NO.3 花の楽園・五色ヶ原

2014.8/2.3(土・日)
NO.1はこちら
NO.2はこちら
8/3(日)スタート
小屋4:50 道迷いのロス40分位 平の小屋7:50-8:00 黒部ダム11:35 扇沢11:51-12:10発 薬師の湯12:25-13:25 自宅16:30頃

女性でも往復いびきが凄い人がいて...あまり眠れませんでした。まぁ、横になっているだけでも疲れはとれますからね。自炊場でコーヒーとパンで朝食。日の出の時間も遅くなりました。 
画像
4:28 外に出てみると、東の空が明るくなってきました。



画像
左の尖がりは槍ヶ岳、真ん中は薬師岳、右の尖がりは笠ヶ岳



画像
北アに向かって木道を歩きます。



画像
針の木岳方面



画像
木道は足幅が合わなくて歩きにくいです。テン場迄10分位です。



画像
テント場です。右の建物がトイレです。右下の方に水場はありました。今の時期は雪渓があるから水は豊富です。秋は枯れる事もあるかも?しれません。テントは20張り位ありました。



画像
ハクサンイチゲとイワカガミ



画像
終わり掛けの花もありますがチングルマが満開で、満足満足。



画像
お花畑をバックに大阪の方が撮ってくれました。



画像
テン場をバックに



画像
5:08 ナナカマドの白い花に日があたってきました。日の出は毎回ドキドキしますね。




画像
ミネズオウ



画像
薬師岳に日があたってきました。薬師岳も又行きたいなぁ。



画像
振り返ると鳶山と小屋とお花畑



画像
鷲山



画像
チングルマ



画像
チングルマ



画像
チングルマの穂 水滴が付いています。



画像
イワハゼ



画像
6:36 樹林帯に入りました。この辺りまでは良かったんです。



6:55 右下に赤テープがあって河原まで下ってしまいました。
こんな急な道は登山道なの?と思いつつ下まで。
地図を見直して川と水平な道を行くはずだ!と又急な道を登り上げました。
足場も無いような岩の上り下りで靴は傷に...。7:35 ロスタイム40分位 
一気に疲れました。髪は汗びっしょり。
あのテープは多分釣り人が付けたのでは?と思いながら平の小屋まで歩きました。ちょっと自信がなくなりました。
大概は間違わないので大丈夫です。父の死と加齢のせいか?集中力がイマイチで本調子ではありません。
こういう時は仲間の山行に、加わるのが賢明ですね。



画像
クガイソウ



画像
ヨツバヒヨドリ



画像
フジアザミ



画像
ヤマアジサイと樹林帯の道 誰ともすれ違がわないので、静かで良いです。



画像
平の小屋 小屋の人がいたので事情を話しましたら、どうやら他にも同じ場所で下ってしまう人がいるようです。『ここから20分位の所よね。』とすぐ分かりました。小屋のご主人がすぐにテープを取りに行ってくれました。



画像
平の渡し場 黒部ダムの方へ向かいます。



画像
ホタルブクロ



画像
丸太の橋を渡ります。



画像
良く踏まれた道ですが平坦で長く感じられます。



画像
丸太の梯子



画像
長い梯子が見えます。



画像
遊覧船のガルベが水しぶきを上げています。



画像
丸太の橋を渡ります。濡れていると滑りそうですが、手すりがあるので安心です。



画像
コキンレイカ(ハクサンオミナエシ)とオオバギボウシ



画像
木の茂みの中にロッジくろよんがやっと見えて、あ~良かったと思いましたが、ここからが長かった。



画像
タマガワホトトギス



画像
10:26 又丸太の橋を渡ります。



画像
シャジン



画像
枯れ木が集まって丸くなっています。



テン泊の男性二人とすれ違い、『ロッジくろよん迄どれ位ですか?』『あと20分位かな。』
少し歩くと虫取り網とかごを持った小学生がやって来ました。又同じ質問をしてみました。『もうすぐですよ!』っ事は5分位か?やっぱり同じ答えで20分位との事。



画像
10:53 平坦な道を回り込むから遠い遠い。あ~まだかな?



画像
10:58 梯子を下り河原に降りました。テン泊の男性二人、丸太の橋を渡り向こう岸へ。



画像
シナノナデシコ 沢山咲いていました。



画像
これはなんでしょう?



