飯士山

2018.5/12(土)
新潟県湯沢町の山

自宅4:20 高崎 渋川6:10 渋川伊香保IC 塩沢石打IC 負欠岩9:10 西峰9:55 頂上10:10-11:00 分岐12:30 登山口12:45 渋川15:30 高崎 ディーラー 自宅19:00過ぎ
高速代1460円 往復175キロ

メンバー Iさん Hさん Gさん chiaki
Fさん前日参加の当日欠席。

私は湯沢町側からの登山口から鋸尾根コースで行こうと思って計画していました。
しかしIさんが調べてきたのはテニスコート近くからの塩沢登山口。
高速を湯沢でおりてほしいと言ったら、塩沢石打からが近いと言うから~変だなぁと思っていたんです。
登山口に着いてテニスコートの文字?変だなぁ。
少し歩いて行くと山菜取りの地元の方がいたので確認したら、鋸尾根ではないとの事。
私が以前30代の頃に歩いたコースでした。
という事で私はがっかりしながら歩きます。
他の三人は初めての山なので嬉しそうでしたが。

画像
17号に入り五十嵐の信号を左折して、橋を渡ってすぐに右折。
ゲートがありましたが、チェーンをはずしてまた戻し車で奥まで入りました。
駐車場は無し、路肩に止めました。

登山口付近にはピンク色のタニウツギの花も咲いていました。





足元にはチゴユリ、ニョイスミレも咲いていましたが、動揺したせいか写真はボケていました。





画像
シダが一杯。




今年は花が早いからと前回より時期を早めましたが、下部の花は咲き終わり。
前登った時はキクザキイチゲやカタクリが咲いました。
今年は花が早くて既に終盤のカタクリが2輪咲いていただけでした。
カタクリの葉っぱが登山道脇に沢山あったので、花の頃はそれはそれは綺麗でしょう。


この先で山菜取りの地元の男性にあい、情報収集。
負欠岩から上は気を付けて登って...とのアドバイス。

フイリフモトスミレも咲いていましたがボケた写真。

蕨、ゼンマイ、タラの芽があり皆で山菜取り。
なので時間はゆっくりです。




画像
ニシキゴロモ





途中で負欠岩(沢コース)と尾根コースの分岐がありました。
沢コースで登って尾根コースで下ろうと思います。





画像
足場の悪い道がでてきました。





画像
岩場の急登で滑りやすい道、ロープがあります。





画像
イワカガミ





画像
要所要所にロープあり。





画像
9:10 負欠岩(おいかけいわ)に到着、展望が開けました。
ここは何となく覚えています。





画像
足場はあるので大丈夫。
ここは覚えていませんでした。





画像
私が登りたかった鋸尾根の向こうには苗場山が見えています。





画像
ここから暫く岩場を歩きました。
こんな所あったっけ?覚えていませんでした。





画像
振り返り撮影、Hさんが登ってきます。
今日は明るい曇り空なので、そんなに暑く無くて丁度良いです。





画像
まだまだ岩場が続きます。
濡れていると危ないです。
今日は大丈夫ですが、油断禁物。





画像
大きな岩を乗り越えたり。






イワウチワの花や石楠花は終わっていました。
ショウジョウバカマは咲き終わり。
あ~がっかり、今年は花が早いです。





画像
痩せ尾根に登り上げました。





画像
左下にスキー場が見えました。





尾根コースとの分岐があり少し歩くと。

画像
西峰に到着。
少し休憩。
頂上付近に登山者の姿が見えました。





画像
谷川や中の岳のあたり。





画像
綺麗な石楠花が残っていました。





画像
滑落注意の看板あり。





画像
切れ落ちた左下に満開の石楠花の花。





画像
記憶の頂上とは違うなぁと思っていたら、少し先から話し声が聞こえました。





画像
石像あり。





画像
タムシバ





画像
イワナシ





画像
頂上付近はイワウチワの花が見頃。





画像
10:10 1112mからの景色は最高。
頂上には群馬の吉井町からの6人組が休憩。
5/27の下見登山との事、スキー場から登って来たそうです。
頂上に着いて昼食をとっていると、薄日がさしてきました。





