NO.3 読売新道

2015.9/21(水・祝)
水晶小屋5:00 水晶岳5:30 赤牛岳8:50-9:15 奥黒部ヒュッテ13:35

NO.1のブナ立尾根から烏帽子小屋まではこちら
NO.2の烏帽子小屋から水晶小屋まではこちら

さてSWも3日め、赤牛岳、そして歩きたかった読売新道の始まりです。

4時頃から出発して行く登山者や、トイレに並ぶ列もできて、テントも早めに撤収。
谷底から上がってくるガスでフライもびっしょり、アンダーシートも泥が着いて重たくなりました。
少し風が吹いているので、飛ばされない様に手早く撤収、無事にザックに収まりました。
ヘッデンを付けてゆっくり歩きます。

画像
だんだん明るくなってきて、ヘッドランプもいらなくなりました。
岩場を超えたりして、梯子を登ります。



画像
5時半 東の空が赤くなってきました。風が冷たいので一枚シャツを羽織り、日の出を待ちます。



画像
二度目の水晶岳の頂上



画像
5:38 日が登りました。



画像
槍、穂高の眺めも良いです。



画像
雲海に浮かぶ黒部五郎岳



画像
6時 薬師岳を左手に見ながら、石ゴロゴロの道を下って赤牛岳へ向かいます。



画像
石に付いたペイントマークの目印を確認しながら進みます。前の方は赤牛岳に行って水晶に戻る方です。
浮石に気を付けて歩きます。



画像
水晶岳と草紅葉の黄色が綺麗



画像
危ないから止まって振り返ると、笠ヶ岳が見えていました。



画像
白砂が美しい赤牛岳への稜線



画像
6:30 温泉沢の頭 高天原温泉から登ってくる道との分岐。途中で赤い屋根の高天原の小屋が見えました。秘湯の温泉、又行きたいなぁ~。



画像
チングルマも紅葉していて綺麗です。



画像
伸びやかな稜線が美しい、赤牛岳へ向かいます。



途中で愛知から見えたHIROさんが同工程という事を知り、七倉山荘までのタクシーの乗り合わせをお願いしました。
HIROさんは一眼を首から下げての素敵な写真を撮っていました。
HIROさんのブログはこちらから



画像
さっきの石ゴロゴロを過ぎると、歩きやすい砂の道になりました。



画像
あの先が頂上でしょうか。



画像
振り返ると稜線の間に槍ヶ岳が見えました。



画像
紅葉と槍ヶ岳



画像
石ゴロゴロの道を登ります。



画像
小屋をでてから3時間、ここはガスがでたら迷いやすい場所です。
石のペイントマークを見ながら登ります。



画像
昨日はくっきり見えていた薬師岳ですが、今日は雲がかかっています。
まぁこれだけ見えていれば良しですけれどね。



画像
赤牛岳が大分近くなってきましたね。
秋になって涼しくて、今日は水もほとんど飲んでいません。
秋は日差しは強いけれど、バテないから楽です。



画像
頂上手前で振り返ります。水晶岳が遠くになりました。



画像
8:50 赤牛岳、頂上です。3、4人が休んでいました。読売新道を登ってきた方、これから下る登山者。
しばし休憩。
同じ道を水晶まで戻るのもちょっと大変だなぁ...でも荷物が軽ければ良いかっなぁ~などど思いながら...。



画像
見納めの薬師岳 ずっと景色を眺めていても飽きませんね。時間がゆっくり流れているようで...静かな贅沢な時間です。



画像
槍ヶ岳



画像
黒部湖も見えています。下って明日はダムサイトを歩いて帰ります。



画像
逆光ですが昨日歩いていたお隣の尾根、野口五郎岳の方です。



画像
9:15 さて長い下り、読売新道を歩きます。

容量と写真の枚数の関係で続きのNO.4はこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

リラックマ山岳隊
2015年09月27日 21:10
気持ちの良い稜線歩きだった
みたいですね (^-^ )

リラックマ山岳隊は、逆コースを
暴風雨とガスの中、望んでもない
修行の山歩きでした…(泣)
足元しか見えなかったので
晴れたら素晴らしいルート
だった事、納得出来ました!

読売新道の下りの報告、
楽しみにしています。
ちなみに、読売新道の登りは
登山道が川でした…(ー ー;)
2015年09月28日 18:39
リラックマ山岳隊 様

天気が良くて重い荷物もなんのその...。
水晶、赤牛、薬師、槍~穂高、鷲羽...裏銀座の眺めも良いです。
暴風雨だと本当に修行ですね。
でも御無事で何よりです。

読売新道は5から3までが滑りやすい木の根や石があって、気を使いました。
4~3までが長く感じられて、ちょっとイヤになりました。
繰り越しばかりの読売新道でしたが、念願が叶って嬉しかったです。
2015年09月29日 08:59
ため息が出てしまいそうな稜線ばかりですね。
ずっとお天気に恵まれて良かったですね。
悪天候でこの登山道を歩くのは厳しいですものね。
山頂でのchiakiさんの表情がどれも素敵!
私には絶対に歩けない山域なのでchiakiさんのレポで大満足感!
次は核心の読売新道ですね。
どんな下りが待っているのかしら。。。
2015年09月29日 18:23
mikko 様

天気が良くて、紅葉が綺麗で、繰り越しばかりの読売新道でしたが、本当に良い山行ができました。
雲海に浮かぶ槍ヶ岳やブロッケン現象も現れて、水晶小屋で貴重なテント泊、怪我も無く歩けて良かったです。
読売新道は5~3位までが滑りやすい木の根、石に注意でした。
涼しかったので水も300~400CC位しか飲まなかったし、意外と歩き易くて良かったです。
4~3までが長くてちょっとイヤになっちゃいましたけれど。
スタイリッシュな表銀座も良いけれど、落ち着いた感じの裏銀座も好きです。