NO.2 読売新道

2015/9/20(日)
烏帽子のテント場5:40 野口五郎岳8:50 水晶小屋11:30

NO.1のブナ立尾根から烏帽子小屋まではこちら

昨夜は風も無くて静かな夜でした。
大阪の女性グループは朝の3時から、昨夜に続き賑やかな声でしゃべって、まわりの方達への気遣いは全くなし。きちんとした山岳会なら注意されます。
私の隣りのソロの男性は4時頃に静かに出発して行きました。
三俣山荘や雲の平のテント場迄行かれる方は、早くにヘッドランプを付けて登って行くのが見えました。

セブンイレブンのお一人様のお惣菜シリーズのかぼちゃサラダ、雑炊、コーヒーで朝食。
テントは北岳の時はサラサラでしたが、今日は少しフライの中が結露しました。

画像
5:42 見える山は唐沢岳、餓鬼岳 雲が多かったのですが日は昇りました。



画像
まずは三ツ岳へ向けて歩き出します。今日は小屋泊まりで、テント場争奪戦はないので気が楽です。ゆっくり出発、のんびり行こうと思います。



画像
唐沢岳、餓鬼岳~燕岳 思ったより雲が多いです。



画像
眼下に高瀬ダムが見えます。タクシーも見えたので、今日も登山者が登っている事でしょう。



クロマメノキの実が沢山なっているので、つまみながら歩きました。



画像
コンデジなのでイマイチですが、三ツ岳の斜面の赤が綺麗でした。



画像
歩いてきた稜線を振り返ります。左の方に立山、剱岳。



画像
6時半前に槍ヶ岳が見えました。



画像
三ツ岳手前の三角点



画像
明日登る赤牛岳が真正面に見えます。奥は薬師岳。
足長な影が写っています。



画像
左の方に立山、剱岳、右奥に双耳峰の鹿島槍まで見えました。



画像
真中に雲の平、小屋まで見えました。



画像
6:50 そして今回の目的の一つ、三ツ岳の頂上。前回はピークを踏まなかったので...。
ちょっと分かりにくいけれど、薄く踏み跡があります。
高山植物を踏まない様にお願いします。



画像
7:00 前はお花畑コースを二回歩いたので、今日は三ツ岳西峰のピークを踏んで行きます。



画像
水晶岳



画像
赤牛岳、奥は薬師岳



画像
7:10 三ツ岳西峰 頂上看板は無し、



画像
表銀座は混んでいるでしょうが、こちらは比較的空いていて快適な稜線歩きです。



画像
振り返り、三ツ岳です。



画像
青い空と稜線、最高です。



画像
岩場を通過すれば....。



画像
8:30 野口五郎の小屋です。



画像
8:40 ここを登れば展望開ける次のピークへ。デカザックのテント泊の30代の女性二人が凄い勢いで歩いて行きました。三俣山荘まで行くそうです。



画像
8:50 野口五郎岳の頂上です。お湯を沸かして飲みもので休憩。今日は小屋泊まりなので、気分的に楽です。



画像
鷲羽岳



画像
水晶岳



落ち着いた感じの裏銀座の景色も好きです。
シャツ一枚でも寒く無くて、快適に歩けます。
陽射しが強くて、顔が真っ赤に焼けている男性の方も多いです。



画像
水晶岳 池塘の辺りも紅葉が見頃



画像
槍ヶ岳を見ながら砂礫地を下ります。



画像
振り返ります、下りは早いです。



画像
目いっぱいズーム、紅葉が綺麗。



画像
野口五郎岳が大分後ろになりました。



画像
同じ写真を何枚もですが、赤牛岳、そして読売新道、眼下の紅葉、言う事なしです。



9:40、竹村新道との分岐を通過、湯俣の温泉も良かったです。
静かな登山道で又行きたいです。



画像
槍ヶ岳



画像
鷲羽岳を眺めながら



画像
野口五郎岳と紅葉



画像
岩場を超えて水晶小屋を目指します。



画像
下ってあの尾根を登り上げます。



画像
可愛い石仏が登山の安全を祈ってくれているようです。



画像
10:40 東沢乗越で休憩。今日は急ぐ旅ではありませんから...。




画像
11:20 あとひと登りです。小屋が見えています。夏の暑さとは違いますが、陽射しが強いです。ここの登りが意外とキツイのです。夏はお花畑になります。



画像
ウラシマツツジの紅葉と野口五郎岳



画像
11:30 水晶小屋に到着。並んで受付。飲み物が飛ぶように売れて、売り切れ続出。素泊まり5500円支払い 水は1L400円です。



小屋の方に明日は読売新道を下る方はいますか?と聞いたら沢山いますよ、との返答。
あ~良かった、最近は読売新道を歩く方が多くなったそうです。



画像
小屋の様子です。東京の板橋からのソロの女性と山の話で盛り上がって、楽しかったです。
一枚の布団に2人か2枚の布団に5人位と言っていました。
小屋が狭いので、ザックは引っ掛ける所にかけるか、外にブルーシートを掛けて保管のどちらかです。



