No.4 裏銀座縦走・雲ノ平~双六小屋

2016.8/13(土)
雲ノ平テント場4:30 黒部源流の碑6:10 三俣テント場6:40 双六小屋9:00

高瀬ダムから烏帽子小屋のNo.1はこちら
烏帽子小屋から水晶小屋のNo.2はこちら
水晶小屋から雲ノ平のテント場のNo.3はこちら

雲ノ平のテント場もマナーが良くて早くに静かになりました。
夜は雲が集まるのか星は薄っすらと見えていました。

テントのフライは露で濡れているので、スーパーのビニール袋に別に収納。
今日は双六のテント場なので、そんなに急がなくても良いのですが、朝早くの方が涼しくて快適に歩けるので、早めに出発。
遅く着いたテントの人は小屋とテント場の分岐の上の方に張ったようです。(それってあり?)
木道を歩いて途中までは昨日と同じ道です。


画像
歩き出して30分、チングルマの穂に露が付いて、幻想的



画像
雲海に頭だけが浮かぶ黒部五郎岳



画像
雲海に浮かぶ三俣蓮華岳
下界では見られない景色。



画像
鷲羽岳とチングルマの穂



画像
祖父岳は行かずに巻道を選択したので、石ゴロゴロの緩やかな下り。



石ゴロゴロの所を過ぎると、チングルマの穂が沢山あったので、花が見頃の頃に歩ければ感動するだろうなぁ。



画像
オヤマリンドウ



画像
アザミと鷲羽岳



画像
振り返って祖父岳




ザレていて急な下り、浮石にも注意して下ります。




画像
歩き出して一時間半の6時過ぎ、渡渉、石の上を渡ります。



画像
分岐の看板でしっかり確認。



画像
6時過ぎ、黒部源流の碑
3年前は源流の碑から、最初の一滴の場所を通ったんだと思いだしました。



画像
水辺にピンク色の花



画像
6:40 そして三俣山荘のテント場に到着
撤収している人、張ったまま鷲羽岳に登っている人。



画像
カラフルなテントが並ぶ、斜面が多いけれど雲の平のテント場より良いです。
鷲羽岳を眺められてロケーションバッチリ。



画像
コバイケイソウは今年はハズレなのか?葉は既に黄色くなっています。



画像
双六へ向かう稜線



画像
逆光だけれど槍ヶ岳



画像
三俣峠
三俣蓮華岳も何度かピークは踏んでいるし、今回はピークにはこだわっていないし、この時間ならテント場は十分大丈夫だけれど、巻道で行きます。



画像
アキノキリンソウ



画像
この辺りは平らな道で、槍ヶ岳を眺めながら快適に歩けます。



そして下りになります。
反対方向から来ると、この登りがけっこうキツイ。



画像
ヨツバシオガマ



画像
鷲羽岳



画像
下って登り上げる登山道も見えます。



画像
ウメバチソウ
暑さの中、白い花は涼しげで良いです。



画像
ミヤマコウゾリナ
風に揺れてちょっとボケている。



画像
濃くて綺麗だったトリカブト



画像
シナノオトギリ



画像
振り返って撮った写真。
真っ青な空に緑が映える。



画像
お子さん連れの登山者が水場で休憩しています。
『冷たくて美味しい!』と言う声が聞こえてきます。
登山道が見えますが、この先は登りになります。



画像
振り返った景色もきれいです。



画像
ハクサンフウロの群生



画像
鷲羽岳、どっしりと構えて格好良いです。



画像
オンタデと鷲羽岳



画像
ウサギギク



画像
緩やかに登ります。



画像
鷲羽岳、奥に水晶岳



画像
8:45 双六岳への分岐
パスして小屋へ。



画像
赤い屋根の双六小屋が眼下に見えます。
急な下りだし、すれ違いもあるのでよけたりしながら下ります。



画像
9:00 小屋に到着
テント代1000円、今日の13番目です。



小屋に近い平らな場所をゲット。
テント張って小屋へ。



画像
山でケーキが食べられるとは、昔と変わりましたね。



から揚げが美味しそう。
食べようか?迷っていたら、京都の大学生が数人やってきて頼んだ、『ちょっとイマイチ』の声にパス。
今どきの大学生の話題を聞きながら、若いって良いなぁ...。


小屋の日影に座って、お湯を沸かして飲みものを飲んだり、景色を眺めて至福の時。


今度は隣のベンチに70才位の男女5人組がやってきました。
明日からのルートで、どうしよう、こうしようとかなり揉めていました。



画像
今日の主役は鷲羽岳
小屋前からの景色も鷲羽岳が見えて飽きません。



画像
水場もありますが、今年は水不足ですね。



一旦テントに戻ります。



画像
14:00過ぎのテント場
この後もどんどん増えて、激混みの涸沢のようでした。
(私は涸沢には張った事はありません)


外で彼氏とテン場で待ち合わせしていると言う若い女性と男性の会話、男性のほうが七倉にタクシーで戻るとの事。
なので、タクシー乗り合わせのお願いをしました。
男性は愛知県から山岳会の若い女性と二人で縦走してきたそう。
昨晩は三俣でテントだったそう。
合い方の女性がバテているので11:40のバスに乗れるかわからないとの事。
間に合えば宜しくとお願いしました。


夕方5時半、6時過ぎにもテントの人が到着、内心、到着が遅すぎでしょう、と思っていました。
遅くも15時位には小屋に到着するのが基本と教わってきたから、最近の登山者は...体力以上の工程をくんでしまう人が多いのでしょう。



