NO.4 テントで燕岳から餓鬼岳の縦走・唐沢岳

2019.9/27(金)

餓鬼岳5:40 唐沢岳7:15-7:30 餓鬼岳9:30 餓鬼岳小屋9:45発 白沢三股駐車場14:35

NO.1はこちら
NO.2はこちら
NO.3はこちら


ライトウィンター用シュラフにシュラフカバーで快適な夜でした。
テント場から町の夜景の見えたし、星空も見えました。
朝、土曜日の天気予報を確認したら、微妙な感じ。
6時までは大丈夫みたいだけれど、沢沿いの下山で雨は嫌だなぁ。
唐沢岳まで空身で行ってきて下山する事にしました。
決めればテント撤収をぱっぱっぱと。
神奈川の男性は白沢三股に車があるので、唐沢岳は行かずに下山との事。
石川県の男性は中房温泉に車があるので、東沢乗越から下るそう。
もう一人の男性は燕山荘でテントとの事でした。

IMG_5806.JPG
テント場からの朝、焼けてきています。





ザックは小屋前の棚に置いて行って良いよ、と小屋番さん。
サブザックを背負ってまずは餓鬼岳へ向かいます。





IMG_5807.JPG
5:35 餓鬼岳頂上





IMG_5808.JPG
ペイントマークを確認して進みます。





IMG_5809.JPG
針ノ木岳も見えます。





IMG_5810.JPG
樹林帯に入り。





IMG_5811.JPG
急な登りはロープあり。





IMG_5812.JPG
6時前に陽が上がりました。





IMG_5813.JPG
足元に唐沢岳の案内あり。





IMG_5814.JPG
ハイマツ帯に入ります。
マツヤニが心配だなぁ。
くっついちゃいました。シャツにズボンに。
なのでちょっと古いのを着てきた方が良いです。





IMG_5815.JPG
樹林帯に入りました。





IMG_5816.JPG
樹林帯の登りがやってきて。





IMG_5817.JPG
右側が唐沢岳です。
先は長いなぁ。





IMG_5818.JPG
岩の横を通り抜けたり。





IMG_5819.JPG
ザレ場を通過したり、登ったり下ったりの繰り返し。





IMG_5820.JPG
倒木越えもあったり。





IMG_5821.JPG
急な登りには補助ロープがあります。





IMG_5822.JPG
岩場はまきます。





IMG_5823.JPG
岩場通過、足場はあるから大丈夫。





IMG_5824.JPG
右上に見えてきた!





IMG_5825.JPG
砂地を右上へ登り上げ。





IMG_5826.JPG
ペイントマークを確認しながら進みます。





IMG_5827.JPG
振り返り撮影、白砂が滑りやすいので要注意。





IMG_5828.JPG
足を踏ん張って登ります。





IMG_5829.JPG
黄葉が日に照らされて綺麗。





IMG_5830.JPG
先客の女性が一人、一人でもいてくれて少し安心。





IMG_5831.JPG
槍ヶ岳まで綺麗に見えました。





IMG_5832.JPG
裏銀座を眺め。





IMG_5833.JPG
立山、剱方面を眺め。





IMG_5834.JPG
双耳峰の鹿島槍ヶ岳もくっきり。





IMG_5837.JPG
証拠写真をソロの女性に押して頂きました。





IMG_5838.JPG
もう来る事は無いかも知れないので、景色を楽しみます。





IMG_5839.JPG
立山、剱、来る人も少なく静かで景色を楽しめます。





IMG_5841.JPG
唐沢岳を振り返ります。
小屋まで戻って下山があるので、戻ります。





IMG_5842.JPG
裏銀座





IMG_5843.JPG
右側が切れ落ちているので、注意して通過。





IMG_5844.JPG
赤い実が鮮やか。





IMG_5845.JPG
止まって唐沢岳を振り返り。





IMG_5846.JPG
砂地の下り、要注意。





IMG_5847.JPG
ロープを補助に下ります。





IMG_5848.JPG
両脇ハイマツ帯の下り。





IMG_5849.JPG
岩場をまいて。





IMG_5850.JPG
岩場を登って。





IMG_5851.JPG
岩場は足場があるから心配ないです。





IMG_5852.JPG
紅葉が綺麗な餓鬼のコブにようやく到着。





IMG_5853.JPG
裏銀座





IMG_5854.JPG
立山、剱、針ノ木、蓮華





あい向かいの山に登り上げるから、一気に下ったかと思うと。





IMG_5855.JPG
また登り、なかなかの行程です。





IMG_5856.JPG
クロマメノキの紅葉が綺麗。
実もなっていて甘酸っぱくて美味しかった。





IMG_5857.JPG
あの先が展望が良いので休憩をして、小屋方面へ。
ここで唐沢岳の頂上にいた女性が追い付いてきました。





IMG_5858.JPG
池があって。





IMG_5859.JPG
餓鬼岳までまだ登りだぁ。





IMG_5860.JPG
もうひと頑張り、前の女性、小屋泊まりでザックが軽いのもあるけれど、早い。
今日は燕山荘泊りとの事。





IMG_5861.JPG
9:30 餓鬼岳の頂上に戻って来ました。





IMG_5862.JPG
槍ヶ岳が見えている景色を眺め、小屋まで下ります。
小屋で休んで白沢三股まで下ります。続きはこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックをよろしくね。

人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年10月02日 21:23
 大天井の次は餓鬼・唐沢と、テント泊の健脚で、良く歩かれてますね!。元気だなぁ~。
 私が歩いたこのルートは、下山は中房温泉でしたが、23年前の事で、今では、もう神業の様な行程です。白沢コースは未踏なので、餓鬼の小屋泊だけでも静かそうで再訪したいですね。
2019年10月02日 22:52
あら!ここも珍しくchiakiさんが<なかなかの行程です>と表現されるほどのコースなんですね!
アタックザックの中は飲み物と行動食くらいでしょうか?
もっと重いのでしょうか?
Chiaki
2019年10月03日 06:51
mikagemori 様

今年はテントは体力的に厳しいかなと思っていましたが、
涼しくなったのでなんとかなりました。

中房温泉に下山も30代の頃に会で歩きましたが、
道が荒れていた記憶があります。
私は中房ルートはソロでは難しいなぁ。

餓鬼岳テントで唐沢岳も静かで良いです。
一泊二日でもできるけれど、二泊三日にすれば
余裕があるしゆっくりできます。
Chiaki
2019年10月03日 06:57
宮星 様

飲み物、行動食、カッパ、貴重品です。
唐沢岳往復の白沢三股下山は疲れました。
餓鬼岳からの景色も良いので、
静かに山を楽しみたい方にはおすすめですが、
白沢三股コースはアスレチックです。
沢沿いなので滑りやすく注意を要します。