NO.2 常念山脈縦走

2016.9/3(土)晴れ
NO.1の合戦尾根~大天荘まではこちら

大天荘テント場5:10 常念小屋7:00-7:20 常念頂上8:35 蝶ヶ岳ヒュッテ11:55
テント代700 水1.5L 300円

ソロのテント泊の人が多いから夕方も早くに静かになりました。
夜中12時過ぎにトイレに行くと、それはそれは星が煌めいて綺麗でした。

ちょっと前は小屋のブログで朝は5、6度とのっていたので、防寒対策バッチリ。
ライトウィンター用のシュラフにテントシューズも持ってきたけれど、冷え込みは無くて寒さは無し。
フライはサラサラ、風も無くて静かな夜でした。

画像
5時過ぎ、日の出を待つ登山者




画像
雲海の向こうが赤くなってきました。




画像
大天荘のテント場はロケーションバッチリ。
毎年来たくなるのです。




画像
槍ヶ岳
今日は槍ヶ岳への縦走者が多そうです。




画像
槍ヶ岳、今日の主役です。




画像





画像
荷物はそんなに減っていないし、水が増えているから...。
常念の小屋までは快適な歩きだろうけれど、常念の下りと蝶へのアップダウンが心配だし、テント場が心配なので早めの出発。





画像
槍が赤くなってモルゲンロート




画像
5:20 雲の中から日が上がりました。




画像
オンタデの紅葉と遠くに槍ヶ岳
草紅葉が始まっています。




画像
左の雲海との境の窪みの白い光は、穂高岳山荘の山小屋の窓に陽の光が当たって光っているのです。




画像
縦走路に日が当たってなんとも幻想的
こんな景色を見ながら、槍穂を眺めながらは最高の道。
最近は裏銀座の方が好きなんですけどね。



画像
穂高岳




画像
大天荘から歩いて1時間半、常念小屋が見えてきました。




画像
クロマメノキに実が沢山なっています。
雷鳥のエサだそうです。
私も少しとって食べました。
甘酸っぱくて美味しい。



画像
これからの登りに備えて、歩いて来た道を見ながら休憩。




荷物が重いせいか、足取りが重く、なかなか進まない。
それでも一歩ずつ、右、左と足を前へ出します。




画像
大きな石がでてくると頂上。
このあとガスが行って晴れてきました。




画像





画像
青い空が見えてきました。




画像
穂高岳




画像
常念の頂上を振り返ります。




画像
槍ヶ岳




画像
数年入っていない穂高、そろそろ歩きたいけれど、最近は登山者が多くてパスしています。




画像
三角の尖ったのが蝶槍、あの先まで歩いて行かなければ。




画像
9:40 登りがやってきました。
暑くなってきたので、なかなかツライなぁ。




画像
常念岳を振り返ります。




画像
一旦下ってあの山を越えて行きます。




画像
槍の穂先は雲がまとわりついたり。
気温が上がっているせいか、少しもやっとしています。




画像
10:30 こんな可愛い看板がいつの間にかできたんですね。
休憩しながらゆっくり行こう。




ここから一気にこんなに下るのってほどの下り。
そして樹林帯の登り。
重い荷物にアップダウンがキツイ、けれど頑張るのだ。
すれ違う登山者は数名のみ。




画像
蝶槍が見えて、又ひと登り。




画像
11:20 蝶槍で景色を楽しむ若者




画像
道が平らになって快適な稜線歩き




画像
オンタデは地味だけれど、紅葉すると味があります。




画像
上高地から横尾を経由して上がって来る道の分岐




画像
まだ登りがあるんです。




画像
夏に逆戻りした様な感じで、雲がももくもく。




画像
瞑想の丘のアンテナが見えてほっとしました。




画像
瞑想の丘
三座同定盤あり。
テント場が心配なので小屋へ。



画像
11:55 蝶ヶ岳ヒュッテに到着
早速テントの受付。





思ったより空いていて、良い場所に張れました。
テントの中は暑いので、小屋の外の日影で座っていました。




画像
14:45 少し涼しくなってきたので頂上に行ってみました。




画像





画像
16:30頃のテント場
大天荘のテント場で張っていた年輩の男性がやってきました。
話し声が聞こえて74才だそうで、健脚でお元気な方もいるのですね。

6時過ぎまでテントの人がやってきて50張位になりました。
テントはもっと多いかなと思っていたけれど、明日の天気が心配で登山をやめた人がいたのかな。

夕方小屋に行って天気予報を見ると、朝の6時から9時は1mの雨マーク。(けれど翌日は晴れ、天気予報はハズレました。)
お昼の時までは曇に晴れマークだったのに...。
まぁ明日は上高地へ樹林帯の下りだからさほど影響は無し。

画像
夜中、11時過ぎ、晴れていて安曇野の夜景が綺麗でした。

最近はソロのテントの人が多いから夜は早くに静かになるんですね。
でも私はいつも眠れず。
上高地へ下山編の続きはこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

2016年09月11日 09:48
テント泊縦走お疲れ様でした。
この工程かなり体力的にキツイですよね。
僕は以前大天荘から蝶ヶ岳まで歩いた時に
ずっと雨と霧だったので、快晴の時に
歩いてみたいと思っています。

羨ましいです!
GRI
2016年09月11日 10:00
何度見ても良い縦走路ですね。
ここ、今年の秋のメインにする予定なんですが、
蝶までは無理としても、常念まではなんとか行きたいです。
それにしても、金曜でも中房の駐車場は混んでるんですね・・・
てなこって、バスや他の駐車場etc調査中です (~_~;)
あとは、天気と有休ですね~ (^^)/
2016年09月11日 10:01
hey-hey-yos 様

仕事がひと段落で、天気も良さそうで、これはチャンスだと行って来ました。
常念岳への登りと蝶へのアップダウンが3回位、蝶槍への登りも大変ですね。
30代の頃に一泊二日で仲間と常念小屋泊で蝶へ縦走、三俣へ下山、一の沢までタクシーで戻った事がありましたが、夏で暑くて大変だった記憶が...よみがえりました。
お盆の裏銀座の時の方が景色がくっきり、夏に戻ったような湿気の多い日でした。

でもやっぱりアルプス縦走は良いですね。

hey-he-yosさん、紅葉のチャンスがありますよ。

2016年09月11日 10:07
GRI 様

ゴールデンコースですよ~。
紅葉の時も素晴らしいです。
中房の駐車場はすぐ満車になってしまうようです。
しゃくなげ荘の駐車場か穂高駅前の無料駐車場が良いと思います。
あとはタクシー会社に車を預けてタクシー利用とか。

これからは涼しくなって夏より歩きやすいから、大丈夫ですよ~。
2016年09月14日 21:48
雲海からの日の出・・・幻想的ですね~!
私は日帰り登山で、山小屋泊は富士山1回だけですが、このような雲海はありませんでした。
テン泊か山小屋か、いずれにしても大きく思いザックを担げないとこんな景観に身を置くことは出来ないですよね。。。
2016年09月15日 19:19
宮星 様

大天荘のテント場はロケーションが良くて、日の出は最高です。
日帰りでも花や紅葉も楽しめて良い山もありますし、
小屋泊で日数を多くとれば、大丈夫です。
小屋なら燕山荘もおすすめです。

私もテントは荷物が重いので、いつまで行けるか?です。