NO.2 今年初の雪山・燕岳

2018.11/2・3(金・土)

自宅5:10 中房第一駐車場8:25 登山口8:45 燕山荘12:05 燕岳往復

往復251.7キロ 三才山トンネル通行料460×2 松本トンネル100×2 燕山荘素泊まり6800

速報はこちら
NO.1はこちら


小屋で受付をして、部屋にザックを置いて、サブザックで頂上に向かいます。


画像
何度も行っているからやめようかな?とも思ったけれど、頂上から眺める景色はまた違うので、行って来ます。





画像
頂上にはソロの男性がいました。





画像
立山、剱、針ノ木も見えます。
あっという間に雪の季節になりました。





画像
ズームで立山、剱





画像
大天井岳までの縦走路





画像
真中のあたりに富士山が見えるのが分りますか?





画像
鹿島槍、雪がありますね。





画像
鷲羽岳から水晶岳のあたり





風も無くてここでずっと景色を眺めていたい、飽きませんね。
河地さんが最高気温は0度とかって書いていたから、下界とは大分違いますね。
けれどこの日は風も無くてそんなに寒さを感じませんでした。





画像
めがね岩、そして燕山荘までの道を眺めて、さて戻りましょう。





画像
めがね岩





画像
同じような写真ですが大天井岳まで続く稜線、美しい。
眺めていると歩いて行きたくなります。

すれ違う登山者もいなくて貸切の登山道。





画像
振り返ります。
時間はたっぷりあるので、小屋でゆっくりしましょう。





画像
売店には可愛いバンダナ





画像
バッチもいろんなのがあります。




画像
食堂の横の本棚がある場所でお湯を沸かしてコーヒータイム。
時間はいっぱいあるから、外に出て景色をみたり、雑誌を読んだり。

皆さん、のんびり小屋で過ごして贅沢な時間を過ごしていました。
会社の一日はあくせく過ぎて行き、長いと感じたりしますが、のんびりできて良かったです。





画像
オーナーが吹くホルンも飾ってありました。





画像
そしてヘリの大きな音がして、喫茶室から写真をパチリ。
どうやら発電機が荷揚げされたようです。HPで河地さんが書いていました。





画像
今日も山男が登山者を見守っていました。





画像
またヘリ、ここは通過して行きました。
探せば小さく写っています。
安曇野の街並みも見下ろせました。


安曇野の街、夜は夜景が綺麗でした。
星は出ていたけれど、明るくてあまりよく分からなかった。





画像
Tシャツも何種類もあります。





画像
ワイン





画像
スイス産のワインもあります。
まるで下界のホテルの様です。





画像
スィーツ大好き女性には嬉しい、ケーキフェア





画像
ちょっと心が魅かれるけれど~パス。





画像
16時頃のテント場





画像
16:46 日が沈みます。





画像
焼けて印象が違う燕岳





画像
寒いから一旦中に入りました。
明日も天気は大丈夫みたいで良かった。





画像
そして又外へ。
夕焼け、暮れて行く寂しさもあるけれど。





画像
今日はテント場も3張、ちょっと寂しい感じです。





画像
外にいるとぴりっとする空気が気持ち良いけれど、寒いから中に入ります。
早めに夕食はラー麺を作って食べたので、小屋でテレビを見ていました。
紀伊半島あたりで地震があったと放送していました。
被害は無かったようで安心しました。
泊りの登山者も30名位で、静かでリラックスできました。
下山はこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね~。

人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年11月06日 19:23
このお天気なら頂上まで行かない手はありませんね!
私は眺望が良くないと登らない方ですので、良ければ頑張ってでも登ってしまうかも!?
その分、あとが怖いのですが・・・
2018年11月06日 19:34
宮星 様

時間がたっぷりあったので頂上でゆっくりしました。
気温は0度位だったと思いますが、風が無かったのでそんなに寒くは無かったです。
何度も行っていますが、頂上からの眺めも良いです。
ソロの男性がいただけで、その方は北燕の方へ少し歩いて行かれたので、貸切りでした。

この記事へのトラックバック