NO.3 中房温泉から大天井岳

2020.8/1(土)

速報はこちら
NO1の中房温泉登山口から大下り分岐はこちら
NO.2の大下りの頭から大天荘の手前まではこちら

IMG_8865.JPG
12:15 分岐から九十九折に登って今日の宿の大天荘に到着。
離れて並んだ外の受付はテントの方の受付でした。


30代の頃にテント泊できてから、その後もずっとテント泊ばかりで、大天荘泊りは初めてなのです。


消毒をしてマスクをして小屋の中で受付をしました。
クラブ燕山荘のスタンプを利用しましたので、今日は一泊二食付きが無料です。
万が一の時に保健所に提出するという書類も自宅で書いて持参しました。

受付をしていると何やらカレーを二つ頼んでいる男性がいて、あれっ見た事のある顔だけど似ているだけかな?と思って、まぁ良いや。


IMG_8868.JPG
今日はまだインデアンランチがありました。



IMG_8866.JPG
インディアンランチのキーマを注文。
ヤマレコ人気ユーザーのpengin22さんのレコで良く見ているカレーです。
外の日陰のテーブルで食べました。
小屋の女性が食堂から手渡しをしてくれて、その時にS田さんと驚きのバッタリに。
打ち合わせも全く無しで偶然に会えてビックリしました。
ナンがもちもちで美味しかったです。
サフランライスとチャイラテも美味しかったし、満足です。
麦茶の濃さが丁度良くて、美味しかったです。



IMG_8867.JPG
13:00頃のテント場を見に外へ。
小屋の中にいるより外の方が良いかなと出たり入ったり。



IMG_8869.JPG
今年はコロナでこんな状況になるなんて夢にも思いませんでした。
思うことは多々ありますが、早く終息を願うばかりです。



IMG_8870.JPG
館内にもコロナ感染症の注意書きがあります。



IMG_8871.JPG
本館の階段を登って右の部屋でした。
ロールスクリーンで仕切られてソロの人が3人入れます。
今年はコロナ禍でいろいろと工夫してくださっています。



IMG_8872.JPG
マイシュラフ持参。
ウエスタンマウンテニアリングの物で軽くて暖かいですが、もう20年位使っています。
枕、100円均一スリッパやアルコール消毒スプレーや除菌シート、使い捨てのゴム手袋も持参。
枕用の付箋紙は貰えました。
部屋の戸も開けたまま、夜も窓を開けて眠りました。
エアロゾルも心配ですからね。

私の部屋はソロの女性で3人でした。



IMG_8873.JPG
向こう側の部屋も今年は人数制限で、一しきりに二人位でゆったりと。
上に登る階段も両脇に設置したそうです。(ブログで拝見)



IMG_8874.JPG
食堂も綺麗です。



IMG_8876.JPG
辻中ガイドさんとは初対面でしたが、温厚な感じの良い方でした。
S田さんのお母様と奥様はお元気かなと思っていたところでした。
少し話をして私は外に景色を見に行ったりしていました。



IMG_8877.JPG
ランプの夕べのランプ。



下界は気温が上がっているみたいで、相変わらずガスで槍・穂岳の景色は見えないけれど14:00過ぎに頂上へ。



IMG_8880.JPG
頂上へ行く途中に振り返ってみるこの景色も好きなのです。
真ん中あたりに常念岳が見えています。
向こうに縦走がしたいのですけれどね。
今年は我慢しましょう。



IMG_8881.JPG
槍、穂高岳は雲の中です。
頂上からao-haさんにS田さんと偶然に一緒になりましたとメールしました。
ao-haさんは白山あたりにテント泊かなと思っていたら、まさに当たりました。
ヤマレコのTekutekugoさんと一緒だったそう。
イニシャルOの女性は凄いですからね。
リスペクトしています。
あと一人東京のイニシャルOさんも凄いのですけれどね。

