NO.3 残雪の蝶ヶ岳

2019.4/29(月・祝)

テント場過ぎて雪ある場所6:30 登山口9:15 駐車場9:25 国営アルプスあづみの公園9:55-11:30 春日温泉13:15-13:45 自宅15:00

駐車場からほりでー湯まで車で15分位

速報はこちら
NO.1はこちら
NO.2はこちら


画像
4:50分頃、東の空が赤くなってきました。





画像
常念岳の向こうも薄っすらオレンジ





画像
穂高岳、風が吹いていて一瞬雲が切れると姿を現します。





画像
小屋の屋根の向こうに雪上テントのカラフルな色が見えました。
写真ボケていました。





画像
5:00過ぎに陽が上がりました。





画像
槍ヶ岳





画像
雲が行ったりきたり。
一瞬で景色は変わります。





画像
自炊場の窓ガラス
お湯を沸かして簡単に朝食。





画像
6時過ぎ、景色も見納め。
お昼位から雨になると小屋番の女性が言っていました。





画像
槍ヶ岳





画像
風が吹いていて大分着込んでいます。





画像
御嶽、乗鞍、焼岳、朝だから景色もくっきり。





画像
穂高岳、大キレット、槍ヶ岳
この景色を見られたから本当に良かった。
泊まって良かった。





画像
テント場





画像
テント場からは素晴らしいロケーション





画像
カラフルなテントと常念岳





画像
頂上にも二人くらい登山者が見えます。





画像
テント人気ですね。
テントの窓を開ければこの景色ですからね。





画像
夏か秋の初めに又ここでテント泊がしたくなりました。





画像
テント場を抜けてアイゼン付けて下ります。





画像
ガチガチでは無くて雪も程よい締まり具合。





画像
下って行くao-haさん





画像
樹林帯の下り、前後登山者もいないし、気分的に楽です。





画像
振り返ってao-haさん





画像
左手に常念岳





画像
振り返り撮影
木の枝にアイゼンを引っ掛けない様に下ります。
まだ雪が多いし今年は比較的歩きやすい。





画像
振り返り、道の印にロープが張ってあります。
ふわっさらっな雪が上から落ちてきて昨日のトレースの上にのっていました。
ここは速やかに通過、ここから先は安心して歩けます。





画像
樹林帯の雪歩き、平らで歩きやすい。





画像
登って行く登山者がアイゼンを付けていました。
この辺りから登山者とすれ違う様になりました。
危険地帯ですれ違いたくないので、早めに下ってきて正解でした。





画像
大分下って来たので砂地と雪との交互になりました。
この下あたりで私とao-haさんはアイゼンを外しました。





画像
さよなら常念岳、又見に来るよ。





画像
日帰り、泊まりの登山者が登って行きます。
だいたい33人位でした。





画像
アイゼンを外したけれど、雪があってももう大丈夫。
前の男性はもう少しアイゼン付けて歩くそうです。





画像
あとは樹林帯の下り、雪も大分緩んできました。
昨日より融けて少なくなった気がします。





画像
アイゼン外して足は軽くなったけれど、背中が重くなった。





画像
ゴジラの所で休憩。
暑いのでハイネックシャツ一枚で丁度良いです。





画像
ショウジョウバカマ





画像
木の梯子を下ります。





画像
昨日は咲いていなかったキクザキイチゲ





画像
新鮮フレッシュな美味しそうなフキノトウ





画像
水場はじゃぶじゃぶ水が流れていました。





画像
吊り橋を渡って





画像
真っ赤なキノコ





画像
白、薄い紫





画像
雪山も良かったけれど、可愛い花も見られて良かった。





画像
振り返りao-haさん





画像
9:15 登山口
日帰り、小屋、テント泊のすれ違った登山者は33人位でした。

その後林道で6人位の年輩男女が登って行きました。
午後は天気が崩れるみたいだけれど、大丈夫なのかな。





画像
ヨゴレネコノメ





画像
9:25無事に下山
ao-haさんは光城山に登ってから帰ると言っていましたが、あづみの公園の花を途中まで一緒に見ました。
続きはこちら


ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しく~!(^^)!

人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年05月02日 15:03
ここはこの時期に歩いたことはありませんが朝夕の景色は最高ですね。私が日帰りで歩いて最高に疲れたのが、三股から蝶ヶ岳ー常念ー小常念ー三股の日帰り登山でした、帰りは疲れ果てて根っこを踏んで転倒し眼鏡を壊してしまったことがあります。次に日帰りで疲れた山は、燕の隣の餓鬼岳往復でした。私も若い時は元気だったのですよ!!。
2019年05月02日 15:11
インレッド 様

泊まりの醍醐味は朝夕の景色ですね。
穂高岳の迫力には圧倒されますね。
餓鬼岳の往復は凄すぎます。
私もだんだん無理しない様になりました。
怪我無く事故無く、無事に家に帰り着くが良いので、
令和も安全登山をしたいと思います。
2019年05月04日 21:09
燕岳に続いて蝶ヶ岳とは羨ましい限りです。
ちょうどお天気も良かった時で良かったですね。
常念・槍穂の眺望がホント素晴らしいですね~
我が家は「嵐の蝶ヶ岳」だったので
いつかはリベンジでこの景色を眺めたいな~
2019年05月04日 21:43
山上からの日の出の写真を見ると、やっぱり富士山頂からのご来光を思い出します!
これだけ残雪のある山頂から見る日の出も、太陽のありがたさが身にしみるでしょうね~!?
無事の登山&下山、お疲れさまでした!!
2019年05月05日 12:10
蝶ヶ岳いいですね!
中房温泉から縦走した時に一度だけ登りました。
テント泊だったんですが穂高の眺望が素晴らしく、
ビール飲みながらずっと見惚れてました。
また縦走してみたくなりました!
でも距離が長いんですよね。。。
2019年05月05日 14:01
mikko 様

燕、蝶と天気が良かったから、景色も最高。
三股からの往復だったから、久しぶりに筋肉痛になりました。
小屋もテン場も混んでいて、皆さんこの景色に見とれていました。
雪がついた穂高岳は迫力満点。
雪崩のあとも見えましたよ~。
2019年05月05日 14:03
宮星 様

そうですね、太陽の陽ざしがあるとないとでは、
寒さが違いますね。
泊まりの良い所は日の入り日の出を見る事と、
ゆっくりお茶できる事ですね。(^_-)
2019年05月05日 14:05
hey-hey-yos 様

この日もテントがいっぱい、50は超えていました。
何と言っても穂高の眺めが最高ですもんね。
雪がついた穂高岳は迫力があって良かったです。
サンピラー(太陽柱)を見られなかったのが残念でした。
水平環アークは見られて良かったです。
テントで頑張って、三股からの往復でもしようかな~。

この記事へのトラックバック