No.3 裏銀座縦走・水晶小屋~雲ノ平

2016.8/12(金)
烏帽子小屋テント場4:00 水晶小屋9:00 祖父岳10:25 雲の平テント場11:15

高瀬ダムから烏帽子小屋のNo.1はこちら
烏帽子小屋から水晶小屋のNo.2はこちら

真っ赤に日に焼けた顔の登山者が、沢山休憩しています。
私も水晶小屋の前で少し休憩し、小屋の裏から登山道を進み雲ノ平に進みます。


画像
黒部五郎岳を眺めながら



画像
イブキジャコウソウ



画像
イワツメ草



画像
ミヤマゼンコと鷲羽岳



画像
こういう平らな道がずっと続けば良いなぁ。



画像
たまには立ち止まって歩いてきた道を振り返ります。



画像
陽射しは強くて暑いけれど、快適に歩けます。



画像
石ゴロゴロの道になります。
浮石注意。



画像
薬師岳のカールが美しい



画像
9:40 ワリモ北分岐、少し休憩



画像
立ち止まり、振り返り、あの上から下ってきたんですね。
人間の足も大したもんです。



画像
寛容な感じを思わせる山、薬師岳



画像
山に登山道が付いているのが分かります。



画像
9:50 岩苔乗越
雲ノ平も近づいて来たし、休憩。



画像
中央が祖父岳かな、祖父岳のピークを踏んで行きます。



画像




途中で5、6人の年輩のグループにすれ違い、テント場はどうでしたか?と聞いたらがらすきだよ、との事。
(それが違ったんです...)



画像
梯子を登ります。



画像
槍ヶ岳も見えて



画像
水晶から赤牛へ続く稜線も綺麗に見えます。



画像
10:25 祖父岳頂上
もうすぐだし、テント場も空いてそうだからと、景色を眺めながらゆっくり休憩。



画像
黒部五郎岳
又登りたいなぁ。



画像
笠が岳も三角で格好良いです。



画像
ザレて石ゴロゴロの急な下り、こけない様に踏ん張って下ります。
何枚かモードが違っていて、色がイマイチ。
テント場にカラフルなテントが一杯。
見えてもテント場まで遠かった。



画像
陽射しが熱い、巻道を行く。



画像
木道が現れて、



画像
しかしテント場になかなかつかない、まだかまだか?
テント場までぐるりと登山道が回っているので、見えても遠い。



そして庭園になりました。
直進してテント場へ急ぎます。



画像
小屋との分岐をテント場へ。
このテント場は小屋が遠いので、先にテントを張ってから受付で大丈夫です。
後ろの山は祖父岳。



画像
テント場に11:15分到着。
かなり張ってあります。
えっ?下の方はほとんど張られています。
しかも残っているのは石ゴロゴロの所。
良い場所は数張程度のテント場です。



ほぼ同時に着いた年輩の男性が、上に良い場所があると教えてくれたので移動。



画像
テントを設置したら、小屋へ受付へ向かいます。




画像
小屋までも30分近くかかります。
テント代1000円。
小屋もかなり混んでいたようです。

小屋に水歩荷の募集の張り紙あり、テント場の水場から20Lを歩荷してくると、500円引きもしくはバッチ一個。
若い女性がやります!と言っていました。

受付で一緒になった大阪のソロの40才の男性が、ライターがあったら貸してほしいと言うので、私はガスは火は付くので、あげました。
お礼に食材が一杯あるからご馳走します、と言われたけれど、私も食料を減らさないとなので、気持ちだけ頂きました。
明日は読売新道を下るそうです。


木陰も無いし、暑いテント場でした。
一度は雲ノ平にテントを張ってみたいと思っていましたが、イメージと違ってちょっと残念でした。

水場は冷たくて美味しい水が流れています。(写真撮り忘れ)

トイレは下の方にあります。(写真撮り忘れ)
ペーパーは最初はありましたが、小屋の方がいそがしくて補充にこられない場合は終わってしまいます。

庭園は花は終わっていたし、3年前に歩いたのでテントの中で体力温存。
テントの中は暑いし、外は紫外線がビシバシ、テントの中でシュラフマットを被っていました。

昨日は薬師峠のテント場も260張以上だったとの事。

画像
17:45分 マイテント
やっと涼しくなりました。

明日は双六小屋まで歩きます。続きはこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

リラックマ山岳隊
2016年08月21日 12:25
気持ちのいい稜線歩きですね・・・(^-^)

2年前に、土砂降りの暴風雨の中、鷲羽岳は諦めて
岩苔乗越から黒部源流を下り、三俣山荘に登り返した
記憶が・・・(>_<)。濡れたウエアが更に濡れる!

