NO.1 硫黄岳&天狗岳

2014.10/18、19(土・日)往復128.2キロ

10/18(土)自宅5:40 みどり池駐車場7:00-7:10発 しらびそ小屋8:25 本沢温泉テント場9:30 テント場10:30 硫黄岳12:05-12:30 小屋13:25

10/19(日)本沢温泉小屋5:30 天狗岳6:55-7:10発 分岐7:20-7:30初 小屋8:00-テント場8:10発 しらびそ小屋9:00-9:15 みどり池駐車場9:55-10:10 八峰の湯10:30-11:30 自宅12:40

今週も天気は良さそう、仙丈小屋泊まりで仙塩を歩いて野呂川に下ろうか?と思って岐阜のOさん、東京Oさんを誘ってみたが、仕事だったり四国の山に行くとかで。バスの乗り継ぎもちょっと面倒だし繰り越ししよう。まだテント泊もできそうだしなぁ。そして自宅から八ヶ岳の一番近い登山口から本沢温泉にテント泊に決定。

画像
6:50 登山口に向かう途中で見えました。真ん中に天狗岳、右の四角いのが稲子岳 


画像
駐車場には15、6台止まっていました。ゲートを越えて進みます。


画像
1、2分で右に入る道があります。


画像
落葉松林の中を登って行きます。


画像
8:00 頑張って40分の看板 でもそんなにかからないです。下って来る人5、6人とすれ違いました。ソロの女性はしらびそ小屋泊まりで、厚切りトーストを食べて美味しかったと嬉しそうに話してくれました。


画像
木のベンチもあります。


画像
平らで歩き易い道になって小屋はもうすぐ。


画像
8:25 しらびそ小屋に到着 誰もいなくて静かで湖面と山を眺めながら休憩。小屋の温度計は4度を指していました。


画像
水面に稲子岳が写っています。


画像
こちらは天狗岳


画像
道は平らで歩き易く、しらびその林を歩きます。


画像
小屋から分岐まで2、3分です。


画像
聞こえるのは川の流れる音のみ


画像
霜が降りて木道は滑りやすくなっていました。苔も緑色から黄色に色付いています。


樹林帯の中を緩やかに登って、今度は一気に下ると、
画像
9:25 分岐になりました。平そして平らな道をほんの少し歩くとテント場がありました。


画像
9:35 まずはテントの受付に小屋に向かいました。、一人600円でした。今日は山神祭の為に小屋の予約は100人との事で、テントの人は内湯は遠慮して下さいとの事でした。


画像
小屋の周りの紅葉は大分終わっていますが、残っている葉が綺麗です。


画像
小屋の水場です。テント場のすぐ近くにも水場はありますがそこの水は要煮沸です。


画像
10:30 テントを設営して少し休んだし、合羽等をサブザックに入れて、硫黄岳に行ってきます。綺麗な紅葉。


画像
小屋を過ぎて少し歩くと、野天風呂もすぐ下にあります。真冬の1月中旬に入った事がありますが、冷凍庫の中の様な寒さの中での着替えとぬるいお湯で、風邪をひいてしまった記憶があります。


少し歩いて行くと野天風呂が眼下に見えました。誰も入っていませんでした。


画像
樹林帯の中を登って行きます。


画像
霜柱もありました。大分冷え込んだんですね。


画像
11:15 やまびこ荘で行動色を食べて休憩。Kツーリズム御一行様が休憩をしていました。帰りには小屋の中から声が聞こえたので、宿泊者もいるみたいでした。


画像
大分上がってきてやまびこ荘が小さく見えました。風が冷たいです。


画像
右奥の平らな所が硫黄岳です。ケルンが見えました。常念岳の登りの様な平らな石がゴロゴロあります。


画像
登って行く登山者も見えます。


画像
雪が降ったんですね。融けずに残っていました。寒いはずですね。


画像
爆礫火口です。


画像
12:05 頂上に到着 ネックウォーマーとか毛糸の帽子や手袋は必需品になりました。


画像
逆光ですが赤岳、中岳、阿弥陀岳


画像
双耳峰の天狗岳、その後ろに蓼科山


画像
12:30 頂上は石がゴロゴロで広いです。風が冷たいのでフリースも着て休んでいました。さてそろそろ下ります。


画像
峰の松目 右下にオーレン小屋が見えました。


画像
転ばない様に気を付けて下ります。遠くに茅野市でしょうか?町並みが見えました。


画像
野天風呂 何人か入っていました。


画像
向こうの斜面の落葉松の黄葉


画像
13:25 小屋に戻って来ました。外トイレは二つあります。天狗岳の登山口の白砂新道も外トイレの所から登ります。テント場からは5分位かかります。


画像
山神祭の準備が整っていました。濁り酒が振る舞われたそうです。


画像
上の段のテント場、平らで広いです。この奥にも広い場所がありました。


画像
私は上があるとは知らずに下の看板の間向かいの平らな所に張りました。


画像
3時過ぎ、陽射しは大分弱くなってきましたが、見上げると黄葉が綺麗でした。バスの関係かまだまだ登山者が登って来ました。テントは14、5張りになったようです。もう大分寒くなってきたからテント泊の人も少なくなりました。日の暮れも早くなりました。NO.2はこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

2014年10月21日 23:23
こんばんは。

アクティブですね!
テント泊したいしたいと思っていますが、
中々行けてません。
紅葉シーズンも終わっちゃいますね・・・。
行かないと!
モチベーションあがりました。
ありがとうございます。
2014年10月22日 06:50
hey-hey-yos 様

紅葉も標高が低い所まで徐々に降りてきていますね。
今の所一週間位早いような気がします。
落葉松の紅葉はまだこれからも楽しめそうですね。
hey-hey-yosさんのテント泊山行を楽しみにしているので...
今週末も天気は大丈夫みたいですね。
2014年10月22日 12:52
こちらのコースは歩いた事がないのでいつか歩いてみたいと思っています。
コースも気になるのですが・・・
女子としては(笑!
可愛らしいしらびそ小屋が気になります。
青い空に紅葉が映えて綺麗ですね~
2014年10月22日 20:57
mikko 様

私もしらびそ小屋に泊って見たいと、ずっと思っているのですが...泊まらずに下れてしまう場所なので、チャンスがなくて。
でもいつかはしらびそ小屋に泊って、厚切りトーストが食べてみたいです。
やっぱり紅葉は青い空が似合いますね。
2014年10月22日 21:22
今晩は。
2年ほど前の9月に同じコースをピストンしましたが、露天風呂には、入るため待つ人が行列で、結局入らずに帰りましたが、今頃は入る人も居ないんですね。
2014年10月22日 21:45
インレッド 様

硫黄岳に登って下ってきたら、60代の女性が野天風呂に数人入っているのが、上から見えました。
男性は入りやすいですが、寒くなってきたし、お湯はぬるいから夏場より入る人は少ないのかも知れませんね。
下界も大分冷え込むようになってきましたね。