画像
マイテント



画像
16時過ぎ
建物は富山大学の診療所

小屋の玄関を入るとテレビで天気予報がでていました。
明日は持ちそうですが、15日の月曜の天気が心配。
西鎌から南岳のテント場まで行き、上高地に下山も検討していましたが、新穂高に下山に決定。
(登山届を七倉で提出の時に、遭対協の方が14、15は天気が変わるかも?と言っていたので。)

窓から小屋を覗き込んでみたら、夕食の準備ができていて、美味しそうな天ぷらでした。
私は塩ラーメンで夕食、山で食べれば美味しいです。

夜はペルセウス流星群で流れ星が見える事でしょう。翌日の下山編はこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年08月23日 00:03
裏銀座縦走されてたんですね!
僕は2年前あの大型の台風11号が直撃の中だったので、
眺望を楽しめてません。

なのでとても羨ましいです。

それと立山はテントでなければ、
内蔵助山荘に泊まってみたいと思ってました。
リラックマ山岳隊
2016年08月23日 07:37
同じく台風11号の暴風雨の中、
双六岳で吹き飛ばされました!
巻道にすれば良かった…。
3年前に双六岳に登らずに巻道を
行ったので是非とも双六岳に
登ってトウヤクリンドウを
見たかったが無理でした。

昨年、笠ヶ岳~槍ヶ岳の途中で
双六小屋の水で生き返った
記憶が…コンタクトも洗えたし!
今年は不足気味でしたか…。
続きを楽しみにしてます。
2016年08月23日 13:26
こんにちは
No1からchiakiさんの素晴らしい夏休み山行を溜息まじりに拝見してきました。
私にとってはずっと憧れで終わるだろうルートを素敵なお写真で楽しませて頂きありがとうございます。
このお写真が素敵!なんて選べないほどどのお写真も素敵ですね~
今年のお盆休みはお天気に恵まれたので良かったですよね。
やっと私も知っている双六小屋に到着!
懐かしい景色にまた行きたいな。。。
と思いを馳せております。
2016年08月23日 18:12
heyhey-yos 様

混まない方へと決めましたが、テント場はどこも激混みでした。
裏銀座、今度は晴れの日の縦走のチャンスが訪れれば良いですね。

内蔵助山荘は綺麗だし、食事も美味しいと評判なので、おすすめです。
ロケーションバッチリですよ~。
2016年08月23日 18:19
リラックマ山岳隊 様

遠くからの遠征、会社員だと休みも限られますから...ね。
次回はは双六から槍ヶ岳を眺められれば良いですね。
双六は水場もあるし、テント場も広いし、鷲羽岳の眺めも良いし、良いですよね。
いつもは小屋前の木の入れ物に缶ジュースが冷やされたり、果物が水にぷかぷかと浮かぶのに、今年は水不足の為にその様にはしていなかったです。
2016年08月23日 18:28
mikko 様

昨年は天気が悪かったし、一昨年は父が亡くなり...。
三年振りにお盆休みが活用できました。
山の日が制定されて、天気も良かったので、小屋もテント場もかなりの混みようでした。
二日目の縦走路の景色がくっきりと良く見えて、素晴らしかったので、同じ道を戻ろうか?とも思ったくらいでした。

重い荷物を持っての縦走は、暑い夏はなかなかキツイので、
双六にも早い時間に着きましたが、テント屋小屋前でゆっくりしていました。
ケーキも美味しそうでしたよ~。
pen妻
2016年08月24日 07:44
早い時間の到着、同感です!
最近は19時過ぎてもまだ到着される方もいますのでビックリです。
無理な設定というか、そもそも最初からそのような行程を組んでいるのではないかと思います。
遅くとも15時までには到着、という山の常識を知らない感じがします。溢れている山雑誌にもっとそのあたりの基本を書いてもらいたいですね。
あと、遅い時間に到着したら叱るというかちゃんと嗜める農鳥の親父さんみたいな方も今は殆どおられませんし。。

と、ついついグチってしまいましたが、雲ノ平から三俣、双六、は、稜線でも巻道でも中間道でも本当にどこを歩いても晴れていれば爽快ですよね!
チングルマの穂も素敵です。
下山編もお待ちしてます♪
2016年08月24日 20:22
pen妻 様

最初から...そうなんですね、本当に山雑誌等で呼びかけて貰いたいです。

今回はピークにはこだわっていなかったし、三俣蓮華への登りもキツイなぁ~なんて思って、巻道で景色を眺めながら、テント場へ直行。
小屋前の日影で、人間観察なんぞをしていました。

晴れていれば、山はどこでも爽快な気分で歩けますよね。
良い山行ができて良かったです。
2016年08月27日 21:09
チングルマの群生がスゴイですね!
朝露がついていると尚、高山らしい雰囲気が漂います。
厚い雲海の向こうの山塊・・・こんな景色はこちらではなかなか見られません。
アルプスならではですね!?
何度も出て来る<鷲羽岳>に力士の”鷲羽山”を思い出してしまいました!
2016年08月28日 07:37
宮星 様

チングルマの穂の風情があって良いですよね。
花咲く頃に歩いてみたいです。

雲海に浮かぶ山、海に浮かぶ船の様でした。
本当になかなか見られませんよね。
山でしか見られない光景です。
鷲羽山、どこにあるんでしょう?調べてみます。