そしてYさんからの返信で梅雨が明けた事を知りました。

長かった梅雨が明けて、ようやく短い夏山の始まりです。
コロナ禍が無ければ楽しい夏山到来なのですけれどね。



IMG_8882.JPG
裏銀座を眺めて、何もしないでぼおーっとしていても時間はあっと言う間に過ぎます。



IMG_8883.JPG
『見えた!』と言う登山者の声で少し場所を移動したら、槍ヶ岳が姿を現しました。



IMG_8884.JPG
雲の流れを見ているだけでも楽しくて時間は過ぎます。



IMG_8885.JPG
写真では分かりませんが、エメラルド色の高瀬ダムが見えました。



IMG_8886.JPG
槍ヶ岳を眺めて。



頂上で一時間半も寛いでいました。
もう16:00前なので下ります。



IMG_8887.JPG
カラフルなテントがまた増えましたね。



IMG_8888.JPG
チングルマの可愛い花が見られて良かった。



IMG_8894.JPG
テントで寛ぐ登山者達。



槍、穂の展望が良くてやっぱりここのテント場は大好きです。
テントでまた来たいな。
豪華な食事は背負っては来られないけれど、テントで食べるラーメンでも十分美味しいから。
寝転んで景色を眺められる至福の時は最高に素晴らしいですからね。



IMG_8889.JPG
テントもみるみるうちに増えました。
最近は小屋泊りでもテント泊でも遅い時間の到着の人が多いですね。
私が若いころは遅くとも15:00頃には到着しないと、と言われていました。



IMG_8890.JPG
前穂高岳が左に見えていて奥穂高岳も見えそうです。



IMG_8891.JPG
大天荘のシンボルツリー。



IMG_8893.JPG
ざっと数えてテントも80+アルファくらいになりました。

その後も増えたようで100位になったのかな。



IMG_8892.JPG
今日はモンベルのブルーのテントが多かったです。



IMG_8896.JPG
夕食時に榊さんからの説明がありました。
コロナ感染症対策の事や日の出の時刻や飲料水の話等。
小屋の方たちもコロナ禍でいろいろとご苦労をされています。



IMG_8895.JPG
肉か魚かチョイスできます。
私は魚をチョイスで鯖の味噌煮です。
私は17:00からでした。
ご飯とみそ汁は小屋の方がよそってだしてくれます。
お代わりは新しい茶碗でだしてくださいます。



IMG_8897.JPG
美味しかったです。
ご馳走様でした。



IMG_8898.JPG
18:00頃にまた外に景色を眺めに行きました。
穂高岳から大キレット、槍ヶ岳まで見えましたよ。



IMG_8899.JPG
そして又今日二度目の頂上へ日の入りを見に登りました。



IMG_8902.JPG
そしてハートの雲、自然が作り出す現象には驚きます。
男性が後ろで『ハート』と呟いてくれたおかげです。



IMG_8903.JPG
19:00頃太陽は沈んでいきました。

部屋からは安曇野の夜景が時間を経るにつれて煌めいてきて綺麗でした。
月明かりで明るくて星はそんなに見えなかったです。

明日はもと来た道を戻ります。続きはこちら

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。(^_-)-☆

人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年08月06日 23:49
マイシュラフ持参で感染防止ですか!?
よく考えて準備して行かれてますね!
穂高や槍ヶ岳の景観もスバラシイですね!
私の足では登れませんが、chiakiさんの記事のおかげで楽しめます!
ありがたい事です!!感謝!!
mikko
2020年08月07日 09:09
凄い!一気にレポを書き進めてますね。
やっぱり北アルプスはいいなぁ。。。
レポを拝見してワクワク出来ました。
このように雲が多い時は雲の動きを眺めているのも楽しいですよね。
雲の切れ間から槍穂が顔を出すと感激しますしね。
合戦小屋の手拭い可愛いですね〜
chiaki
2020年08月07日 12:24
宮星 様

大天荘ではシュラフかインナーシーツ等を持参のお願いがあります。
あと体温計やアルコール除菌類も持参と書かれています。

槍、穂の眺めと日の出は素晴らしいです。
なかなか文章表現能力がうまくないので、
あしからずです。
chiaki
2020年08月07日 12:28
mikko 様

mikkoさんのレポ2記事は読み逃げでごめんなさい。

写真がやみくもに多くなってしまって、
もうすこし私に文章の表現能力があれば良いのですが。

槍、穂が現れると気分が盛り上がりますね。
♡の形のハートの雲には驚きました。

合戦小屋の手ぬぐいは実物はずっと可愛かったですよ。