NO.1 中房温泉から大天井岳

2020.7/31(金)
自宅18:15 中房温泉登山者第三駐車場21:15 
行き125.2キロ 帰り125キロ
三才山トンネル460×2 松本トンネル100×2

金曜17:00まで仕事で自宅に帰ってお風呂は烏の行水をして出発。
自宅出発まで行こうかどうしようか?と迷っていました。
大都市圏でコロナ感染症が増えてきて、コロナ禍には困ったものですが仕方ありません。
宮城の信号から林道になるとくねくね道の連続、左側は側溝もあるし慎重に運転して無事に有明荘前に到着。
迷わず第三駐車場に入れた時は数台の駐車のみ。
眠れる薬を飲んで就寝。
何やら大声で喋っている人達の声で目が覚めたのは夜中の2時。
やっぱり夜中の大声はマナー違反ですね。

速報はこちら

2020.8/1(土)
中房温泉登山口5:30頃 燕山荘9:15-9:30 大天荘12:15

今日は小屋泊りだからゆっくり行けば良いけれど、朝早い内が涼しくて歩きやすいですからね。
日帰りの登山者は4:30頃から出発している人もいました。

IMG_8757.JPG
第三駐車場はトイレ無し。
朝には満車でした。
有明荘(時間制限あり)か第一駐車場のトイレ利用。


第二駐車場も入り口の左側は縦列駐車になっていました。



IMG_8758.JPG
第一駐車場も満車。



IMG_8759.JPG
遭難対協の方でしょうか。
コロナ禍ですぐには救助に行けない場合もあり、ビバーク装備を持って登ってほしい。
ベンチで密になる事があるから注意をして、等々の説明をしていました。
バス二台が到着後だったし、日帰りのような感じの若者が多くて、登山届前は密集していました。
私は年配の男性に登山届を渡してOKでした。
登山口で検温があるかと思っていましたが、無かったのでトイレに寄って出発。
(説明の後に検温があったみたいです。)
体温計も持ってきていて36度位だったので今のところ大丈夫。



IMG_8760.JPG
登山口出発、今日は小屋泊りなのでゆっくり行きましょう。



IMG_8761.JPG
歩き慣れた道なので安心して歩けます。



IMG_8762.JPG
イチヤクソウがまだ咲いていました。



IMG_8764.JPG
トリアシショウマが風に揺れて涼しそうで気分がスッキリ。



第一ベンチは2、3人しか休んでいなかったけれど私は通過しました。



IMG_8763.JPG
第二ベンチ、数人が休憩。私は通過します。



人が少ない第三ベンチでローソンのピラフとトマト等を食べて休憩。



IMG_8765.JPG
いつもの場所で景色が見えてテンションアップ。



IMG_8766.JPG
緑が青空に映えていつになく綺麗で感動。



IMG_8767.JPG
富士見ベンチでは富士山は見えず。



IMG_8768.JPG
合戦小屋まで10分の文字に安心して通過。



IMG_8769.JPG
モミジカラマツが咲く足元を眺めて。



IMG_8770.JPG
合戦小屋に到着。
名物のスイカを食べている人もいました。
少し休憩をします。



IMG_8771.JPG
スイカは1カットが小さくなって、一人でも購入しやすい大きさになりました。
小屋内に手ぬぐいが飾ってあって実物はもっとずっと可愛かったです。



IMG_8772.JPG
パラソルも合戦小屋カラーの緑。
暑くなってきたから燕山荘まで登り上げて、ゆっくり休もうと思ってボチボチ行きます。



IMG_8774.JPG
ウサギギクに元気を貰い進みます。



IMG_8776.JPG
今日はもうガスが上がってきていて槍ヶ岳は雲の中。



IMG_8778.JPG
赤い屋根の燕山荘が見えてきました。
日差しが強くなって暑いしジリジリと肌にきています。



IMG_8779.JPG
タテヤマリンドウ



IMG_8780.JPG
ハクサンフウロの色が濃い。



IMG_8781.JPG
ミヤマキノキリンソウ



IMG_8782.JPG
ハクサンボウフウ



IMG_8784.JPG
ムカゴトラノオ



IMG_8785.JPG
ゴゼンタチバナ



IMG_8788.JPG
ミヤマキンポウゲ



IMG_8789.JPG
花が咲いていて写真を撮りながら進みます。



IMG_8790.JPG
テガタチドリ



IMG_8791.JPG
小屋の下のお花畑。
夏の花は終盤の様子。
長かった梅雨が明けてようやく夏山到来。
でもあっという間に秋になるんだろうなぁ。



IMG_8792.JPG
テント場が見えました。
燕山荘のテント場は今年は完全予約制です。



IMG_8793.JPG
雲が半分掛かっている燕岳も美しい。



IMG_8794.JPG
燕山荘に到着。
燕山荘は小屋に入る前に検温があるとS田さんより。
できる限りの感染症対策もしてくださっています。
食堂は透明なパーティション有りはヤマレコで拝見しました。



