NO.1 燕山荘・クラシックコンサート

2018.8/25・26(土・日)

8/25(土)
自宅4:50 たこ平7:40 登山口9:20 合戦小屋11:50 燕山荘12:45

三才山トンネル460×2 松本トンネル100×2 バス代1200×2
素泊まり6800円 
往復227.6キロ

白馬鑓温泉とアップが逆になりますが、ご了承願います。

速報はこちら

北岳にアカイシリンドウを見に行こうと思っていました。
いろいろ考えた末に、軽い工程で行って来られる燕岳にしました。
昨年行って良かったクラシックコンサートを今年も!

画像
珍しく初めての山のたこ平(たこへい)から乗車。
青空が見えていて晴れは嬉しいけれど、登るのに暑いとイヤだなぁ~なんて思っていました。
先週が天気が良かったせいか、南の方が天気が良いからか?駐車場も3、4台と意外に少なかったです。





画像
すれ違いに時間がかかり到着も遅れ、雨も少しパラパラしてきました。
皆さんザックカバーを装着してカッパを着ていました。
私もザックカバーとカッパの上だけ着ました。
カメラマン要請があったり、トイレに寄ったり。
今日は小屋泊まりなので余裕があるので気持ちに余裕があります。





画像
第一ベンチ
テント泊の20代の男性が登るかどうしようか?迷っていて少し話しながら休憩。





画像
第二ベンチ通過。





画像
合羽を着た途端に雨は止んだり。
蒸し暑いのでカッパは脱ぎました。
その後は降ったり止んだり、青空が見えて晴れるかと期待させたり。





画像
第三ベンチで休憩。
燕山荘グループの林さんがコンサート演奏者をガイドしていました。





画像
富士見ベンチ通過
今日は富士山は見えませんね。





画像
オヤマリンドウ





画像
花が終わって実がなると秋のイメージ





画像
合戦小屋まで10分の文字。





画像
カニコウモリ咲く道を1、2分歩けば...。





画像
合戦小屋
少し休憩。





画像
あれっ?雲りに晴れマークなんだけれど...今日はハズレみたい。
スイカを食べている人は少なかったです。






画像
オーナーが下る途中です。
合戦小屋で林さんと交代なんですね。
登って来るのは楽器の歩荷さん。
頼もしいですね。

この先で年輩のグループの後ろが大渋滞発生、歩荷さんの後ろに付いて追い抜きさせて貰いました。





画像
ナナカマドの赤い実





画像
今日の演奏の為に何人かで合戦小屋から歩荷です。
お疲れ様です、演奏会の為にありがとうございます。





画像
トリカブト





画像
アザミ
もう秋の花に移り変わっていました。





画像
ヤマハハコ





画像
葉っぱが少し色づいた道を登ると、テント場が見えました。
こんな天気でも20弱張ってありました。
最終的には44張位。





画像

12:45 燕山荘到着
私は今日も素泊まり。





画像
クラシックコンサートの案内が食堂の前にありました。





画像
天気もイマイチで真っ白なので、頂上はパス。
お湯を沸かして食堂でケーキタイム。
小さいけれど美味しいケーキです。\500、ちなみにケーキセットは950円です。





画像
雑誌を見ていたらエスパースでペグ込みで1010gのテントがでました。
私のより600g位軽い、けれどもう買い替えはしません。





画像
15:00頃から晴れマーク。
しかし霧でした。





画像
節約と自由な時間に食べられる素泊まり、自炊室です。
晴れていれば槍ヶ岳も見えるんですが、窓の外は真っ白でした。





画像
廊下にはってあった有明荘の山賊定食とスィーツのポスター。
どっちも美味しそうです。






画像
演奏会前の音合わせ





画像






画像

オーナー挨拶





画像
オーナーのホルン演奏





そして19:30からクラシックコンサートが始まりました。
天気がイマイチのせいか昨年より空いているようです。

一人一人自己紹介。
高崎から演奏に参加している女性は間違わずに演奏できたら、星空が見えると信じている、と挨拶をしていました。(夜は雨も上がって本当に星空になりました。)





画像






画像






画像


1.アイネクライネナハトムジーク
2.ムーンリバー
3.ニューシネマパラダイス
4.白鳥
5.歌劇「カヴァレリアルスティカー」より間奏曲
6.4つのヴァイオリンの為の協奏曲 ニ長調
7.美女と野獣
8.アイネクライネナハトムジク 第4楽章

曲が終わって次の曲が始まる間に小屋の屋根を打つ雨音が聞こえていました。

アンコール曲はオーナーが大好きな『川の流れのように』
昨年も感動しましたが、今年も本当に良かったです。
涙を流している女性もいました。

そして最後に皆で『早春賦』を歌って、楽しかったコンサートは終わり。
司会進行の方がしゃべりが上手くて楽しかったです。
心にしみる演奏で感動をいただき、ありがとうございました。

