No.2 裏銀座縦走・烏帽子小屋~水晶小屋

2016.8/12(金)
烏帽子小屋テント場4:00 水晶小屋9:00 祖父岳10:25 雲の平テント場11:15
No.1はこちら

睡眠導入剤を飲んで就寝。
夜中に目が覚めてトイレに行き、空には星が煌めいて綺麗でした。
静かなテント場の夜で良かったです。
3時に起きて雑炊。飲み物で朝食。
フライもサラサラ、内側がちょっと結露しただけでした。
テント撤収して、4時に歩き出しました。

テント場の朝は早いです。
既に何人かはヘッドランプを付けて歩きだしています。
テント場を通って、緩やかに登り、気持ちの良い稜線歩きになります。

画像
4:40分明るくなってきました。



画像
東の空が赤くなってきて、雲海が凄いです。



画像
砂礫地にコマクサ



画像
赤牛、その奥に薬師岳



画像
4:58 雲海と日の出



画像
次々と縦走者が歩いて行きます。



画像
コゴメグサの群生



画像
5時過ぎ、槍ヶ岳が見えた。
槍ヶ岳が見えると本当に嬉しい!!!



画像
お花畑コースと展望コースの分岐。
今日はテント場が心配なので、お花畑コースで行きます。
ほとんどの方が展望コースに行きました。



画像
タカネヤハズハハコ



画像
ヨツバシオガマ



画像
右前方に水晶岳が見えます。



画像
振り返ると歩いてきた道と、鹿島槍のあたりの峰々が連なっています。



画像
石ゴロゴロの登山道、重荷なのでこけない様に歩きます。



画像
水晶岳、くっきり



画像
赤牛岳、奥に薬師岳
何度歩いても新鮮な気分です。
表銀座のスタイリッシュな感じとは違って、裏銀座は落ち着いた気分になります。



画像
6:25 小屋への分岐から少し登って、振り返って野口五郎小屋



画像
鷲羽岳、左のずっと奥の三角は笠が岳



画像
6:40 野口五郎岳
頂上で休憩、空気も心地よくて座って景色を見ていると、このままずっとここで眺めていたい気分。
でもテント場まではまだ4時間ちょっとはあるから、進みます。



画像
薄っすらと富士山も見えていました。小さく写っていますが分かりますか?



画像
野口五郎岳からは、砂礫地の下り。



画像
平らになって歩きやすい、こういう道なら快適に歩けるのになぁ。



画像
誤ってシャッターを押してしまった写真だけれど、雲と青い空が綺麗だった。



画像
北鎌と槍ヶ岳



画像
ネバリノギラン



画像
イブキトラノオと鷲羽岳



画像
ミヤマリンドウ



画像
石ゴロゴロ、ペイントマークが付いているので大丈夫です。



画像
水晶岳へと続く稜線
昨年のSWは紅葉が見頃で綺麗だった。
今日も又夏から秋の気配も感じられ、空気が澄んでクッキリ。



画像
鷲羽岳を眺めながらの歩きは気分が良くて快適です。



画像
東沢乗越でこれからの登りに備えて休憩。



画像
ハイマツ帯の中の登り。
水晶小屋までの登りはなかなかキツイ、気合を入れて登ります。



画像
チシマギキョウとトウヤクリンドウ
しゃがんで撮るとツライです、なので花の写真はパスしたのが多かったです。


画像
青い山肌が美しくて、何度も同じ写真を撮ってしまう。



画像
赤くザレタ上に水晶小屋が見えます。



画像
ミヤマダイコンソウ



画像
オンタデのお花畑と水晶岳



画像
ここを登り上げて、左に曲がると小屋が見える。



画像
ウサギギクの群生と野口五郎岳



画像
小屋までの最後の登り。
一歩一歩確実に登ります。



画像
水晶岳までの稜線



画像
タカネシオガマとイブキジャコウソウの群生



画像
9:00 水晶小屋到着
水晶は2回登っているし、今回はピークにはこだわっていないのでパス。
少し休憩します。
容量の関係で続きはこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

リラックマ山岳隊
2016年08月20日 12:21
天候に恵まれて気持ちのいい稜線歩きですね。
赤牛岳もくっきり男前・・・(笑)

2年前の8月に暴風雨の中、
読売新道~赤牛岳~水晶岳~鷲羽岳~双六岳を
縦走した時、赤牛岳付近で低体温症になりかけ
散々な目にあった事から比べると羨ましい限りです。

この後は祖父岳~雲の平ですか・・・
No.3を楽しみにしています。
2016年08月20日 18:27
リラックマ山岳隊 様

天気は良くて景色もくっきり、昨年のSWも良かったけれど、今回も素晴らしかったです。

リラックマ山岳隊さんは遠くからの遠征なので、登山口までも遠くて大変ですね。
次回歩く時は天気が良ければ良いですね。

No.3は雲の平迄アップ予定です。
2016年08月20日 22:00
夏場にしては珍しいほど、周辺の山容がクッキリ見える縦走になりましたね!
コレデモカ!?これでもか!?というほどの峰の続きが圧巻です!
テン泊縦走だと、やっぱりザックの大きさ(重さも)全然違いますね!
2016年08月21日 07:27
宮星 様

そうなんです、夏山にしては朝から夕方まで景色はクッキリ。
裏銀座の縦走が素晴らしかったので、雲の平から又同じ道で烏帽子に戻って、車の回収にしようか?心の中で迷った位です。
テント泊、最近はテントも軽くなってはいますが、小屋泊まりに比べると重いですね~。
いつまでテント泊で行けるか?です...ね。

今回はピークにはこだわっていないので、翌日は巻道で双六小屋迄、ここもテントが涸沢状態でした。