残雪と新緑のブナ林を見に鍋倉山

2019.5/26(日)長野県、新潟県の境の山

自宅5:55 軽井沢6:30 小諸IC6:45 豊田飯山IC7:30 途中道迷い、山菜取り 茶屋池ハウス 関田峠9:15-9:30 黒倉山10:40 鍋倉山11:05-11:40 関田峠12:50 豊田飯山IC14:15 小諸IC15:00 軽井沢 自宅

高速代1450×2
往復263キロ、道迷いあり

土曜日は仕事、休みにしてほしいなぁ...。
一日だけの休みは辛いです。

中西山、奥東山にシラネアオイを見に行きたかったけれど、今年は残雪が多くてまだ先みたい。
なので、思いついたのが鍋倉山。
30代の頃に晩秋にK沢さん、Y沢さんと3人で一度登った事があるけれど、
どっちのコースだったも覚えていない。
久しぶりなので丁度良いです。
Iさん、Fさんは初めてとの事です。

和美峠は17度、軽井沢は13度。
高速は小諸ICから豊田飯山ICをでて右折177号から黄金石を左折、土狩温泉の看板があったら左折、あとは道なり。
行きは迷って道路脇にあったタラの芽をとったりしながら関田峠へ。
そして田茂木池コースの駐車場はわかったけれど、登山口が分らない。
なので茶屋池へ、そこに止まっていた車の男性から情報収集。
関田峠から登る事にしました。


画像
茶屋池から2、3キロで関田峠。
4、5台止まっていたので通行の妨げにならない様に路肩に駐車。





画像
雪、まだ大分残っていますね。





画像
ユキグニミツバツツジなのかは定かではありません。
花があると気分も上がります。





画像
残雪を数メーター歩くと夏道が現れました。





画像
見上げると美しいブナ林





画像
残雪を超えたり、夏道になったり

男女二人とすれ違い、その後もソロの男性三人とすれ違い。
木をくぐったり、道も探す所もあるとの事。





画像
20分も歩くと雪の上の歩きになりました。





画像
案内板を確認しながら





画像
雪の重みでこんな形になってしまっています。





画像
雪上歩きになったら上からの太陽、下からの照り返しが凄い。
左にちょこっと写っている窪地がモリアオガエルの生息地ではないかな。
今は雪がまだありますが。





画像
ちょっとした斜面を登る途中で、後ろから鈴の音が聞こえてきました。
雪の緩んでいるのでキックステップで登って、アイゼンは要らないです。





画像
登り上げて平らになりました。
長野の9人パーティに追い越してもらいました。
良かった、他に登山者が入るとトレースもできるのでありがたいです。





画像
雪国椿





画像
ムシカリ





画像
木は曲がって雪の重さを感じますね。





画像
今日は下界も気温が上がっていますが、山の上も暑いです。





画像
写真には撮らなかったけれど、右下にはゴルフ場が見えました。





画像
雪が融けた所にはショウジョウバカマ





画像
黒倉山に行く途中で左手に鍋倉山が見えました。





画像
黒倉山の頂上で休憩
団体さんはIさんが写真を撮ってあげたら出発して行きました。





画像






一旦下って黒倉山までは600m。
鍋倉には行かずにお昼にして下ると言う男性とすれ違い。





画像
少し濃くなってきているブナ林





画像
イワナシ





画像
黒倉山からはあっという間に頂上到着
頂上は団体さんと田茂木コースからのソロの男性。
田茂木コースは残雪で道がよく分からずに適当に直登して来たとの事。
森姫も森太郎も見ていないとの事。
団体さんは下の方でお昼にするらしくすぐに下って行きました。
私達は木陰で休憩。





