NO.2 蝶ヶ岳テント泊で中村新道

2019.10/6(日)

テント場5:20 北峰6:20 大滝山荘6:25 大滝山南峰6:30 槍見台6:20 徳本峠小屋10:00-10:10 BT11:55-12:05発のバス 足湯公園12:?-12:50発 SEIYU15:00-15:15 自宅15:50 

速報はこちら
NO.1はこちら

夜中は雲が多くて星は見えなかったけれど、朝方は星が見えました。
暖かい夜で風もなかったし、本当に良かったです。

IMG_5960.JPG
5時20分頃、テント場出発。
ご来光を見てから撤収の人が多かったです。
私は長丁場なので、早めに出発。





IMG_5961.JPG
数分下ると分岐があるので、大滝山方面へ。





IMG_5962.JPG
看板があるから大丈夫。
それと東京のOさんと大滝山までは行った事があるから。





IMG_5963.JPG
だんだん明るくなってきました。





IMG_5964.JPG
道は踏まれているから大丈夫。
緩やかに登っていきます。





IMG_5965.JPG
池塘があって、太陽が見えたからどうやら日が昇ったようです。





IMG_5966.JPG
池の周りの草紅葉が綺麗。





IMG_5967.JPG
緩やかな登りだし、荷物が少し軽くなったから、今のところ快適に歩いています。





IMG_5968.JPG
北峰まであと1キロ。





IMG_5969.JPG
止まって振り返ります。
槍ヶ岳が見えて、やっぱり山は良いなぁ。





IMG_5970.JPG
朝のこの景色も素晴らしい。





IMG_5971.JPG
6時過ぎ、太陽は登っていました。





IMG_5972.JPG
常念岳が浮かぶ軍艦の様。





IMG_5973.JPG
穂高岳から槍ヶ岳まで。





IMG_5974.JPG
向かう方向の稜線も気持ちが良いです。





IMG_5975.JPG
後ろを振り返り、景色を眺め。





IMG_5976.JPG
足元にはウラシマツツジの赤。





IMG_5977.JPG
6:20頃 鍋冠山との分岐に着きました。
鍋冠山にも行ってみたいけれど、誰か同行者いませんかね?





IMG_5978.JPG
歩いて来た道を振り返り。





IMG_5979.JPG
日に照らされて始まった紅葉も綺麗。





IMG_5980.JPG
6時23分頃、北峰に到着。





IMG_5981.JPG
テント場でもあります。
5張り位可能です。





IMG_5982.JPG
穂高岳、槍ヶ岳、北アのスターを眺め。





IMG_5984.JPG
木道が敷かれた道を歩くと。





IMG_5985.JPG
大滝山荘です。
2ヶ月位しか営業していませんので、もう閉まっています。





IMG_5986.JPG
小屋前を通って南峰へ向かいます。





IMG_5987.JPG
池塘を過ぎて。





IMG_5988.JPG
草紅葉が綺麗な場所を通過。





IMG_5989.JPG
6:30頃 南峰到着、まわりはハイマツが多い。
写真枚数が多いので続きはこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックをよろしくね。

人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年10月11日 23:03
日の出前にヘッドランプをつけてのスタートでしたか!?
山の景色が素敵なコースですね!
雲海に浮かぶ山々が幻想的です!
この記事の範囲はそれほどアップダウンがないのでしょうか?
Chiaki
2019年10月12日 07:37
宮星 様
 
ヘッドランプはほんの数分付けただけでした。
常念岳が雲海に浮かんで、島の様でした。
樹林帯に入ってこの範囲はアップダウンはあまりなくて、
道は踏まれていてので歩きやすかったです。
ただ誰一人歩いていなかったので、ちょっと寂しかったです。
2019年10月12日 13:30
蝶ヶ岳いいですね。
山頂からの眺望に感動し夕方ずっと穂高を観ていたのを思い出しました。
台風19号気をつけましょう。
横浜もだんだん荒れてきました。
Chiaki
2019年10月13日 05:59
hey-hey-yos  様

蝶ヶ岳からの景色は槍、穂高の姿が素晴らしかったです。
なんとか通り過ぎてくれてほっとしています。
横浜も風雨が凄かったのでは?
自然災害は恐ろしいですね。