NO.2 硫黄岳&天狗岳

10/19(日)本沢温泉小屋5:30 天狗岳6:55-7:10発 分岐7:20-7:30初 小屋8:00-テント場8:10発 しらびそ小屋9:00-9:15 みどり池駐車場9:55-10:10 八峰の湯10:30-11:30 自宅12:40

八峰の湯の割引券はこちら
500円→400円です。

10/18(土)のNO.1の硫黄岳はこちら

夜は木々の間から星が煌めき、風は無く静かな夜でした。川の流れる音が聞こえていました。ホカロンを足に一個ずつ、お腹に1個入れて寝ましたが、大天井岳の時より季節は進み、大分寒くなりました。テントを撤収してザックをデポして、簡易ザックで登ります。
画像
テント場から小屋に来たら東の空が赤くなっていました。


小屋の外トイレの所から白砂新道は始まります。樹林帯を歩き沢を何度か渡ります。
5:55分頃に樹林帯の間から空が真っ赤になり、日が登るのが見えました。


画像
6:20分過ぎに空を見上げると、ダケカンバの白い幹が青い空にクッキリと綺麗でした。やっぱり荷物が軽いとらくだなぁと思いながら歩きました。


画像
6:35 分岐に登り上げました。


画像
西天狗と東天狗が見えました。


画像
分岐で石に腰かけて休憩、御嶽山の噴煙が見えました。御嶽山を見ると心が痛みます。


画像
稲子岳と落葉松の黄葉


画像
岩場を登り上げて緑色の橋を渡れば東天狗です。


画像
6:55 東天狗の頂上です。


黒百合ヒュッテでテント泊した女性が言うには小屋はフルートコンサートで混んでいたそうで、テントは20近くあったそうです。女性は西天狗に向かっていきました。時間が早いので私だけの貸切りになり、その後に2人の男性がやってきて、根石岳に縦走して行きました。


