マイナー低山・古界名山

2019.2/17(日)群馬県の沢渡温泉近くの山

渋川集合7:30 仙人窟遊歩道入り口8:45 頂上11:10 車の所13:30 渋川 自宅16:50
集合場所より67キロ

メンバー Fさん Iさん Wさん chiaki

なんとも変わった名前の山『古界名山』、こがいなやま、こげえなやまとも呼ばれているようです。
グラフ群馬にも載ったとWさんが記事を持ってきました。
群銀OBの横田さんの群馬300山の本にも載っているそうです。
群馬は名もなき山とかも沢山、山ばっかりですね。

渋川から中之条、沢渡温泉を通過、羽衣橋を通過して『美ら寿』の看板があったので右折、あとは道なりに進みました。

画像
白い建物は老人健康村『美ら寿』、今は閉鎖のようです。
門は開いていましたが、心配なので仙人窟雄吾堂の入り口近くの桜の木のあたりの広い場所に駐車しました。





画像
仙人窟遊歩道に入ります。





画像
山菜取りは禁止だそうです。





画像
杉林を緩やかに登って行きます。





画像
看板もあるし、作業道で整備されていて歩きやすいです。





画像
落ち葉を踏みしめ歩きます。
左手前の岩を巻いて行くのかな?と思いながら進みます。





画像
左下に洞窟のようなものがありました。





第一ベンチがありましたが、休まず通過。





画像
15分も歩くと東屋がありました。





画像
足元には笹が生える冬枯れの道。





第二ベンチがあり通過。





画像
歩き出して30分位で仙人窟、仙人滝へとの分岐。
しばし迷って先に仙人窟に行く事にしました。
第三ベンチもありました。





画像
洞窟へ向かいます。






画像
色も褪せた山の配置の看板。
赤城山、小野子山。





画像
鉄梯子を下ります。





画像
洞窟の中は広く奥に入ってみます。
洞窟までは分岐から10分位でした。





画像
氷筍は2、3個しかなくてちょっとがっかり。
でも見られただけでもラッキーとしましょう。





滝と洞窟の看板の分岐まで一旦戻ります。
滝は帰りに見る事にして頂上に向かいます。





画像
笹が茂った道、テープも所々にあります。
緩やかに登って行きます。





画像
平らな道になりました。





画像
大きな岩山を左手側に、反時計回りに岩を巻きます。





岩の基部から1、2m下ると左手側に谷に下る踏み跡があり、ピンク色のテープが見えました。





画像
谷に下りて岩を左手にみて進みます。





画像
右側には丸っこい大きな岩が見えました。





画像
すぐに左上に支尾根が見えました。
笹が生える斜面を登り上げます。
雪は固くなって凍っていましたが、誰かの踏み跡がステップになっていたので、アイゼンは無くても大丈夫でした。





