速報!槍ヶ岳を眺めに表銀座

2017.8/13・14・15(日・月・火)

会社の休日は11-16日、11日から三泊四日か二泊三日を計画していました。
駐車場の心配とかもあるし、テント場の心配、そして天気の読みも難しくどうしようか?かなり迷いました。
13、14日は大丈夫みたい、15日は降られても仕方ないと二泊三日で覚悟を決めました。
コースは燕テントで西岳テントで水俣乗越から上高地へ下山の予定。
そして12日の夕方から出かけて穂高駅南駐車場へ向かいました。

8/13(日)晴れのちガス

運よくタクシーの乗り合わせができて中房温泉には4:45分頃に到着。
5時頃から歩き出しましたが蒸し暑くて汗が流れました。
途中で下ってきた登山者の方が、上は晴れて景色も良く見えるとの情報、テンションが上がります。
しかし寝不足と重い荷物でピッチは上がらず。
まぁ今日は燕でテントなので精神的に余裕があります、ゆっくり行きましょう。

画像
合戦小屋の名物のスイカ





画像
小屋が見えて良かった。
小屋の下のお花畑は秋の花に変わりつつありました。
久しぶりに見る青空、綺麗ですね~。
そしてなんとテントは10張位近く張ってありました。





画像
早かったので燕岳が眼前に見える良い場所に張れました。
そしてテント設営後曇ってきたので少しゴロゴロしていました。
ふと外を見ると晴れてきそうな気配がしたので、頂上まで行く事にしました。
終わりかけだけれど砂地に一面のコマクサ
花が見頃の時は初々しくて綺麗でしょうね~。





画像
夕方4時頃のテント場
この日は66~70位張ってありました。
小屋も予約は560位入っていたとの事、600位になったのでしょうか。(西岳のテント場で一緒になった男性からの情報)





8/14(月)曇りのち晴れ、夕方ガス

星空は見えなかったけれど風も無くて静かな夜でした。

日の出は雲が多くて、なんとなく昇ったと言う感じだったけれど、まずまずの天気になりそう。

画像
これから歩く縦走路に心躍ります。
槍ヶ岳が見えていて良かった。





画像
槍をバックに一枚





画像
10頃には西岳ヒュッテに到着。
西岳のテント場はウナギの寝床みたいな感じで奥に細長くのびています。
東に常念岳、西に槍ヶ岳の素晴らしいロケーション
テントは15張、風も無くて静かで良かったです。




8/15(火)曇り、車回収後雨

夜少し雨がパラパラと落ちましたが、撤収の時は大丈夫でした。
小屋から岩場を鎖と梯子で急降下なので、要注意で下ります。

画像
黒部湖と針ノ木岳も見えていました。




水俣乗越から大曲に下って後は横尾、徳沢、明神と平坦な道を歩いて上高地へ向かいます。

画像
横尾も登山者は少な目でした。





画像
明神岳も頭は雲の中
でも雨は落ちてこないから良かった。





画像
いつもはもっと観光客や登山者でごった返しているけれど、今日は静かでした。
バス、電車で穂高駅まで戻り車を回収して、霊泉時温泉に湯産手形で入浴し、無事帰宅。
レポは徐々にアップします。

ランキングに参加中、↓↓クリックを宜しくね。

人気ブログランキング

"速報!槍ヶ岳を眺めに表銀座" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント