ、ヒカゲツツジが咲いて良いです。
富山からだと遠いですね。
こちらからも富山は遠いですから...。
鈴鹿セブンマウンテンも良いですが、zenさんの所からも遠いんですね。
西上州の山は年齢が上がってからでも十分登れるので、いつか遠征してこられれば良いですね。
諦めなければ、いつかは登れると思います。

2014年04月23日 19:33
mikko 様

鹿岳の一の岳、二の岳の下に梯子がありますが、気を付ければ大丈夫です。
ミツバツツジとアカヤシオは丁度見ごろでしたが、山一杯のアカヤシオはやっぱり三ツ岩岳かもしれませんね。
ピンクの可愛いアカヤシオも良いですが、清楚なシロヤシオも良いですよね。
見たい花が一杯で...。

この記事へのトラックバック