画像
北アルプスの山並み 槍ヶ岳と大キレットの深く切れ落ちている所も良く見えました。立山や白馬岳のあたりは積雪があったようで真っ白でした。


画像
蓼科山


画像
浅間山


画像
赤岳~阿弥陀岳 南アルプスも見えています。


画像
双耳峰の天狗岳


画像
硫黄岳の爆礫火口が迫力満点、分岐まで下ります。


画像
中央アルプスも見えて右端は御嶽山です。


画像
根石岳


画像
7:30 30代の女性が縦走して行きます。私は分岐から元来た道を戻ります。


画像
樹林帯を下ります。天狗岳には渋の湯からか、麦草峠から登っていたので、白砂新道は初めてでした。数人の登山者が登って行きました。


画像
沢を何回か横ぎります。テープが付いているので迷う事はありません。


画像
外トイレの所の紅葉、落葉松の黄葉


画像
石楠花の湯は今は閉鎖でした。


画像
8:10 テントはほとんど撤収して、3張りあっただけでした。テント場を後に元来た道を戻ります。


画像
みどり池方面に登り上げます。直進をすると本沢ゲートに行きます。


画像
登りはつらいなぁ...と思って歩いていると、登山者数人とすれ違いました。


画像
平らで歩き易い道になり、ソロテンの女性とすれ違いました。


画像
樹林帯の中の丸太の橋を渡ったり


画像
霜が降りた木道を歩いて行くと、水たまりは凍っていました。


画像
しらびそ小屋で休憩 野天風呂に入っていた年配の女性グループが賑やかにしゃべっていました。りすの看板が可愛いです。


画像
しらびそ小屋のテント場を偵察 ここのテント場でゆっくりするのも良さそうです。下ってしまえる距離なのでなかなかチャンスがありませんが。


画像
この辺りは葉っぱは落ちていました。


画像
怪獣の様な木 数人の登山者とすれ違っただけで、静かで良いです。


画像
平らで歩き易い道になり、落葉松の黄葉で黄色い光に包まれます。


画像
そして橋を渡れば駐車場です。駐車場は満杯、道路脇にも数台止まっていて、30台位ありました。


画像
稲子湯の周りの紅葉が綺麗でした。途中の道路脇の紅葉も丁度見頃でした。間真っ赤なモミジが綺麗でした。


画像
八峰の湯から見えた八ヶ岳

自宅に戻り、母が法事に履いて行く靴がないと言うので、二週続けて軽井沢のアウトレットに行きました。
そして休みの日はあっと言う間に終わりました。

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ぺんぎん妻
2014年10月23日 21:18
2日間気持ちのいい快晴でしたね!
このルート行くのは最近は冬季ばかりなので、冬季通行止の白砂新道はすっかりご無沙汰です。静かなルートですよね。
稲子湯付近の紅葉がとてもきれいです♪
天狗も硫黄も眺望がよくて大好きですが、いつも人が多いので、貸し切りになったなんていいですね~。
もう、高山は冬、ですね。
2014年10月24日 18:09
ぺん妻 様

いつもコメントをありがとうございます。
私も八ヶ岳は冬がほとんどなんですが、冬は運転手&同行者がいないと行けないので...。
求む同行者!!!です。

渋の湯からは賑やかですからね。
静かで良かったです。
稲子湯の辺りの紅葉が丁度見頃でした。
朝早かったせいか、天狗岳は貸切でした。
本当に大分寒くなりましたね。

裏岩菅~烏帽子だったんですね。
私もそういうルートを歩きたいのですが、同行者がいないので...。
二日目は紅葉が丁度見頃で良かったですね。
写真で楽しませて頂きました。
tekuteku姐さんの文章が面白いのがありましたね。(笑!)
本当に下の廊下の様ですね。
再びぺん妻
2014年10月24日 18:37
こちらこそ、いつもご丁寧に返答下さってありがとうございます!
私たちでよろしければいつでもご同行しますので、お気軽に仰って下さいませ~。といっても、私は手術以来まだ重量装備が持てないので、テントは持てないですし、今年の雪山も行けるかどうかというところですが。冬山装備は重いし、寒いと手術したとこが痛むみたいですし(>_<)
2014年10月24日 20:20
ぺん妻 様

足手まといにならなければ良いですが。
お二人はとにかく早いし、特にぺん妻さんは脚力バッチリだから、姐さんとぺん妻さんには早くてついて行けない...(とほほ...)。
傷口は痛いみたいですね。
父(亡くなってしまったけれど)は脳動脈瘤の手術をしたんですが、風もしみるとか言っていました。
若いからこれからもまだまだ歩けるから、今年は無理せずに細く長く楽しめる方が良いかも。
いつもコース設定、天気読みもさすがなので、これからも参考にさせて頂きます。
2014年10月26日 23:04
chiakiさん、こんばんわ。

9月からは、毎週末天気が良かったので、chiakiさんもいろいろ行かれてますね♪
 レポが追いつかないくらい、山行きを更新していて、山域も東北、北ア、南ア、八ヶ岳ってバラエティに富んでいて幅の広さを感じます!

自分も19日は同じ様な澄んだ北アルプスや御嶽山を眺めていました。

 今週末は天気と相談して、おそらく年内最後のテント泊をと、いろいろ模索しています♪
2014年10月27日 18:20
克 様

コメントをありがとうございます。
一昨日も御嶽山の噴煙が見えて、本当に悲しい出来事で心が痛みます。

9月から天気に恵まれて、山に行けて良かったです。
紅葉も大分楽しめたし...そろそろ西上州の紅葉も良さそうですし。
大ナゲシ、赤岩尾根、私も何年か前に2度行きました。
楽しかったので又行きたいと思っていますが、チャンス無し。
レポを楽しみにしています。

連休、天気が良ければ良いですね。
テント泊レポも楽しみにしています。