そして急な斜面を登り上げました。





画像
雪が少しある平らな道を歩きました。





画像
日があたる場所は雪は無し。
この先で少し休憩。





画像
笹が生い茂る道、でも踏み跡があるので、道はなんとなくわかります。





画像
頂上が近くなってきました。
雪はあるけれどアイゼンは無くても大丈夫。





画像
あの先が頂上かなと思ったけれど、もう少し先でした。





画像
頂上看板が落ちていたのでIさんが木に取り付けました。





画像
真っ白な浅間山の頭が見えました。





画像






画像
沢渡の街が見えました。





11:10-11:35 お昼の休憩。





画像
さて元来た道を戻ります。





画像
Iさんはチェーンスパイク、Fさんは4本アイゼンを付けました。
私はアイゼン無くても大丈夫。





画像
笹の急斜面を下ります。





画像
熊の爪痕。
凄いですね。





画像
雪の斜面を下ります。





画像
大きな岩を右手に見て進み、右上に登り上げます。





画像
登りはあの岩の近くを巻いてきましたが、笹が生い茂る中に左下にテープが見えたので斜面を下りました。





画像
平らな所を歩いて第三ベンチ、分岐まで下ります。





画像
今度は滝に下ってみます。





画像
滝まで数分下ります。





画像
離れた場所でも迫力がありますが、近くに行ってみます。





画像
仙人の滝





画像
水の流れる音も聞こえてきます。





画像






滝から分岐まで戻って、元来た道を帰ります。





画像
第一ベンチ、あとは車までもう少し。





画像
反対側に有笠山が見えていました。

途中でWさんが道の駅に寄りたいと言うので道の駅『おのこ』により集合場所へ。

帰りは渋川から混んでいて自宅まで1時間50分かかりました。

2/24(日)今日は根子岳に行く予定でした。
会社の体が弱い男性4人がインフル、間向かい、斜め横の男性も、なので喉が少し痛いので私は山はパス。
毎年なっている男性、もっと気を付けてくれ!!!

Fさん、hiromiちゃん、Wさんで三人で行ってもらいました。

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しく~。

人気ブログランキング

この記事へのコメント

2019年02月24日 18:52
氷筍はこんな洞窟の中にあったんですか!?
あまり・・・水気がないように見えますが?
chiakiさんは結構滑りやすい笹や雪等があっても、たいていツボアシで歩かれるんですね!
凍結した仙人の滝、こんなに近くから見られて、素敵ですネ!
2019年02月25日 18:03
宮星 様

そうなんです、洞窟の中にあるんです。
インレッドさんが行かれて、一度行ってみたいと思っていました。
水滴が落ちてできるようですが、今年は雨も雪も少ないから、育っていませんでした。
状況判断ですが、つぼ足が多いです。
凍っているといやですね。

滝は見事で見る価値はあると思います。
2019年02月25日 19:13
素敵なマイナー低山ですね。
他の登山者と会うよりもクマさんとのバッタリ率の方が高かったりして。。。
インレッドさんお薦めの山なら間違いないですね。
仙人滝は迫力がありますね~
これは見る価値がありますね!

chiakiさん昨日は根子岳の予定だったのですね。
残念!
私は昨日スキー場から根子岳を眺めて来ましたよ。
遠目には雪があるように見えたけど・・・
お仲間から根子岳情報届いていますか?
2019年02月26日 18:07
mikko 様

不思議な名前の山ですよね...。
そうですね、動物とバッタリの方が多かったりして。
インレッドさんが何年か前に、氷筍と滝の写真を出していて、特に滝の写真が素晴らしかったです。
日光に行かなくても滝だけならハイキングコース、
見る価値ありです。

土日、自宅でゴロゴロと葛根湯でなんとか、
もちこたえました。

根子岳は例年から見れば雪は少ないそうです。
バックカントリーの人もいたけれど、
そんなに多くはなかったそう。
雪質は午前中は良かったとの事。
午後はザラメになっていたそうです。
スノーキャットからのスキーヤーは多かったけれど、
混雑というまではなかったそうです。

mikkoさん、志賀高原あたりでしたか?
mikko
2019年02月26日 18:23
再コメ失礼します。
chiakiさんインフルにならなくて良かったです!
危なそうな時に身体を休めたのは正解でしたね。
根子岳の情報ありがとうございます。
やはり今年は雪が少ないのですね。
どこも少ないので仕方がないですね。

この間の日曜日は
北志賀と五竜とおみのダブルヘッダーでした!
がっつり滑ると言うよりも眺望を楽しみにゲレンデに行ったようなものです。。。
2019年02月27日 19:02
mikko 様

土日でかけていたら危なかったかも...。
技術係の部署に異動になって、
近くの席の男性が毎年なるんです...(>_<)

仲間はリフトは使わず、根子から子根子岳、
子根子の肩から下って、踏み跡も無くて踏み抜きがあって、一人の女性は大変だったそうです。

若い頃はガンガン滑っていたかと思いますが、
もう景色を楽しみながら~が良いですね。
な~んて、私はスキーは久しくご無沙汰です。
坂本 理恵
2019年03月09日 15:45
ご担当者様

突然のご連絡大変失礼致します。Bridgeの坂本と申します。
弊社は広告代理事業を行う会社です。(http://www.bridge-world.jp/)

記事を見てご連絡させて頂きました。
広告掲載についてご相談させて頂きたいのでご興味ございましたら下記までメール頂けましたら幸いです。
sakamoto_rie@bridge-world.jp

この記事へのトラックバック