NO.2 残雪の唐松岳

2019.5/4(土)

速報はこちら
NO.1はこちら

画像
受付が13:00からなので、ザックをデポしてサブザックで頂上に行って来ます。





画像
ao-haさんはアイゼンを付けましたが、私は登りはつぼ足。





画像
小屋を振り返ります、少し歩いただけなのに小屋が小さくなりました。





画像
何度も思いますが格好良すぎます、五竜岳。





画像
証拠写真





画像
剱岳





画像
五竜岳ばっかりですが~。





画像
登山者も景色を眺めて休憩。
風も無くて暖かくてずっとこの景色をここで眺めていたい。





画像
頂上でお昼を食べる人もいます。





画像
白馬へと続く縦走路





画像
なんだろう、ハングライダー
見上げると人が手を振っていました。





画像
下りは念のためにアイゼン装着





画像
北信の山





画像
右手に剱岳





画像
小屋に戻ってきました。





画像
玄関先の温度7.4度





画像
日の入りは18:34、日の出は4:58分





小屋で受付、女性部屋へ。
その後入ってきた女性、二年前の北岳で帰りのタクシーが一緒だった方、Mさん。
Mさんは一つ下、明るくて楽しかったです。
Iさんは私と同じ年、又どこかの山で一緒になれば良いですね。

食堂で景色を眺めたり、外に散歩に行ったり。
泊まりだとこういう時間がとても贅沢で楽しい時間。





画像
外は暖かいので唐松岳を眺めたり





画像
剱岳を眺めたり





画像
五竜岳





画像
テント設置に頑張る登山者





画像
テントの入口を開ければ素晴らしいロケーション
テント泊の人は重い荷物を背負ってきたかいがありますね。
この日のテントは20弱でした。





私とao-haさんは食堂の一角で自炊。
ガスは外でのみ使用可能、調理した物は中で食べられます。
小屋は夕食はハンバーグにカレーだったようです。
宿泊者は80人位でした。





画像
17:20頃の唐松岳





画像
陽の加減で感じが変わります。





画像
剱岳はこんな感じに
ずっと眺めていても飽きませんね。





画像
18:15 唐松岳に太陽が隠れそうです。





画像
18:30頃





画像
18:34 三週連続の良い時間を過ごせました。
明日は同じ道を下山します。続きはこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しく~!(^^)!

人気ブログランキング

この記事へのコメント

2019年05月07日 18:31
五竜岳は男性的な山容ですね!?
でもchiakiさんの印象にあるのはそれだけではなさそうですね!?
きっと五竜岳で素敵な体験をされたとか?
私は日帰り派なので、小屋泊は富士山の時だけ。
それも17時到着、3時起床、4時前出発でしたので、バタバタでした!
2019年05月07日 18:36
宮星 様

そうですね、五竜岳は男性的な山だと思います。
別に何もないですが、五竜岳は格好良いです。
逆に何年か前に仲間三人で行った時の小屋での事は、
苦い思い出です。

この記事へのトラックバック