IMG_8795.JPG
山男が定位置に戻っていました。
思ったより多くの登山者が小屋前のベンチにいました。



IMG_8796.JPG
毎年GWの雪の世界を見ているから、今年はこの緑の濃さが眩しいほどでいつ見ても美しい燕岳。



IMG_8797.JPG
裏銀座にもしばし見惚れてしまいました。
鷲羽岳、水晶岳と並ぶ峰々。



日陰で休憩をして出発しようと思ったら、小屋の河地さんが写真を撮りに出てきました。
焼けていてマスクの白が際立っていました。
『いつもブログを楽しみにしています』等伝えて出発。
山の上の情報は本当に助かります。



IMG_8800.JPG
燕山荘付近の砂礫地のコマクサは終盤。
中には綺麗なのもありました。
見頃は7月四連休あたりだったのかな。



IMG_8801.JPG
イワツメクサ



IMG_8802.JPG
止まって後ろを振り返り。



IMG_8803.JPG
裏銀座の山並みは雲が掛かりだしました。



IMG_8804.JPG
そしてまた止まっては振り返り。
コロナ禍でもこうやって歩ける事に感謝。
母は泊りでは行ってほしくなかったようだし、妹や甥に言ったら行くな!と言われそうだったから言っていません。



IMG_8805.JPG
ハクサンシャクナゲ



IMG_8806.JPG
蛙岩を眺める登山者も何人かいました。



IMG_8807.JPG
キバナノコマノツメ



IMG_8808.JPG
アオノツガザクラ



IMG_8809.JPG
ハクサンチドリ



IMG_8811.JPG
タカネヤハズハハコ



IMG_8812.JPG
ミヤマキンバイ



IMG_8813.JPG
クロトウヒレン



次から次へと花が現れて嬉しいけれど、花の写真をしゃがんで撮ったりがなかなか大変。
写真を撮りながら歩くのって意外と大変で体力がいるのです。



IMG_8814.JPG
大下りの分岐で大天井岳を眺めて休みます。
雲が掛かったり晴れたりの繰り返し。
曇っていた方が涼しくて良いけれど、やっぱり景色も見たい。

NO.1は中房温泉から燕山荘を経て大下り分岐まで。
続きのNO.2はこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。(^_-)-☆

人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2020年08月04日 23:37
よほど気合を入れて行かれたようで、今回はコースの様子を細かく丁寧に書かれてますね!
ほんとにchiakiさんと一緒に登っているような錯覚を起こしそうです!
山野草が豊かでいい山ですね!
chiaki
2020年08月05日 18:01
宮星  様

文章表現があまり上手くなくて、
なかなかうまく書けなくて上達しないです。(@_@;)

コロナ禍でアルプスにもなかなか入れないし、
今年初の最後になるかもと思っていたので。
小屋泊りだったので時間は気にせずに歩けました。
写真は枚数を撮ったけれど、花の写真はボケていたりしてちょっとショックでした。

いつもコメントをありがとうございます。
リラコ
2020年08月06日 12:12
意を決して行かれましたね。やっぱり燕岳は良い山ですね…天候に恵まれて、草花に癒されて…山は居心地が良いから登るのかも…😊スイカ500円はお買い求めしやすい…私は800円のスイカを2人で食べてました🍉
chiaki
2020年08月06日 17:48
リラコ 様

そうなんです、意を決して行きました。
判断にかなり迷いました。

本当に燕岳は上品な良い山ですね。
まだ夏の花も楽しめて、癒されました。

スイカはソロの人でも購入しやすい値段と大きさになりました。
私は最近は食べていませんけれどね。
手ぬぐいが可愛かったですよ。

コメントをありがとうございます。(*^-^*)