画像
祠が倒れていました。





画像
下る前、虫よけネットを被っての記念撮影になってしまいました。





画像
Fさんが三角のは黒姫山だろうとの事。
今日は気温が上がっているので、景色ももやっとしています。





画像
反対側に見えた山は、Fさんより妙高かな?との事。





画像
さて元来た道を下りましょう。





ご夫婦らしき二人が登ってきました。
その後もソロの男性が登ってきたり。





画像
前方は黒倉山





画像
タムシバの白い花





画像
Iさん、暑くて半そでになりました。





画像
この辺りは平らだし歩きやすい。





画像
長野のパーティに追いつきました。





画像
斜面を下って





画像
長野組は茶の池ハウスから登って来たとの事です。





私達は関田峠方向へ。
夏道と残雪のミックスなので、夏道をはずさない様に歩きます。





画像
見上げると癒されますね、ブナ林には。





画像
ここから夏道。





画像
ここからも茶屋池に下れます。





画像
紅葉の頃もさぞかし美しいでしょうね。
今度は森姫と森太郎に会う田茂木コースかな~。

この時季は残雪があるのでルートファインディングを要する箇所があります。

今日の登山者は20人でした。





画像
駐車場の車は全て無しでした。





画像
茶屋池ハウス
茶屋池ハウスは今は閉鎖。
左方向奥の建物にトイレがあり使えました。





画像
右側のブナ林側はまだ雪があったけれど、左方向は水が見えていました。

途中の八百屋で野菜を買い込んで高速へ。
FさんにYさんちの玉ねぎ、買ったアスパラ、ご馳走様でした。!(^^)!

軽井沢で解散。
GWの5/5より混んでいて、南軽井沢の信号までが渋滞。
三時半ころの軽井沢も27度で夏日でしたね。

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しく~!(^^)!

人気ブログランキング

この記事へのコメント

2019年05月26日 22:02
標高1300mもない山なのに、残雪が多いですね~!!
今の時期に歩いて、踏み抜きしませんか?
2019年05月27日 08:49
残雪とブナの新緑って見た目も爽やかで気持ちがいいですよね~
でもレポの見た目と違って暑かったんですね。
この週末の暑さは5月にしては異常でしたものね。
そうそう顔の周りにまとわりつく虫が発生してきましたね。
私もザックにネットを入れておかなくては!
2019年05月27日 09:23
ここはこの時期には、茶の池の上の峠まで行かずに、ずーっと下に少し大きな駐車場があったと思いますが、そこからブナ林の中を歩いた方が涼しくて、ブナの根開きの中の登りで良いと思います、帰りには森太郎も見られます。コンパスかGPSで山頂方面だけ解っていれば適当に登っても大丈夫です。紅葉の頃ならばこのコースでも良いと思いますが、やはり森太郎は見たいですね、圧巻のブナの木です。
2019年05月27日 17:50
宮星 様

今年は残雪が多いみたいです。
この何日かで大分融けたと思いますが。
踏み抜きは全くなかったです。
木が横になっていてくぐったり、またいだりとアスレチックな場所もありました。
雪があると道が分らない所もありますね。
2019年05月27日 17:57
mikko 様

雪の白と新緑の緑は綺麗でしたよ~。
田茂木池コースだったらもっとブナ林の新緑を楽しめたと思います。
駐車場はわかったけれど、登山口が分らなくて、
関田峠の登山口に移動しました。
30代の前半に一度歩いているのは、なんとなく田茂木池コースだった気がしますが、20年以上も前だからほとんど記憶なしです。
そうなんです、虫が顔に寄ってきて、あっち行って~と言う感じでした。
雪の上は少しは涼しかったけれど、雪が無い所はもわっとした感じで、昨日は暑かったです。
2019年05月27日 18:37
インレッド 様

下の方の田茂木池コースで森姫、森太郎をみて登り、
下りは一気に下ろうと思っていましたが、
登山口が分らず諦め、関田峠から登りました。
次回は秋に田茂木コースで歩きたいと思います。
2019年05月28日 11:48
こんにちは、
鍋倉山でブナ林と残雪の尾根歩きは気持ち良すぎだったでしょうね。信越トレイルはまだ未経験なのでいつか行ってみたいです。森太郎にも会いたいです、秋もいいんでしょうね、意外と交通の時間が掛からないようですね。
2019年05月28日 17:50
夢創歩 様

関田峠の駐車場の前に、信越トレイルの看板と入口がありました。
ブナ林は良いですね、心が洗われる気がしますね。
田茂木池コースの登山口が分らずに変更しましたが、
何となくわかったので次回は歩きたいと思います。
30代前半に歩いている様な気がしますが?
連れて行ってもらっていた頃なので、
昔の事過ぎて晩秋の頃は覚えているんですが...。
秋は紅葉が良さそうですね。

この記事へのトラックバック