画像
日本百名山の巻機山





画像
岩原スキー場上部。





画像
尖った格好良い山は中の岳、越後の山が見えます。





画像
魚沼の水田が光って見えます。





画像
頂上から西峰に戻って、分岐から尾根コースで下ります。
ここでも群馬の渋川の男性とすれ違い、今日は群馬県民が沢山登っていました。





画像
ユキグニミツバツツジ





画像
ヤブデマリ





画像
尾根コースも上部は急な下り、気を引き締めて行きましょう。





画像
途中で見えた負欠岩





画像
タチツボスミレ





画像
樹林帯に入り涼しくて気持ち良い。





画像
分岐で少し休憩。





また山菜取りをしながら下山。
今日は群馬の登山者11人でした。
帰ってきてヤマレコを見たら他にも登っている人がいました。




画像
12:45 登山口
歩き足りない気分ですが、無事下山と山菜取りが面白かったです。
帰りは下道で渋川まで、Gさんの車で高崎、解散しました。
次回は紅葉の頃にでも鋸尾根で登ってみたいです。

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキング

この記事へのコメント

2018年05月13日 23:54
chiakiさんご希望の登山ルートとは違っていましたか!
私も同じ山に登るときは、なるべく別コースの方が好きです。
塩沢石打ICで降りたという事は、前回のOB会旅行の帰りに休憩したSAの近くですね。
山腹のイワカガミも山頂付近のイワウチワも綺麗ですね!
2018年05月14日 18:16
こんにちは。
飯土山はまだ行った事がありません、山菜がいっぱい有ると聞いたことはあります、スキー場から行くのが簡単らしい?ですね、今回のコースは岩場があって大変ではなかったですか?
コシアブラを一度採ってみたいですが無かったですか?
2018年05月14日 18:42
宮星 様

鋸尾根コースで登ります、とメールをしたんですが、
なぜか?塩沢石打のコースに変わってしまいました。
私も同じで別のコースで登ってみたいと計画しました。
頂上付近にあったイワウチワ、イワナシは綺麗でした。
イワカガミもピンク色が可愛かったです。
次回は紅葉の頃に鋸尾根で登ってみたいです。
2018年05月14日 18:49
夢創歩 様

塩沢石打から登るコースも山菜が沢山ありました。
今回のコースは、コシアブラは大きくなったものしかなくて、誰もとれませんでした。

スキー場から登るコースで、吉井町の70過ぎの方を含んだお仲間が登ってきて、コシアブラが一杯あったそうです。
スキー場からが簡単のようですね。

今回のコースは、岩場が濡れていなければ大丈夫です。
足場、ロープもあるので、登りに沢コースを使うなら大丈夫です。
2018年05月14日 19:29
このコースは私も好きでよく登るコースです、もうちょっと早ければイワウチワロードが山頂付近まで続きます。
登山口から杉林に入った所で大きな瑠璃色をしたキクザキイチゲに出会え、沢を渡って尾根コースの下あたりにはブナの林とイワウチワの群生が綺麗ですね。
山頂には雪は無かったようで・・・。
2018年05月15日 18:36
インレット 様

随分前ですが登った時は、キクザキイチゲとカタクリの花が綺麗でした。
今年は花が早いからと早めたつもりが、咲き終わりでした。
イワウチワの葉っぱが沢山あったので、見頃ならば綺麗だろうなぁと思いながら歩きました。
三山頂には雪はありませんでした。
この日は群馬県民が沢山登っていました。
2018年05月16日 08:53
あらあら思っていたコースでなくなっちゃったんですね。
それは残念でしたね。
でも記憶が薄れていたところがあったり綺麗な石楠花が出迎えてくれたので良しとしましょう!
途中で薄日が差してきたりまずまずのお天気にも恵まれて良かったですね。
2018年05月16日 18:13
mikko 様

そうなんです、メールしたんですけれどね。
鋸尾根は次回の楽しみにとっておきます。
mikkoさんのおっしゃる通りですね。
綺麗な花が見られたので良しですね。
今年は花が早くて、少し時期を早めたんですが、
薄紫のキクザキイチゲは見られませんでした。
頂上でお昼を食べていたら晴れてきて、少し景色がクリアになりました。
地震もありましたが、何事も無くて良かったです。