NO.1GW・常念岳~蝶ヶ岳

2015.5/2、3(土・日) 往復230.5キロ
自宅5:00 一ノ沢駐車場7:45 登山口8:10発 常念小屋12:10  
三才山トンネル460×2 松本トンネル100×2
メンバー 岐阜のOさん chiaki

上の駐車場は満車、下の駐車場は10台位止まっていました。

画像
テント泊の男性二人、デカザックです。駐車場から車道を10分位歩いて登山口迄進みます。この車道歩きでバテそうです。



画像
登山届を出して、出発します。遭対協の方が今の所80名位が登って行ったそうです。登山口にトイレは有ります。



画像
樹林帯の登りになります。



画像
山の神に10分位で到着、登山の安全を祈って登ります。



画像
8:50 雪がでてきましたが、アイゼンは要らないです。



画像
今日は夏シャツ1枚だけですが、暑くて汗がでます。



画像
川を渡ります。



画像
10時過ぎ、雪渓がでてきました。



画像
先行している方が多いのでトレースもバッチリあります。



画像
私達はアイゼンはまだ付けていません。Oさん早いです、ここからどんどん追い抜いて行きます。私は写真を撮りながらゆっくり歩きます。



画像
デカザックのテン泊装備の男性二人が登って行きます。ここでアイゼンを付けました。ほとんどの方がここで付けていました。



野辺山と山梨の年輩のテン泊男性二人組とタクシーの乗り合わせの約束成立。山梨の男性は登りが得意らしく、既に上に行ってしまったそうです。私はサングラスを忘れてしまいました。今年は低山ばかりでうっかりしてしまいました。



画像
そしてここから先が急な登りなので、ピッケルを手に持ちました。



画像
11時半過ぎに最後の急登がやってきました。ステップは有りますし歩きやすいです。



画像
振り返ります。斜度はあります。GWに二回ほど下りましたが、距離は短いですが要注意です。



画像
白樺が見えてきて、もうすぐ乗越に着きそうです。雪の照り返しで日焼けが心配です。



画像
小屋の方によって雪きりがしてあります。ジグザグに登れば小屋が見えてきます。



画像
常念岳



画像
振り返ると女性二人が登って来ます。一人の方は71才だそうです。



画像
12:10 乗越に到着、赤い屋根の小屋と槍ヶ岳が見えます。



画像
横通岳



画像
今年は槍ヶ岳も雪が少ないです。登山者の方が言うには6月位の感じだそうです。



喉が渇いたので飲み物を飲んで、小屋前のベンチでお昼を食べました。



画像
パラグライダーが数台飛んでいました。写真で分かるかな?



画像
小屋の入口 雪はいつもより少ないです。



小屋は素泊まり6800円、お湯は使い放題でお茶は飲み放題です。
一階の16号室で私とOさんの二人だけでした。
最終的に小屋は100人位、テントは50弱だったようです。



画像
2時前の槍ヶ岳



岐阜のOさんは横通岳迄行ってくると言うので、私はテント場の丸太に腰かけて景色を眺めていました。
静かで風も無くて暖かいので、見飽きません。陽射しが強くて顔が痛くなってきました。



画像
テント場も雪は全くないです。



画像
蝶からやってくる人や常念岳の頂上への往復の人もいます。



画像
3時前のテント場 テント泊の方が次から次へとやってきます。



画像
横通岳に近い方のテント場も一杯です。
翌朝のテント泊の方の話では、風も無くて暖かな夜だったそうです。



夕方6時過ぎに部屋から日が沈むのを見ましたが、雲が多かったです。
食事は2回転だったようです。



画像
白い山は北穂高岳 槍ヶ岳を眺めている登山者 
蝶ヶ岳へのNO.2はこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

2015年05月05日 20:02
凄い!
格好良い~!

羨ましいです!
良いですね。
2015年05月05日 20:34
hey-hey-yos 様

いつもコメントをありがとうございます。

Oさんが横通岳迄行ってくる間、風も無くて暖かったので外で景色をずっと眺めていましたが、飽きないですね~。
太陽の光によって山肌の色が変わって行くのを見ているだけでも、楽しかったです。
テント泊の方も夜も風も無くて暖かい夜で良かったとおっしゃっていました。
GWにこんなに雪が無いのは珍しかったようです。

この記事へのトラックバック