NO.5 テントで燕岳から餓鬼岳の縦走・唐沢岳

2019.9/27(金)

餓鬼岳5:35 唐沢岳7:15-7:30 餓鬼岳9:30 小屋9:45発 白沢三股登山口駐車場14:35 安曇沓掛駅15:34発穂高駅 穂高駐車場16:00 SEIYU18:10-18:30 自宅19:15 

NO.1はこちら
NO.2はこちら
NO.3はこちら
NO.4はこちら

唐沢岳にはサブザックで登頂。
小屋に戻って来ました。

IMG_5863.JPG
9:45 ザックは小屋の中に入れて置いてくださりました。
感じが良くて面白い小屋番さんに挨拶をして、重いザックを背負って下山開始。





IMG_5864.JPG
まだ紅葉の見ごろには早いけれど、少し色づいてきた紅葉を楽しみながら下ります。





IMG_5865.JPG
案内板もあるから助かりますね。

日帰りの年配のご夫婦にすれ違いました。





IMG_5866.JPG
緩やかな下りからザレた道のジグザグの下りになると看板がありました。





IMG_5867.JPG
百曲がり、名前の通りの曲がりくねった道でした。





IMG_5868.JPG
笹が茂る樹林帯、途中で地元山岳会のパーティ9人位と連れ違いました。
その後にテントのソロの若い男性とすれ違いました。





IMG_5869.JPG
11:20 大凪山、展望なし。





IMG_5870.JPG
声がすると思ったら地元の男性二人組に追いつきました。
餓鬼のコブまで朝行って来たそうです。
近い駅まで送って頂けないか?とお願いしたら快く受けてくださいました。





IMG_5871.JPG
梯子がでたきたり、重いザックで足がふらつかない様に注意して下ります。





IMG_5872.JPG
最終水場でまた休み、水を補給、美味しかった。





IMG_5873.JPG
マイナスイオンたっぷりの滝を見ながら。





IMG_5874.JPG
沢沿いの道を歩き。





IMG_5875.JPG
Pモードだった、滑りやすい岩場を注意して歩き。





IMG_5876.JPG
木の梯子を下ったり。





IMG_5878.JPG
沢沿いの道を歩き。





IMG_5879.JPG
梯子が出てきます。





IMG_5880.JPG
橋を歩き。





IMG_5881.JPG
滝を眺め。





IMG_5882.JPG
鉄梯子を登って。





IMG_5883.JPG
足元のシラヒゲソウに癒されて。





ダイモンジソウもあったけれど、しゃがんで撮るのが大変だからパス。





IMG_5884.JPG
滑りやすく左側は崖だから注意して下ります。





IMG_5885.JPG
13:20頃 魚止めの滝の標柱が出てきました。





IMG_5886.JPG
流れも素晴らしい魚止めの滝、マイナスイオンパワーを貰い、良い事あると良いなぁ。





IMG_5887.JPG
滑りやすいから要注意。





IMG_5888.JPG
アスレチックコースだなぁ、梯子や桟橋があるから助かりますね。
やっぱり荷物は軽い方が良いです。





IMG_5889.JPG
橋を渡って。





IMG_5890.JPG
また橋。




IMG_5891.JPG
大分下ってきたけれど、まだかなぁ。





IMG_5892.JPG
ようやく看板が出てきました。





IMG_5893.JPG
平らになってきました。





IMG_5894.JPG
橋を渡って。





IMG_5895.JPG
白沢砂防に14:30





IMG_5896.JPG
安心して歩ける林道を歩いて。





IMG_5897.JPG
登山口の登山届設置場所。
良かった、怪我無く無事に下山できて何よりです。





IMG_5898.JPG
到着、車は20台位駐車可能。
少し町方面に下った右側にも何台か止められます。
道は狭い所はありますが、舗装されています。

土曜に下山なら国営アルプス安曇野公園まで3キロ位だから歩いて、ぐるりん号でちひろ美術館へ。
そして乗り継いで穂高駅まで戻ろうと思っていました。

駐車場から信濃常盤駅まで6キロだから歩いても行けるよと小屋番さんが言っていました。
若い男性とかなら大丈夫だと思うけれど..ちょっと大変。

登山口まで下って、もう歩かなくて良いのでほっとしたのです。
Kさん、Sさん、助かりました。
お人柄の良い方に出会えて本当にラッキーでした。
私って運が良い!(^^)!。





IMG_5899.JPG
トイレあり。これは昔登った時もあったから覚えています。





IMG_5901.JPG
信濃沓掛駅に送って頂きました。
こちらからお願いしたのでほんの気持ちお礼をしました。
本当にありがとうございました。


IMG_5903.JPG
電車で穂高駅まで戻って、母に買い物を頼まれていたので、SEIYU、ウエルシアに寄って無事に帰宅。

ランキングに参加中、↓↓クリックをよろしくね。

人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ゆーみん
2019年10月05日 15:32
chiakiさん、こんにちは!

毎週の様に北アルプス、それもテント泊で素晴らしいです👏
昨年軽井沢のリンちゃんが、餓鬼岳は怖かったと言っていたのを
思い出しました。やはり大変な登山道ですね!

私は先週、念願の裏劔縦走して来ました。
雪渓がほとんど歩けず、ずっと高巻きの夏道は足にきました。
数えきれない程のはしご、ロープ、鎖とバリルートでした。

平蔵谷の下で、ソロの60歳位の女性にお会いしましたが、
欅平から一泊で来て、これから劔本峰に登って降りるとか、
とても元気で、chiakiさんを思い出しました!

裏劔の八つ峰、三の窓雪渓、水平道、素晴らしかったです。
是非お出かけください(^_-)-☆
Chiaki
2019年10月06日 16:39
ゆーみん 様

体力使って節約登山しています。
テントもいつまで担げるやら。
白沢三股登山道は沢沿いの滑りやすい道で、
気を抜くと怪我をしやすい道です。
餓鬼岳からの景色も素晴らしいし、
静かで良い山です。

裏剱はまだ残っていて、誰か同行者がみつかれば、
いつか歩けると良いなぁと思っています。

2019年10月06日 23:28
車での登山で、登りと降りが別ルートだと、駐車場までの”回送”が大変ですね!
ここは降りもかなり難儀なコースですね!
こんなタフなコースを重たいザックを担いで歩き抜かれるchiakiさんって・・・やぱり凄いです!!
Chiaki
2019年10月07日 17:28
宮星 様

いつもコメントをありがとうございます。
励みになります。

白沢三股から駅までタクシーの乗り合わせができれば良いのですが、この日はお人柄の良い方に出会えたので、
お願いしちゃいました。

白沢三股コースは沢沿いで滑りやすくて、
要注意の道です。
怪我無く事故なく帰れて本当に良かったです。