明日の天気はどうなんだろう?
晴れてくれれば良いなぁ...と思いながら就寝。
部屋は女性のみの4人でした。
続きはこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキング

この記事へのコメント

2018年08月27日 21:10
燕岳登ってこられたのですね!
僕は前回ヘロヘロ、ボロボロになりましたが、
年内もう一度登りたいなって思ってます。

ケーキ滅多美味しそうですね。
見逃してた汗。

エスパースですが実はずっと気になってたんです。
去年から実物も見たりして。
でも一番欲しいのはヒルバーグなんです。
その次に気になるのはファイントラック。

でも僕も買い換えることはないと思います(笑)。
2018年08月28日 13:47
アイネクライネナハトムジークはモーツアルトの曲の中では一番耳にする曲ですね、BGMとしてもよく聞きます、軽やかな流れるような曲が良いですね。カヴァレリアルスティカーナは恋物語の間奏曲ですが、真っ赤に燃えた紅葉の下を歩いて居る時など、この曲が聴きたくなります。この曲はカラヤン指揮の 「ロマンチック カラヤン」と言うCDの中に入っていて、時々聴いています。アルプスホルンでは、同じくカラヤン指揮の 「クリスマス カラヤン」と言うCDを持っているのですが、そのCDのなかのボーナストラックとし「聖夜」が入っています。アルプスの嶺々に朗々とホルンの音が きよし この夜と静かに響いて居て、私の持っているクリスマスソングの中では最高の演奏です。高崎からの演奏者は群響の方かな??。
2018年08月28日 14:51
<楽器の歩荷さん>が担ぎ上げて下さるんですか!
凄い体力ですね!
演奏される方々はご自分のアンヨで登ってこられたんですよね?
そして演奏会!・・・こちらもタフですね!!
山上の山小屋でクラッシックコンサート・・・最高に贅沢ですね!!
2018年08月28日 20:08
hey-hey-yos 様

燕岳は何度言っても良いですね。
hey-hey-yosさんが行かれて、テントにしようか?迷ったんですが、疲れもあったので小屋泊まりにしました。
ケーキは小さいけれど、山の上で食べると格別に美味しいですね。

テントは雑誌でみて随分軽いのがでたんだなぁ~と思いましたが、私は年齢的にテントもきつくなってきたので、
買いかえはしないで今のでもう少し使おうかな?と思っています。
hey-hey-yosさんの燕レポのNO.2、楽しみにしています。
2018年08月28日 20:11
インレッド 様

曲の事は私はあまりよく分かりませんが、インレッドさんはいろいろご存知ですね。

『川の流れのように』は皆さん、感動して涙を流している方がいました。

鈴木メソードの卒業生で先生をされている方がほとんどと、
その関係の方達です。
高崎の女性は看護師だそうです。
2018年08月28日 20:15
宮星 様

合戦小屋から楽器は小屋の方が歩荷をしていました。
歩荷さんは歩くのが早くてどんどん登っていきました。
演奏者の方は小屋の方が案内で登っていました。
小さいお子さんも歩いて登っていました。
私と同様にコンサート目当ての方が多かったです。

知っている曲が多かったし、司会の方が面白いので楽しかったです。
燕山荘はいろいろイベントがあるので楽しいです、
MZMM
2018年08月29日 11:21
こんにちは、
今年もchiakiさんの燕山荘クラッシックレポ👏👏👏

オーナーさんのブログ燕山荘通信まだ載らないので、良かったです。

私のブログ『音楽の花束@AppleMusic』から、

Mozart3 アイネ・クライネ『小夜曲』:
http://d.hatena.ne.jp/zuotengiphone/00170505#006

日本歌謡曲 美空ひばりさんの1950年代の唄など:
http://d.hatena.ne.jp/zuotengiphone/00170505#019

イタリア情熱オペラの名アリア序曲など:
http://d.hatena.ne.jp/zuotengiphone/20170420#018

今AppleMusic は1ヶ月無料の筈です(登録して直ぐに継続しないでもOKです) ... テン泊の中でも

山と音楽毎年素晴らしいですね~





2018年08月29日 18:31
MZMM 様

私もオーナーのコンサートのレポがまだだなぁ~と思って燕山荘のHPをチェックしました。
川の流れのようには昨年も感動しましたが、今年も本当に良かったです。
涙を流している方もいらっしゃいました。

オーナーが感動すると細胞がよみがえって良い...とかっておっしゃっていました。