画像
外のベンチで水晶岳を眺めながら過ごします。大学生のワンゲル部のデカザックの男女が三俣山荘へ向かって行きました。



画像
野口五郎岳



画像
5時過ぎ 雲海の浮かぶ槍ヶ岳



画像
小屋泊客が多くて『テントでの協力を...』と言われた方達のテント 東京のS田さんご家族もテントでした。



画像
5時半過ぎ ブロッケン現象が見えました。



画像
雲海に浮かぶ野口五郎岳 一日で姿を何度も変えますね。



夕方6時ちょっと前、小屋の方に私もテントでの協力をお願いします、との要請がありました。
ハイ、良いですよ、と小屋の前に設置。3000円キャッシュバックがあり、テント代2500円でした。
ここはテント場は無いので、とても貴重な経験です。
小屋の食事はカレー、私もキーマカレーを食べました。

小屋をのぞいたら、土間迄ブルーシートを敷いて一杯でした。
(土間は3500円だったそうです。)

画像
18:20 マイテントと小屋と水晶岳

夜はテントの中から星空が、北斗七星、あれはさそり座かな?
昨日は寒さは無かったですが、今日は少し寒いです。
トイレが外なので夜中もトイレに行く人の足音はしていましたが、ロケーションバッチリな一等地なので仕方がないですね。続きのNO.3はこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

HIRO
2015年09月26日 22:42
読売新道でお世話になった加藤です。
すごい登山記録ですね。感心いたしました。
私ももっと足蹴に山に通い足腰を鍛えないといけませんね。
昨日母の体調が悪くなり急遽入院しました。
縦走中でなくてホッとしています。
しばらく私は大人しくする予定ですが、次はどこの山に行かれるのかな?記録楽しみにしてますね。
リラックマ山岳隊
2015年09月27日 12:54
初めてコメントします。
広島のリラックマ山岳隊です。

SWの山・・・天候に恵まれて素敵な山旅に
       なって良かったですね!

リラックマ山岳隊は、昨年8月、盆前の台風が
去った後、奥黒部ヒュッテ~赤牛岳~水晶岳に
チャレンジしました。豪雨の読売新道を6時間かけて
赤牛岳に登り、稜線に出てからは秒速30mの
暴風に煽られ、吹き飛ばされたり猛烈な睡魔に
襲われたり(低体温症)しながら11時間かけて
水晶小屋に辿り着きました。

稜線上の大きな岩陰で濡れた衣服を着替え、
レインウエアの下にダウンジャケットを着込み、
チョコレート2枚食べてポカリを一口飲んだら
睡魔が去ってくれて大事には至りませんでした。

水晶小屋は7~8人の泊まり客でゆったり・・・
薄味のカレーライスに癒されました!
次の日も暴風雨。鷲羽岳を諦め、笠が岳を断念し
双六小屋から鏡平に降りました・・・

平の渡しでは、犬の「桃ちゃん」に、ザックに
着けてたリラックマを齧られ格闘した記憶が・・・

天気の良い日にまた行ってみたくなりました!
2015年09月27日 16:02
HIRO 様

こちらこそ、いろいろお世話になり、ありがとうございました。
HIROさんのブログは写真が素敵で、それだけで素晴らしいと思います。
HIROさん、一眼を首から下げて、健脚ですよ~。

お母様、心配ですね、お大事に...。

時季的にもうアルプスには入れなくなりますね、アルプスのシーズンは本当にあっという間ですね。
10月は東北の山、会津の山、岐阜県の山が入っています。
たいしたブログではありませんが、お暇があったら覗いてみて頂ければ、嬉しいです。
コメントをありがとうございました。
2015年09月27日 16:09
リラックマ山岳隊 様

hey-hey-yosさんとこにコメントをされている方ですね。
豪雨の読売新道を登られたのですね、凄い体力、精神力ですね。
御無事で何よりです。
広島からの遠征だと登山口までの移動も大変ですね。

SW、天気が良くて怪我なく下れて良かったです。
紅葉が綺麗だったので、秋もおすすめです。
赤牛岳、眺めて良し、登って良しでした。
コメントをありがとうございました。
ぴょんたん
2015年09月27日 23:09
水晶小屋のテント泊は貴重ですね^^!
我が家の歩いたところからも水晶岳がきれいに見えていましたよー^^!
GRI
2015年09月28日 08:33
う~ん、やっぱ想像以上に素晴らしい稜線ですね。
山座同定は苦手だけど、chiakiさんの記事がカンペ
になるし・・・ これは是非行かねば (^^ゞ
野口五郎池? の周りの紅葉、きれいですね~!
下まで下りらんないのかな? あ、でも、また登り
返しがあるか (^_^;)
2015年09月28日 18:23
ぴょんたん 様

コメントをありがとうございます。

そうなんです、水晶小屋でテント泊になるとは、思ってもいなかったです。
二度とないような貴重な経験でした。
小屋が小さいから混んじゃって、土間まで一杯には驚きました。
ぴょんたんファミリーは黒部五郎岳だったのですか。
何処に入られているのかな?バッタリしないかな?なんて思っていました。
のんのん、可愛いから声かけられて羨ましい...。
又のバッタリに期待したいと思います。
SW、天気に恵まれて良かったですよね。
2015年09月28日 18:28
GRI 様

コメントをありがとうございます。
裏銀座の落ち着いた雰囲気も良いですので、是非とも歩いてみては...。
池塘の周りの紅葉が綺麗で、近くに行ってみたいなぁなんて私も思いましたが、残念ながら登山道がないので降りられないのです。
上から眺めるだけで我慢でしたが、とっても綺麗でしたよ。
昨年の紅葉も綺麗でしたが、今年はそれ以上かな~。