NO.1 蝶ヶ岳でテント泊

2020.9/21・22(月・火)

速報はこちら

9/20(日)
自宅11:40 西友 三股駐車場14:30 片道115キロ
駐車場が心配なので早めに出発しました。
佐久大橋は気温16度、三才山トンネル付近は20度でした。
ほりでーゆを過ぎて奥に進みます。
道が狭いので注意をして運転をします。
林道ですれ違った車の男性が、一番上の駐車場が空いている事を教えてくださり助かりました。
私が到着した時は駐車場も十数台空いていました。
4時頃に下山してきた登山者もいたから、もう少し空きができたと思います。
夕方から車が到着して夜には一杯になりました。
上の駐車場にはトイレはあります。

9/21(月・祝)
駐車場5:00 登山口5:10 蝶ヶ岳テント場9:05

4時、4時半から歩き出している登山者もいました。
私は少し明るくなってから出発しようと、薄明るい5時頃からヘッドランプを付けて歩き出しました。
10分位歩くと登山口でここにもトイレはあります。
遭難対協の方に登山届を出して出発。
暗い内からお疲れ様です。

カメラは首から下げていましたが、薄暗いので写真はパスしてしまいました。
ヘッドランプも少し付けて歩きましたが、すぐに明るくなりました。

IMG_9426.JPG
ゴジラの木も前より劣化した気がします。
力水か0.2km上がったらゴジラの木がありました。


久ぶりのテント装備、まぁゆっくり行こうと自分に言い聞かせて歩きます。



IMG_9427.JPG
右側に山が見えて、山が見えるだけで標高が上がって進んでいると感じて頑張れます。
大分涼しくなったから、歩きやすい季節になりました。



IMG_9428.JPG
登山道は階段で整備されています。



IMG_9429.JPG
豆うち平に着くと数人が休憩をしていました。
なので私は先に行きます。
50分間隔くらいで休憩はしました。

年齢のせいもありますが、重荷での歩行は2時間位が良いなぁ、なんて思いながら。



IMG_9430.JPG
平らな登山道になり、少し楽になりました。



IMG_9431.JPG
雲が掛かってはいるけれど景色が見えて。



IMG_9432.JPG
標高が2000m、やっと3.1キロ歩きました。
あと半分です。



若い男性は遭対協の方から今日はテント場が混むからと言われたと、もの凄いスピードで登って行きました。

思ったよりすれ違いは少なくて、『今日の方が多いよね』という下山者の声も聞こえてきました。



IMG_9433.JPG
マイヅルソウの赤い実に秋になったのを感じさせられました。



階段で整備された登山道、重い荷物が肩にずっしりときて、後半は止まっては休んでの繰り返しでした。
寒さ対策でライトウィンター用シュラフ、シュラフカバー、サーマルブランケットシート、ホカロン3個、ノースフェースのアンダーシャツ、フリースのパンツ、ダウン等々。
12.?キロ、50半ばですから重い荷物はこたえますね。



IMG_9434.JPG
右側に常念岳が見えて、この景色に励まされて助かりました。
もう少しもう少しと心の中で思いながら歩きました。



IMG_9435.JPG
樹林帯が終わって、分岐に到着したら一気に視界が開けて、あと少しだと思うとほっとしました。



IMG_9436.JPG
青空と常念岳が見えて、重かった荷物を担いできて本当に良かったと思いました。



IMG_9437.JPG
草紅葉もにわかに始まっています。
ここを登り上げればテント場ですが、空き状態はどうだろう。



テントの受付は14:00時からと聞いていたので、先にテントを設営しました。
まだ早い時間だったので平らで砂地の場所が空いていました。
窪地にしようかと迷いましたが、テント内から槍ヶ岳が見える一等地にしました。



IMG_9438.JPG
10時前の槍ヶ岳。
一日中槍ヶ岳は見えていましたが、日の入り時刻には雲の中に隠れてしまいました。



IMG_9439.JPG
10時過ぎ、晴れて景色も良くて思い切って来て良かったです。
横着をしてマイテント内から撮影。



IMG_9440.JPG
常念岳とカラフルなテント村。
大天井岳まで見えました。



11時前に頂上までサブザックでお散歩しました。



IMG_9441.JPG
迫力満点の穂高岳を見た時は感動しました。
何度も来ていますが、何度眺めても感動します。



IMG_9442.JPG
大キレットから槍ヶ岳まで綺麗に見えています。



IMG_9443.JPG
焼岳も見えました。



IMG_9445.JPG
11時頃の蝶ヶ岳頂上。



IMG_9446.JPG
11時頃のテント場、まだ余裕がありますが続々とテント泊の方が到着。
この後にテント場は密集状態になって行きます。



IMG_9449.JPG
皆さんこの絶景を眺めて寛いでいました。



IMG_9450.JPG
山肌も黄色くなってきています。
左から西穂高岳、ジャンダルム、前穂高岳、奥穂高岳、北穂高岳、大キレット。



IMG_9448.JPG
昼寝をしている男性もいました。
寒くも無くて風もサラサラで、この景色をずっと見ていても飽きませんね。



IMG_9447.JPG
ポーズをとって写真撮影をしている登山者もいます。
皆さん、この景色に満足そうな笑顔でした。



IMG_9444.JPG
槍ヶ岳、コンデジのズームだからイマイチですが。



IMG_9452.JPG
11時半過ぎのテント場。



IMG_9451.JPG
まだまだテントは増えます。
想定はしていましたが、最終的にはこんなに凄いとは思わなかったという状態になりました。



IMG_9453.JPG
お茶タイムも槍ヶ岳を眺めながら。
真夏は暑くてたまらないテント内ですが、日差しが少し強いなぁと思う時間帯もありましたが、快適に過ごせました。