画像
11:07 ロッジくろよんに到着しましたが、休まずに歩きます。



画像
11:18 やっと見えました。ガルベの船乗り場 観光客とすれ違います。



画像
ここからまだ黒部ダム迄歩きます。



画像
11:30 水しぶきが上がって、今日も迫力があります。デカザックの人から観光客まで、混んでいます。


後はトンネルの中を歩いて、出発寸前の11:35分に乗れました。扇沢駅前でウエアのテントブースをちょっとみました。買うものはなかったです。


画像
大町温泉郷の薬師の湯12:25-13:25物味湯産手形1300円 温泉に入る前にまずは牛乳(松田牛乳)を飲みました。懐かしいですね、小学生の頃はビンでした。(年代が分かりますね)

下道で約3時間、無事に帰り着きました。五色ヶ原は秋にも行ってみたいと思いました。そして薬師岳の方への縦走もしてみたいと思いました。
今年は無理ぜずに登ろうと思います。

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

2014年08月09日 23:11
chiakiさん、おはようございます。
自分も五色ヶ原は行った事がないので、何処から見ても平らな大地が印象に残っていて、気持ちの良さそうなテント場なんですね。

 お風呂があるってのも引かれます。
同じ日にちょっと湖をまたいだ稜線にいましたが、ほとんどハクサンイチゲが咲いていなかったので、その差にビックリしています。

 ホント、花の楽園って感じがぴったりなところですね。
自分も燃える様な錦秋の秋に行ってみたくなりました♪
2014年08月10日 05:28
克 様

五色ヶ原のテント場は良さそうでしたよ。
お二人なら健脚だし、体力もあるので余裕で歩けますよ。
私は体力がかなり落ちていて、お二人の重量よりずっと軽いんですが、テント泊装備で歩けるか?

この小屋はお風呂があるのは良かったです。
花も沢山咲いていて良かったですが、秋も良いと思います。
ぺん妻
2014年08月11日 18:47
五色は通過地点としてしまうことが多くて、泊まったのは一回しか無いのですが、お花がたくさんでいいですよね♪五色から平に降りるの、確かに下部が判りにくいです。釣りの方用なんでしょうね。平の小屋は大好きなのですが、あの湖の縁歩きは長いですよね!特にロッジくろよんが見えてからが本当に長くてウンザリします!でも人が少ないのが救いかな^^;早く気力が戻られるといいですね!私は気力はあるのですが、今年はまだ体が回復しなさそうで軽いとこオンリーで我慢してます・・。
2014年08月11日 19:24
ぺん妻 様

五色ヶ原は初めてでしたが花が多くて良かったです。
昨年、岐阜のOさんをザラ峠あたりで颯爽と追い越して行かれたそうで...。
ふと見た視線の先にテープがあったんです。
迷う所はないって情報だったんですが...ね。
ロッジくろよんが見えてからは長かったです。
人が少ないのは良かったです。
すれ違った人は3人だけでした。
ぺん妻さん、残業の復活されたそうで、頑張り屋さんなので無理をなさらないでくださいね。
2014年08月11日 20:10
今晩は。
ここは遠くから眺めるだけでまだ行った事がありませんが、さすがに花がイッパイですね。平ノ小屋からダムまでの道も結構険しいようで、大変でしたね。私は本物の台風に孫台風が次々と襲って来て、ちよっと山は休みです。
ミヱ
2014年08月12日 04:34
女性ながら、タフさに敬服、羨ましい限りというわけでフワァンになり、読ませてもらってます。写真もとてもグッド。頑張って欲しいのは、文の書き方。これが残念でー。
2014年08月12日 18:53
インレッド 様

花、花、花の楽園でした。
メジャーな所は混んでいますが、比較的静かで良かったです。
お風呂もあって汗が流せて良かったです。
平の小屋からロッジくろよん迄は、回り込むから長く感じられました。
梯子が何ヶ所かと、河原の丸太橋を渡るのが3ヶ所位ありました。
私が下ってしまった所以外は、道は良く踏まれています。
お盆はお孫さんがやってくると賑やかですね。
2014年08月12日 18:56
ミヱ 様

初めまして。
文章は簡単に適当に書いてアップしているので、分かりにくいところもあるでしょうし、下手でごめんなさい。
気長にお付き合いくださいませ。
コメントをありがとうございました。
2014年09月07日 13:20
積雪期用目印テープ(赤が多し 高さは2mぐらい)は本来の登山道からはずれることがありますが やがてコースに戻ってくれます 自分たちの仲間用に貼り付けた目印テープは 外さないといけません お一人での判断 貴重です 
2014年09月07日 13:43
shigeyuki 様

ずっと踏み跡があって迷う所はなかったのですが、なぜか一ヶ所だけ右下に向かう方向にあったので、下ってしまいました。
何事も起らずに登り上げられたので、良かったと思いました。
一人だと気を付けないと...と思いました。
コメントをありがとうございます。