No.1 テント泊でキタダケソウを見に北岳。

2022.6/29・30(水・木)

28日ノンストップで2時間40分で芦安第二駐車場 往復240.2キロ

6/29(水)
芦安からタクシーにて広河原6:00発 白根御池小屋8:15 北岳肩の小屋10:50 吊り尾根付近までキタダケソウを見にテント場12:10-14:30頃テント場
速報はこちら

タクシーは別会社が撤退したそうでハイエースのタクシーは3台のみ。
この日はバスは1台で立ち乗りもあったそう。
3:30頃にトイレに行ったら丁度タクシーが来たので、乗せてほしい旨伝え、念の為にザックを置いておきました。
その後車で支度をして4:30頃にタクシーへ。
7/1日はバスは2台出たようです。
運賃+協力金で1500円でした。

IMG_7804.JPG
広河原山荘オープンしました。
テント場は以前の場所みたいです。



IMG_7805.JPG
ゲートを通って。



IMG_7806.JPG
ここから青空と北岳を眺めるのは久しぶりです。
草滑りの登りが心配だけれど、暑くならないうちに登りたい。



IMG_7807.JPG
吊り橋を渡って。



IMG_7809.JPG
モミジカラマツ



IMG_7810.JPG
樹林帯の登りは直射日光が当たらないからまだ良いけれど、既に汗びっしょり。



IMG_7811.JPG
エンレイソウ



IMG_7812.JPG
ニリンソウ

右側の水が流れる斜面の場所ミヤマハナシノブは行きはピンボケ。

北岳肩の小屋まで行けるかななんて不安になって来て、白根御池のテント場に変更したら楽かななんて思いながら歩いていました。

すると後ろからソロの男性が登って来たので、『どこでテント泊ですか?』と尋ねたら、なんと『あれっ、宇佐美です』との返答。
ちょっと考えて誰だっけ、まさかここで偶然に会うとは思っていなかったのでビックリしました。
以前鳳凰小屋の小屋番さんをやっていた時に、頻繁に花狙いで鳳凰に行っていたので顔見知り。
今では山雑誌の有名カメラマンです。



IMG_7815.JPG
白根御池小屋で美味しい水を1L汲んでザックは重くなりました。
白根御池小屋は無料で南アルプス天然水が頂けるんでありがたいのですが、1Lのみにしておきました。

宇佐美君は信玄餅ソフトを食べていたし、同じ速さでは歩けないので先に出発しました。



IMG_7816.JPG
ミヤマキンポウゲの群生



IMG_7817.JPG
白根御池と鳳凰三山



IMG_7818.JPG
草滑りを登ります。



IMG_7819.JPG
草滑りの途中で、鳳凰三山が良く見えました。



IMG_7822.JPG
シナノキンバイ



IMG_7824.JPG
キバナノコマノツメの群生



草滑りの下の方はサンリンソウだかニリンソウだかが沢山咲いていました。



IMG_7826.JPG
今日はまだ涼しい方で、比較的登りやすかったです。
草滑りの途中で北岳が見えてテンションアップ。

下ってくる登山者で北岳山荘にテントを張った方は昨晩は強風だったそうで、肩の小屋は風の影響はなかったそう。



IMG_7828.JPG
ハクサンチドリ



IMG_7829.JPG
ミネザクラ



IMG_7830.JPG
シカの食害で防護柵



IMG_7831.JPG
シナノキンバイとニリンソウ



IMG_7832.JPG
ようやく分岐、ここまでくれば何とかなります。



IMG_7833.JPG
ここから眺める鳳凰三山も素晴らしい。



IMG_7834.JPG
草滑りを登る登山者



IMG_7835.JPG
シナノキンバイのお花畑はほぼ見頃ですが、もう少し後が満開です。
これをアップする頃は満開かも知れません。



IMG_7837.JPG
コミヤマカタバミ



IMG_7838.JPG
シナノキンバイのお花畑はコンデジではイマイチ。



IMG_7839.JPG
見ごろなシナノキンバイ



IMG_7840.JPG
見上げる斜面もシナノキンバイの群生が凄いです。



IMG_7841.JPG
咲きたてのシナノキンバイがフレッシュ。



IMG_7842.JPG
整備された登山道を登ると、



IMG_7843.JPG
小太郎分岐で富士山が見えました。
残雪はほんのちょっとだけで、砂地歩きでした。
このルートは、アイゼンは要りません。



IMG_7844.JPG
小太郎分岐で仙丈ケ岳



IMG_7845.JPG
同じく分岐で甲斐駒ヶ岳



IMG_7846.JPG
キバナシャクナゲもまだ残っていました。



IMG_7847.JPG
イワカガミとアオノツガザクラ



IMG_7848.JPG
しゃがんで撮影をする登山者。
そよそよと風が吹いているお陰で気持ちが良いけれど、花の撮影はピントが合わなくて時間がかかります。



IMG_7849.JPG
イワウメ



IMG_7850.JPG
ミヤマキンバイとハクサンイチゲ



IMG_7851.JPG
甲斐駒ヶ岳の右横は八ヶ岳



IMG_7855.JPG
ハクサンイチゲと仙丈ヶ岳



IMG_7856.JPG
イワツメクサ



IMG_7857.JPG
ミヤマキンバイと仙丈ヶ岳



IMG_7859.JPG
甲斐駒ヶ岳



IMG_7860.JPG
仙丈ヶ岳の左側は中央アルプス



IMG_7862.JPG
ハクサンイチゲ



IMG_7861.JPG
ツガザクラ



IMG_7863.JPG
ミヤマタネツケバナ


IMG_7865.JPG
中央アルプスも仙丈ヶ岳の左横に良く見えていました。



IMG_7866.JPG
ラスト20分の標柱にほっとしました。

花の写真に時間がかかり、ようやく山荘まで20分位の場所まで来ました。
中途半端ですが、続きはこちら

ランキングに参加中、⇩⇩⇩クリックをよろしく(^_-)-☆

人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2022年07月05日 18:54
さすがに高峰の北岳、Chiakiさんでもテントを担いでは大変そうですね!?
<シナノキンバイの群生>ホントに凄いですね~!!\(◎o◎)/!
周囲の山の眺望もいい山ですね!
現役の頃の職場仲間で甲斐駒ヶ岳に登ったことがあるという人がいましたが、この山容だとかなりきつそうですね!?
cyu2
2022年07月05日 20:47
わぁ~chiakiさんは北岳だったんですね、しかもテント!さすがです。
青空に高山植物が映えて良いですね~
私つい先日まで、甲府からの広河原はまだ行けないものだと思っていました。
通行不可は北沢峠なんですね。
とはいえ、もう北岳に登れる自信が全くないので、マンテマとキタダケソウは皆さんの写真で楽しむだけとなりそうです。
雨の北岳しか知らないので、晴れをリベンジしてみたい気持ちもあったんですけどね(笑)
chiaki
2022年07月06日 05:40
宮星  様

写真撮影をしなければらくなのですけれどね。
シナノキンバイの群生とハクサンイチゲの群生が素晴らしかったです。
久しぶりの北岳からの眺めは素晴らしくて、
夕焼けショーや星空、夜景も見えて良い一日でした。

甲斐駒は北沢峠にテント泊で登ったので、
荷物が軽かったから大丈夫でした。
chiaki
2022年07月06日 05:48
cyu2 様

私は広河原から北沢に入れないのは知らなくて、
近隣のテントの方から教えて貰いました。
今の所、北沢峠に入るには戸台口からだそうです。

小屋泊の70代位の女性の登山者がいたので、
cyu2さんもたぶん大丈夫です。
初日は真夏より涼しく登れたので、いつもより良かった気がしました。
タカネマンテマと三種類のリンドウも見たいのですが、
リンドウが咲く頃の方が涼しくなるから、
また行ってみたい気がしています。

キタダケソウも咲く時期がどんどん早くなっていて、
温暖化の影響でしょうかね。