IMG_9454.JPG
13時半頃のテント場。



IMG_9455.JPG
マイテント。

14:00頃にトイレに行きながらテントの受付をしました。
一人1000円です。
水は1Lが200円で、1Lを買いました。

トイレは除菌シートでドアを開けて、拭いて外に出て除菌スプレーで手を消毒しました。
小屋で用意した次亜塩素酸液はすぐに空っぽになりました。

昨晩は飛ばされたテントもあった事を、お隣のテントの方が小屋で聞いてきました。
なのでしっかりペグダウン、その上に石でしっかりと固定しました。
そして心配性の私はスーパーのビニール袋に石を入れて、テント内の四隅に入れて眠りました。

15:30頃、お隣のテントの方が少し移動してあげて、二張り入ったり。
16:30頃、移動をお願いされている年配の男性。
隙間と隙間の間にもテントが張られて、テントとテントが近い場所も多々ありました。
ガラガラの石の斜面に張るしかなくて、どうやって寝るのだろうという方もいました。

夕方遅くまでテント装備の登山者がやってきて、小屋に行く通路脇も両側は一杯。
そこで大丈夫なの?という斜面まで張られていました。
三股方面に行く登山道の脇にも、右奥の方まで張られていました。
テントの数が多くて数えられません。
どれ位の数になったのだろうか。
通路なんてなくなって、トイレに行くにも張り綱を引っかけない様に注意して歩きました。

トイレは渋滞は無かったです。

若いソロテン女子は食事は担ぎ上げられなくて、小屋で頼んだとかという話も、お隣のテントの方が喋っているのが聞こえてきました。
体力のある女性もいるけれど、皆さんいろいろですね。

18:00前が日の入りですが、そのころは槍ヶ岳も雲の中でした。
マナーが良くて皆さん早めに静かになりました。

翌日の下山はこちら

ランキングに参加中↓↓クリックを宜しく(^_-)-☆

人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年09月23日 19:02
12.?kgのザックですか!
私は立ち上がれないかも知れません!(^o^;;;
その前に2回脊椎圧迫骨折したところをやられそうです!ワハハ!
いやぁ~!登りの様子を拝見すると、とてもきつそうですね~!!
その分のご褒美が、この素晴らしい眺望ですね!!
私なんて寝ながらにして見させて頂いてありがたいです!
chiaki
2020年09月23日 19:19
宮星 様

もう少し若いころはこの位は大丈夫だったのですが、
登りは肩に荷物が食い込んで、重かったです。
私は登りより下りの方が得意なので、
下りは割と快適に歩けました。

迫力満点の穂高岳を眺めた時は、
嬉しくて感動しました。
今年は紅葉は遅れているようですが、
山肌もにわかに黄色くなってきていました。

こちらこそ、いつもコメントを頂いて、励みになります。
ありがとうございます。(^_-)-☆
ゆーみん
2020年09月24日 14:29
お久しぶりです、chiakiさん。
伊勢崎の山姥です。

登山に対して一本筋の通った考えのchiakiさんの
ブログをいつも楽しみに拝見しています。
コロナ禍も少しずつ終息の兆しが見えて来て、
新しい登山の形態が始まりつつあります。

私も何とかして、頑張っている山小屋を応援したいと思い、
先月末の平日に山友三人で、一泊で蝶ヶ岳に行ってきました。
寄付という手もありますが、私は欲張りなので、今回小屋泊を
選択しました。当日もテント場は150%程の混雑ぶりでしたが、
小屋は20人しかおらず、二畳ほどの、壁の仕切りのある部屋を
一人ずつ用意して頂き、完全個室状態でした。
それにしても本当に蝶ヶ岳からの穂高の展望は最高ですよね。

8月は湯ノ丸、烏帽子と北八ツの雨池山~北横岳、群馬百を
2つ潰しました。群百は残り3つとなりました。

八ツヶ岳は先日chiakiさんがテント泊で行かれた本沢温泉に興味が
あります。又、この時期同じ様な山域を登られているchiakiさんに、
年齢も経験値も脚力も全く劣る私ですが、親しみを感じています。

これからも益々のご活躍を期待しています。
ブログ、頑張って更新してくださいね!



chiaki
2020年09月24日 17:22
ゆーみん 様

いつも見てくださってありがとうございます。
更新もなかなか大変ですが、もう少し頑張ってみます。

平日行ければ分散に協力もできるし、
小屋としてもありがたいことだと思います。

本沢温泉はおすすめです。
今年はコロナ禍で宿泊の値段は少し高めの設定になっているようですが、石楠花の湯は良いお湯です。

群馬百が残り三座ですか、もうすぐ達成できますね。

又お会いできる日を楽しみにしています。

コメントありがとうございます。(*^-^*)