NO.1 表妙義ハーフ縦走

2016.11/3(木・祝)晴れ
群馬県富岡市の山

メンバー Sさんご夫妻 Kさん Nさん chiaki

妙義神社第二駐車場6:40-7:30発 相馬岳11:40 堀切(ほっきり)13:10-13:35 中間道分岐13:50 妙義神社15:30 解散

昨年のSWの読売新道で知り合いになったSさんご夫妻とお仲間が妙義山に登りにやって来ると言う。
一緒にどうですか?とSさんにお誘い頂き同行させて頂きました。
今は鷹戻しは通行禁止、

鷹戻しは私は2度通過しました。
40代前半、妙義神社から縦走して白雲、天狗岳、相馬岳、金洞山と縦走して石門に下りて、一本杉から駐車場に戻りました。
体力、技術、集中力のいるコースでした。
男性2人と私の3人、途中で男性一人がばてましたが、わりと早い時間に戻ってきた記憶があります。

鷹戻しも毎年滑落事故があります。
山渓に載ってからボルトを打ったり、チムニーの太い鎖も細いのに付け替えたり整備をしたそうです。
表妙義は安易に入ってはいけない山域です。

今日はハーフ縦走なので参加しました。
今日はコンデジでの撮影です。

神社の駐車場7:00集合、東京組が到着、支度をして出発。
Kさん、Nさんとは初顔合わせ。
今日はお祭りがあるらしく警備員がでていました。

画像
妙義神社の立派な枝垂れ桜の木
春にはピンク色の花がふわ~っと風に揺れてそれはそれは見事です。




画像
妙義神社の赤い建物が見えてきました。




群馬県警の方が登山届のチェック、私達はSさんが作ってきたので渡してOKがでました。




画像
かなり段数もある石段、ここを登って神社を見学してから登山口へ向かいます。




画像
立派な神社です。




画像
神社の建物の東側に進むと登山口です。
西側に進むと中間道の登山口です。




画像
鷹戻しは鉄梯子が壊れているので通行禁止だそうです。




画像
初めから急登です。




画像
鎖が設置されていました。
前はロープだった気がします。




画像
辻です。





大の字をなぜかとばして登っていました。





画像
岩場を登ります。
この辺りはまだまだ問題無しです。




画像
奥ノ院です。
ここから核心部に突入します。
福島県、新潟県の男性パーティに先に行って貰います。
ヘルメットを装着します。




画像
最初の取り付き、鎖の左側から右方向に登って行くとすんなり。
ここは何度か登った事はありますが登り始めは緊張します。
最後は直登で岩の上に登り上げます。




画像
Sさん、Kさんと続きます。
30mくらいあります。
足場はありますので、大丈夫です。




奥ノ院を登り上げてほっと一息。




画像
ここの岩場は難しくないです。
鎖は複数で使うと振られて危険なので一人ずつ使います。
三点指示でのぼります。




画像
岸壁に岩苔が沢山ついています。




画像
表妙義の連なり、その奥に南牧村の峰々。




画像
赤久縄山や秩父方面の山




画像
今日は良いです!青い空、スッキリと晴れて紅葉が映えます。




画像
見晴からの景色も良く見えます。
前橋県庁まで見えました。




画像
浅間山、今朝は白くなっていたそうです。




画像
鼻曲山や浅間隠し方面




画像
赤城山や榛名山の方だそうです。




画像
狭い岩場を細身の女性陣は間を通過。
男性は岩の上に登って通過。




画像
2時間でビビり岩に着きました。
ここが嫌な感じの所。
つるっとした一枚岩をトラバース、そして直登。
濡れていたり靴のソールが減っていると危険です。

危険なので写真は無し。




画像
慎重に、鎖は一人で使い、間をあけて行きます。




画像
ここは問題ない下り。




画像
岩や木をつかんで通過。




画像
超えてきた岩稜帯。




画像
背ビレ岩、ここは問題無し。
鎖は振られない様に支点から支点間はきっちり張ってあります。




画像
妙義山の岩壁はスゴイですね。
その奥に浅間山。




画像
大のぞきで富岡の街や景色を覗いています。




画像
ここは数メーターの下り。




画像
ここは鎖は補助程度に下ります。




画像
ここから一気に鎖で急降下。




画像
30m位あったでしょうか。
腕力だけで下ると危険です。
フリクションを効かせてテンポ良く下ります。
濡れていると危ないです。
私は3度目か4度目の通過。




画像
金洞山と紅葉




画像
紅葉と富岡の街並み




ほっと一安心な道になりました。




画像
紅葉も見事。




画像





画像
燃えるような赤、今日は天気に恵まれました。




画像
足元のリンドウの花に癒されました。




画像
登り上げると




画像
天狗岩に到着。
容量の関係で続きはこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

2016年11月06日 22:49
凄いですね!
クライミングですか。
続きも楽しみにしてます!
2016年11月07日 09:09
久しぶりに登った感を充分に味わえた山行だったようですね~
緊張が続く岩場の連続にドキドキしながらレポを拝見しました。
毎年のように滑落事故が起こるコースだというのがよく分かりました。
紅葉もお天気も良かったですね
( v^-゜)♪
2016年11月07日 18:09
hey-hey-yos 様

クライミングではないんですが、一般ルートの上級者コースなんです。
中間道は安心して歩けるんですが、表妙義の上は難易度が上がります。
裏妙義の方が表妙義より難易度は低いです。
2016年11月07日 18:15
mikko 様

ホントに久しぶりに充実した山歩きでした。
そして久しぶりの岩場で緊張しました。
ビビり岩の一枚岩が前より足がかりが無くなった様な気がしました。
登山者の通過が多くて減ってしまったのかな?と思いました。
そうなんです、事故が起こるんですよね。
紅葉は真っ赤なモミジが綺麗で良かったです。
中間道は今週末位が見頃になりそうな気がします。
2016年11月14日 22:10
こちらはまた、輪をかけてスゴイコースの山ですね!
いやぁ~!みなさん、チャレンジャーですね!
2016年11月15日 22:01
宮星 様

ビビり岩が一枚岩のトラバース、ちょっとイヤな感じです。
濡れていたりソールが減っていると危険です。
中間道は混んでいたと思いますが、上は空いていました。