水歩荷を2回やったらテント代が無料になるのかな?
No.4 楽しみに待ってます。
2016年08月21日 14:19
リラックマ山岳隊 様

本当に気持ちの良い稜線歩きで、同じ道を戻っても良いかな~なんて思ったりしました。

水歩荷を2回でテント代は無料ですね。
おぉっ...と少しは心が揺れましたが、やっぱり無理無理と諦めて、テントでゴロゴロ。
木陰も無いし、テント内は暑かったです。
水は冷たくて美味しかったです。
pen妻
2016年08月22日 08:17
快晴のこの稜線は、何度歩いても爽快ですよね!
私も大好きなところですが、今は雲ノ平テン場への直通ルートが通行出来ないので、あの回り込みはいつも面倒だなぁと思っちゃいますよね!

そしてカンカン照りのテン場は本当に暑くていたたまれないのには激しく同感です!あと、下がゴロゴロしているテン場も好きでないです。涸沢に張る場合はいつもインパネを500円で借りてました^^;

でも、薬師峠で260張とはビックリ!そんなに張れる場所が無さそうなのですが。。

続きも楽しみにしています♪

MOTOFUJI
2016年08月22日 10:54
ご無沙汰しておりました。また上位復活おめでとうございます。以前より写真がクリアーになった気がしますが?
2016年08月22日 18:19
pen妻 様

裏銀座の縦走、景色もくっきり、本当に素晴らしかったです。
雲ノ平のテント場の直登ルートは通行止めと立て看板がありました。
見えていても遠くて遠くて...テント場から小屋までも遠いし、暑かったし。
一度は張ってみたいと思っていたけれど、ちょっとがっかりしました。
良い場所は数張程度なんですね~。
水場は冷たい水で美味しかったけれど。

前日に薬師峠に張った二人の男性がそのような事を言っていました。
私も間違いかな?と思ったのですが...。

13日は双子池のテント場だったんですね。
池のほとりにも張れるんですね。
相変わらずフットワークも軽くて、良い場所チョイスしますね。
2016年08月22日 18:23
MOTOFUJI 様

お久しぶりです。
日帰りはキャノンイオスキスの一眼ですが、全てオート。
テントの時はキャノンのS95です。
四日間ともクリアな晴れだったので、良く撮れているのかも知れませんね。
写真を撮りながら歩くのも大変で、花はパスしたのも沢山ありました。

たいしたブログではありませんが、皆さんのおかげです。
ありがとうございます。
footaro300
2016年08月29日 14:44
12日はテン場も小屋もピークだったようですね。僕は連れと10日に室堂から入って、11日に五色ヶ原から薬師峠まで行き、12日には高天原山荘に行こうと思っていたのですが、11日はスゴ乗越までしか行けず、結果的に高天原が13日になりました。その時に聞きましたが、高天原や雲ノ平などは12日が最も厳しかったと聞きました。13日の高天原は思ったほど混んでいませんでしたし、14日に泊まった雲ノ平のテン場も、午前中に張ったのもあって、楽勝でした。

やはり、お盆休みは混みますね。ましてやこのお盆は奇跡的な晴れの連続‥

ところで、雲ノ平の池塘の水が干上がって、ひび割れているの、気が付きました?何処の小屋も水がなくて難儀しているのも無理がないと思いました。
2016年08月29日 18:14
footaro300 様

12日も11ちょっと過ぎでしたが、良い場所は連泊の人などで一杯。
ちょっと上の方に張れましたが、夕方までテン泊者が続々と、凄い場所に張っていました。
天気が良かったから、混んでいましたよね。
池塘のひび割れには気が付きませんでした。
雲ノ平は冷たくて美味しい水が良かったけれど、
テント場はちょっとがっかりしました。

五色ヶ原から薬師峠もコースタイムが長くて、テントだと大変だから、私はスゴ乗越で一泊を入れようと思っています。