西上州・日暮山(にっくらやま)

2016.11/6(日)群馬県甘楽郡下仁田町の山

小平集会所9:45 頂上11:45 集会所13:30頃

メンバー Wさん hiromiちゃん chiaki

7:45分頃、Wさんから携帯に電話が入りました。
待ち合わせ時間は8時半のはず、遅れるのか?と思ったら違いました。
先に下見にと林道を走らせたら、違う林道に入ってしまい、車が斜面に乗り上げて出せなくなってしまったとの事。
誰か車を出せる人、いないかしら?と。
同級生のKIMIに連絡して、私も家を出ました。
hiromiちゃんと合流して一緒に間違った林道探し。
電波が悪くてやっとWさんと連絡がとれて、4人合流して木を使ったり、土を掘ったり。
1時間ちょっと頑張ってなんとか出せました。
車もかすり傷程度、本人も怪我が無くて良かったです。

車も歩行速度もスピードオーバーは要注意ですね。

画像
小平集会所に車を止めて歩き出します。
3、4台止められます。




画像
あれは御場山




画像
日暮山の案内板を見て、右上方向へ進みます。




画像
民家の間を登って行きます。




画像
紅葉が綺麗




画像
林道を歩きます。
この辺りは舗装されています。




画像
浄水場がでてきました。




画像
看板がありますがまだまだ林道歩き




画像
右の三角のが日暮山




画像
ここは直進




画像
綺麗な紅葉を見ながら右方向へ。
ピンク色のリボンが付いた方へ曲がって行きます。




画像
燃えるような赤
こういう種類の木なんですね。




画像
未舗装の道になりました。
さっきバイクの男性に追い越されましたが、バイクが止めてありますね。




画像
消えかけていますが日暮山の文字が薄っすらと




画像
落葉松の黄葉
オレンジ色が綺麗




画像
地元のマイナー低山で落葉松の黄葉が見られるなんて、信じられません。




画像
笹が生える登山道




画像
気持ちの良い場所です。




画像
良く見るとピンク色のテープがあります。




画像
鋭角に曲がって最後の急斜面を登ります。




画像
落ち葉を踏みしめながら登ります。




画像
hiromiちゃん、早いです。




前橋と渋川の群馬100名山をやっている男性二人が下ってきました。
渋川の方は群馬100を70ちょっと登ったそうです。




画像
石碑もあります。




画像
祠があるここが頂上。
MHCのKさんが付けた看板はどこかにいってしまったようです。




画像
少し先にいくとここも石碑がありました。
バイクの昭和村の男性がラーメンを食べていました。
群馬100が60ちょっとだそうです。
私達だけかと思ったら、他にも登山者がいて驚きました。




画像
紅葉、黄葉が綺麗なんですが、陽射しが少し足りない。




画像
眼下に高速道路も見えます。
表妙義や裏妙義も見えました。




画像
緑色のあたりが軽井沢72ゴルフ、アウトレットのあたりも見えました。
浅間山はすそ野が見えました。




画像
頂上付近の葉は落ちています。




お昼休憩、休んでいると風が吹きちょっと寒いです。

そろそろ下りますかね。
急な下りなので注意して一歩一歩。




画像





画像
草地に戻ってきたので、元来た林道を歩いて車の所へ
しょっぱなからハプニングがありましたが、地元のマイナー低山、女性3人で楽しかったです。

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

2016年11月11日 19:22
行って来ましたか、猪には会いませんでしたか。私は内山牧場でコスモスを見てからだったので、上の別荘地から登った為、少し藪漕ぎでしたが1時間ほどで山頂に着いてしまいました。
2016年11月11日 20:42
インレッド 様

おかげ様で行って参りました。
インレッドさんとはコースが違いますが、林道歩きが約1時間位、最後の登りが急でした。
軽井沢の街も良く見えました。
春先の新緑の頃も良さそうですね。
猪はいませんでしたが、掘ったような跡がありました。
もう少し陽射しがあれば紅葉ももっと綺麗だったんですが、自宅から近いので今度は行きたい人がいれば案内できるなぁ...と思いました。
西上州のマイナー低山もなかなか良いですね。
2016年11月14日 23:06
カラマツがあるという事は、低山といってもそれなりの標高があるんですね?
<燃えるような赤>のもみじ・・・大きくなったら見事でしょうね!
2016年11月15日 21:56
宮星 様

自宅から近いんですが、落葉松の黄葉が見られるとは思ってもいませんでした。
インレッドさんが軽井沢側から登っていました。

この赤は独特の赤で目が覚めるような赤でした。