NO.2 残雪の燕岳・燕山荘から燕岳、北燕岳往復

2022.4/23(土)

NO.1の登山口から小屋まではこちら

小屋を出てテント場の横を通って頂上に行きます。
テント泊の方は一生懸命、雪壁ブロックの建築工事に頑張っていました。

IMG_6233.JPG
ほぼ地面がでていましたが、ほんの少し雪がある場所もありました。



IMG_6234.JPG
青空は見えませんがお昼過ぎから回復はする予報です。



IMG_6235.JPG
振り返って有明山を眺めて。




IMG_6236.JPG
頂上直下のこの辺りも雪は少なかったです。




IMG_6237.JPG
小屋からの稜線の眺め。



IMG_6238.JPG
頂上に登山者が見えて。



IMG_6239.JPG
10月下旬以来、約半年でまた登って来られました。



IMG_6240.JPG
北燕岳の横は立山がちょこっと見えていますが、剱岳は雲の中。



IMG_6241.JPG
裏銀座の雲の流れを見ているだけでも飽きません。



IMG_6242.JPG
そして大天井岳へと続く稜線の伸びやかな事。



IMG_6244.JPG
時間もあるので北燕岳に行ってみます。



頂上への2、3メートルの残雪の登りはあまり登った形跡が無くて、硬くて蹴りこんで登り上げたら、踏み抜き。
誰か登った方も踏み抜いた形跡がありました。



IMG_6245.JPG
北燕岳から眺める燕岳。



IMG_6246.JPG
裏銀座の上が少し明るくなってきました。



IMG_6247.JPG
後ろ向きで蹴りこみを入れて下った雪壁。



IMG_6248.JPG
燕岳に戻って。



IMG_6249.JPG
振り返って、眺める花崗岩の北燕岳も綺麗です。



IMG_6250.JPG
大天井岳方面がスッキリと見えだして。



IMG_6251.JPG
メガネ岩を見ながら歩いて行くと。



IMG_6253.JPG
イルカ岩の向こうに槍ヶ岳が姿を現しました。



IMG_6254.JPG
振り返って眺めても雪が少ないです。



IMG_6255.JPG
ブロック工事中の登山者。



IMG_6256.JPG
スコップで壁造りの登山者や。



IMG_6257.JPG
スノーソ-で四角に切って囲いをつくっている登山者もいます。



IMG_6258.JPG
山男とテント場



IMG_6259.JPG
ここで眺めていても楽しいです。



IMG_6260.JPG
13:00前の景色。



IMG_6261.JPG
薄いグレーな雲が行って明るい水色になってきました。



一旦小屋に戻って、雑誌があるテーブルでお湯を沸かして休憩タイム。



IMG_6263.JPG
空の色が水色になってきたので外に出て撮影タイム。
14:00前後には青空が見えて、北アルプスの女王の燕岳もなおさら美しいです。



IMG_6264.JPG
裏銀座の上も青空が見えて。



IMG_6268.JPG
Tシャツも半袖しかないので、残りのクーポンはやはり有明荘でお土産を購入する事にしました。



大阪からソロでという72歳の男性とストーブのまわりにいました。

私は夕飯は自炊なので、自炊場に移動。
今の時期は宿泊者もミネラルウォーターかお湯を買うので、私は訓練で調理用に2L背負ってきました。
サッポロ一番塩ラーメンに野菜とマルちゃんの魚肉ソーセージを入れて食べました。



IMG_6269.JPG
16:00頃の自炊場からの槍ヶ岳も格好良いです。



IMG_6270.JPG
16:45頃の自炊場からの景色、最高の自炊場です。



IMG_6271.JPG
17:35頃、新館、別館に行く途中の乾燥室の前の窓からズームで鹿島槍ヶ岳、クッキリと見えていました。



IMG_6272.JPG
18:08



IMG_6273.JPG
燕岳のまわりも少しづつ朱色になって。
空気が冷たくなって寒いので、燕山荘の玄関を入ったり出たりの繰り返し。



IMG_6274.JPG
18:12分、さっきと又違った景色。



IMG_6275.JPG
18:13分、槍ヶ岳



IMG_6277.JPG
18:20分、水晶岳の辺りに陽が沈みます。
4/25で18:22分が日の入り時刻と書いてありました。
燕山荘の玄関の中に日の出、日の入りの表があります。



IMG_6278.JPG
18:22分、暮れ行くテント場



IMG_6280.JPG
18:32分頃の水晶岳方面の空が茜色になって。



IMG_6281.JPG
18:33分、燕岳の稜線もうっすら朱色の染まっています。



IMG_6282.JPG
18:34分、1分違うだけで景色は変わります。



IMG_6283.JPG
空の光の加減がなんとも言えませんね。




IMG_6286.JPG
19:08分、自炊場からの夜景。
泊まると見える素敵な景色。
マイシュラフにアンダーシャツ、シャツ、フリースと着て寝たら暑かったです。
翌日は大下りの看板の所まで散策に行って下りました。続きはこちら

ランキングに参加中、⇩⇩クリックをよろしく(^_-)-☆

人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2022年04月27日 22:46
小屋から燕岳~北燕岳の尾根歩き、眺望が良くて気持ちよさそうですね!
<雪壁ブロックの建築工事>写真を見てやっと分かりました!
小屋止まりだと心配無用ですね!
chiaki
2022年04月28日 18:24
宮星 様

雲の流れを眺めているだけでも飽きませんね。
泊まると時間を持て余すような感じですが、
ゆっくりできて贅沢な時間を過ごせました。

雪のテント泊はしませんが、
雪壁ブロック工事を少し見学していて、
参考になりました。

小屋も人数制限をしているので、
ゆったりと過ごせました。